代表取締役刑事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
代表取締役刑事
ジャンル 刑事ドラマ
企画 小林正彦
出演者 舘ひろし渡哲也ほか
ナレーター 小林清志
オープニング孤独のRunaway」(安宅美春)
エンディング愛しい人よGood Night...」(B'z)
「ありんこ」渡哲也
悲しみが痛いよT-BOLAN
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1990年10月7日 - 1991年9月29日
放送時間日曜日20:00 - 20:54
放送枠テレビ朝日日曜8時連続ドラマ
放送分54分
回数45
テンプレートを表示

代表取締役刑事』(だいひょうとりしまりやくデカ)は、1990年10月7日から1991年9月29日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜20:00 - 20:54(JST) [1]に全45話が放送された、石原プロモーション制作のテレビドラマ。

概要[編集]

ゴリラ・警視庁捜査第8班』(1989年 - 1990年)に続く石原プロ制作再開第2作。これまで同事務所が得意としてきたハードアクション路線から一転し、本作品では隅田川を望む勝どき月島周辺を管轄する架空の警察署・辰巳警察署を舞台に、下町に生きる人々の人間模様にスポットを当てている。作品タイトルの『代表取締役刑事』は、“社会において市民を守る刑事は、企業で社員を守る代表取締役と同じ”という意図で付けられたという。

従来の石原プロ作品と同様に、作中でも随所にアクションシーンを盛り込んでいるものの、ストーリーは窃盗や傷害、性犯罪、家庭・近隣トラブルなど、現実社会に根差した問題を数多く取り上げており、警察署員や地域の住民たちの日常風景、下町の伝統文化など、犯罪捜査以外の描写にも力点を置いている。初回2時間スペシャルは視聴率7.7%と低迷を強いられたが、1年の放映期間を経て、最終話は14.5%とある程度の躍進を見せている。

スタッフとキャスティング[編集]

人情アクション主体ということもあり、当時ワイドショーのコメンテーターとして活動していた市川森一がメインライターに迎えられた。他に『ただいま絶好調!』で石原プロとの接点がある折戸伸弘と香取俊介、刑事ドラマの執筆歴が豊富な桃井章・大川タケシ、過去の石原プロ作品の執筆者からは大野武雄・宮下隼一・日暮裕一・峯尾基三・柏原寛司など、幅広い人選がなされた。初回の監督には生前石原裕次郎と親交のあった斎藤耕一が起用され、他の監督陣には小澤啓一・吉田啓一郎・澤田幸弘ら石原プロ作品の常連のほか、鹿島勤や東映京都出身の西垣吉春といった初参加の監督も加わった。

またゲストのキャスティングにも力が入れられ、主だったものとしては坂上二郎(コント55号)と高木ブー(ドリフターズ)を共演させた第28話や『ただいま絶好調!』で渡、舘と共演した西山浩司の第34話、『西部警察』シリーズで渡、舘と共演した三浦友和の第36話、同シリーズで数多の凶悪犯を演じた八名信夫、当時は悪役の多かった遠藤憲一の新たな一面を引き出した第42話、神田正輝をゲストに迎えた最終話などが挙げられる。

登場人物[編集]

兵頭 真(辰巳署刑事防犯課係長・警部補) - 舘ひろし
1990年春に辰巳署刑事防犯課に配属。以前は城南署、西部署に勤務歴がある。部下からは単独行動が多いと指摘されながらも、信望を集める存在である。部下から役職で呼ばれることを嫌い、橘課長からは「ヘイさん」と呼ばれている。趣味は乗馬。マンション住まい。北海道小樽市出身。実家はスーパーマーケットで弟が継いでいる(後述)。得意のすき焼き(関東風)を振る舞うことがある。
仕事で使用する覆面パトカー、プライベートで使用する自家用車とも三菱・ディアマンテを使用しているが「洗う暇がない」とのことで車体はいつも埃まみれである。
岩田 利夫(辰巳署刑事防犯課主任・巡査部長) - 高松英郎
呼称は「ガンさん」。勤続35年のベテラン刑事[2]。単独捜査や休暇などで兵頭不在の際は、係長代行的存在である。
松本 正義(辰巳署刑事防犯課員・巡査部長) - 川野太郎
妻子を溺愛し、遠距離通勤を苦にしないマイホームパパ。逃亡中の容疑者の妻が妊婦であることを知ると、捜査より妊婦を気遣う一面も[3]。ある事件で誤認逮捕されてしまったことがある[4]
中西 大吉(辰巳署刑事防犯課員・巡査) - 谷川竜
時々長崎弁が口に出る。また、一時的に派出所の応援勤務に廻されたことがある[5]。野球が特技。第39話にて愛車(三菱・GTO)をローンで購入。 
小早川 竜一(辰巳署刑事防犯課員・巡査) - 池田政典
呼称は「コバ」。被疑者の姉に想いを寄せたり[6]、同級生だった元・恋人が新聞記者となって現れて事件の捜査を混乱させたり、現在の恋人には車に同乗させたまま逃走車の追跡を行った結果、大怪我を負わせてしまったり[7]と女性が絡むと不運な状況に見舞われることが多い。高所恐怖症の弱点がある。
五十嵐 直子(辰巳署刑事防犯課員・巡査) - 市川翔子(1話 - 第25話)
兵頭を凌ぐ射撃の名手で、オリンピックの銀メダリスト。しかし、事件現場で発砲を躊躇してしまった結果、犯人を取り逃がしたことがある[8]。中盤で本庁へ異動となる(第25話)。
南条 冴子(辰巳署刑事防犯課員・巡査) - 木之原賀子 第25話 - 第45話
五十嵐に代わり、辰巳署に赴任した刑事。世田谷区北島在住[9]
牧野 ひろみ(辰巳署刑事防犯課事務・巡査) - 荒井玉青
事務兼無線係。警ら課の応援要員としてミニパト巡回を務めることもある。
中川巡査(辰巳署警ら課・巡査) - 秋山武史
刑事志望の巡査。指名手配犯の写真を常に携帯するなど[10]、仕事熱心である。兵頭には得意のすき焼きの材料を買いに行かされるなど、彼の子分的存在でもある。過去に警察犬に自身の生命の危機を救われて以来、その犬を気にかけている。
兵頭 裕介(兵頭真の弟) - 沖田浩之
兵頭の故郷、北海道小樽にあるディスカウントストア「マッキンレイ」の社長。亡き父の遺したスーパーを年商90億の巨大チェーンに成長させ、現在では道内有数の若手実業家として注目を浴びている。刑事退職に傾きかけていた真に事業への参入を勧めるが、その最なかに誘拐事件に巻き込まれ、裏取引の末に解放されるも捜査協力を拒否し兄と対立する。それでも唯一の肉親である真への情愛は捨てきれず、その後、地元の幼馴染との結婚を経て和解した[11]
松本刑事の妻 - 福家美峰
大島 茂三(辰巳警察署署長・警視) - 安部譲二
兵頭たちの破天荒な行動で常に頭を痛めている。事あるごとに「バッカモン(馬鹿者)」と怒鳴るが、本心は人情味に溢れた人物。仲人歴15回、人生相談を数多くこなすなどの世話好き[12]
斉藤 寛子(兵頭真の元婚約者) - 根本りつ子
国連職員。ニューヨーク転勤を機に兵頭との婚約を解消するも[13]、彼への想いを捨てきることができず辞職。最終話にて日本に帰国して兵頭のマンションを訪ねて以降、消息が途絶えていたことが判明する。
橘 日向子(橘謙司の娘) - 酒井法子
フリーター。明朗活発で周りに影響されやすいタイプ。兵頭と事件捜査過程で知り合い助けられてから、彼のことが気になる存在に。
橘 麻子(橘謙司の妻) - 阿木燿子
環境庁水質保全局技官。四国・四万十川の水質調査のため、現地へ単身赴任している。
橘 喜一(橘謙司の父親) - 北村和夫
穴子漁の漁師。毒舌家だが人情味に厚く、地元の仲間たちをこよなく愛する典型的な江戸っ子
橘 謙司(辰巳署刑事防犯課長・警部) - 渡哲也[14]
兵頭ら刑防課メンバーを温かく見守り、時に厳しく叱咤する最大の理解者。作中では自身の執筆する捜査日誌を通してストーリーの語り部役を担う。物腰は柔和ながら指揮能力に優れ、部下や大島たちの信頼も厚い。基本的には署内勤務だが、第30話では自ら潜入捜査に臨み、負傷している。剣道の腕は全国大会レベルで、署内では周辺の子供たちを相手に剣道教室を開いている。西部署に勤務歴がある[15]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌にはブーム間近だったビーイングのアーティストが起用された。

オープニング[編集]

孤独のRunaway
作曲:松本孝弘、演奏:安宅美春
ギターインスト曲。サビにもなっている最初の歌詞だけ歌われている。

エンディング[編集]

毎回本編のラストから流れ、そのままエンディングタイトルに移る演出だった。

挿入歌[編集]

  • 「いとしのマックス(マックス・ア・ゴーゴー)」舘ひろし(第36話 - )

放送日程[編集]

  • 各回のサブタイトルは、第1話の『昨日・今日・明日』をはじめとして、いずれも古今東西の名作映画のタイトルから引用されている。
  • 黒太字で表記されているエピソードは、セレクションDVD-BOXへの収録分を示す。
放送回 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1

[17]

1990年10月07日 昨日・今日・明日 市川森一 斎藤耕一 根本りつ子花沢徳衛七尾伶子

森章二藤江リカ江幡高志

2 10月14日 終着駅 桃井章 吉田啓一郎 高樹澪長谷川明男伴直弥

唐沢民賢浅見美那

3 10月21日 マダムと泥棒 鍋割亮虎 江崎実生 園佳也子河原さぶ小沢一義青柳文太郎
4 10月28日 家族の肖像 香取俊介 吉田啓一郎 清水まゆみ高島礼子
5 11月04日 風と共に去りぬ 大野武雄 西村潔 西川峰子斉藤清六西田良浅野愛子
6 11月25日 愛と青春の旅立ち 折戸伸弘 小澤啓一 MIE奈美悦子中真千子

ピース中村孝雄

7 12月02日 リンゴ殺人事件 大川タケシ 草薙良一
8 12月09日 空の下、情は流れる 宮下隼一 西村潔 松田勝高品格片岡五郎小池雄介
9 12月16日 恋人たちの時間 折戸伸弘 江崎実生 伊藤麻衣子海津亮介辰馬伸
10 12月23日 動く標的 鍋割亮虎 原隆仁 大谷朗川原和久
11 1991年01月06日 青い鳥 市川森一 西村知美春川ますみ遠藤憲一
12 1月13日 慕情[18] 峯尾基三 吉田啓一郎 宮下順子森下哲夫大野紋香
13 1月20日 哀愁[19] 折戸伸弘 結城めぐみ
14 1月27日 告発の行方 桃井章 澤田幸弘 美保純新井昌和
15 2月03日 特別な一日 市川森一 小沢仁志田中雅子
16 2月10日 泥棒日記 大野武雄 鈴木一平 岸部一徳佐野アツ子伊藤淳史

西田良前田悠衣豊川悦司村上冬樹

17 2月17日 若者のすべて 三浦和明 澤田幸弘 小牧かやの、小沢一義
18 2月24日 喝采 宮下隼一 鈴木一平 藍田美豊秋間登
19 3月03日 男と女 大野武雄 前田吟五十嵐めぐみ谷村昌彦

黒部進小村哲生

20 3月10日 街の灯 大川タケシ
大野武雄
澤田幸弘 若林志穂
21 3月17日 マルタの鷹 鍋割亮虎 鈴木一平 鹿取洋子
22 3月24日 大人は判ってくれない 峯尾基三 斎藤耕一 ベンガル片岡五郎、中垣克麻、

伴直弥市田明子

山村由美子(声:水原リン)、小島幸子 

23 4月14日 旅路の果て 市川森一 渡辺美佐子斉藤清六
24 4月21日 シンデレラ 大野武雄 鈴木一平 浅野愛子日埜洋人前田悠衣
25 4月28日 明日に向かって撃て! 宮下隼一
鈴木やすゆき
和崎俊哉久保田篤小峰裕一 
26 5月05日 白銀は招くよ![20] 峯尾基三 西村潔 神津はづき南条弘二小池雄介
27 5月12日 人間の絆 大川タケシ 手銭弘喜 高田敏江団時朗 
28 5月19日 愛情物語 鍋割亮虎 坂上二郎中原早苗高木ブー中島陽典
29 5月26日 愛と追憶の日々 柏原寛司 西村潔 増田恵子誠直也ストロング金剛市川好郎
30 6月02日 長いお別れ 鍋割亮虎 小柳ルミ子本郷直樹志賀圭二郎
31 6月09日 誰が為に鐘は鳴る 大野武雄 鹿島勤 梅宮辰夫汀夏子石井愃一

高野浩幸大阪百万円 

32 6月16日 ヘッドライト 宮下隼一 岡本佳織香川照之遠藤憲一

市川勇二瓶鮫一

33 6月23日 嘆きの天使[21] 市川森一 西村潔 風見しんご福田佳弘
34 6月30日 おかしな関係 香取俊介 江崎実生 西山浩司小沢仁志吉川十和子
35 7月07日 俺たちに明日はない 市川森一 石野真子新井康弘榎木兵衛大谷朗、辰馬伸
36 7月14日 さらば友よ 日暮裕一 小澤啓一 三浦友和磯村憲司早川絵美
37 7月21日 理由なき反抗 児玉宜久 六浦誠桜むつ子清水宏
38 7月28日 裁きは終わりぬ 宮下隼一 西垣吉春 河合奈保子藤木悠武藤章生

高品剛本名陽子

39 8月11日 勇気ある追跡 折戸伸弘
谷口聡
村川透 網浜直子穂積隆信黒崎輝清家利一
40 8月18日 太陽がいっぱい 大野武雄 西垣吉春 浜田朱里御木裕、黒部進、

横山道代斉藤清六矢野明仁

41 8月25日 ベストフレンド 大川タケシ
大野武雄
村川透 長谷川明男、山下伸二菊地大菊岡みわ子
42 9月08日 静かなる男 日暮裕一 吉田啓一郎 八名信夫、遠藤憲一、清水香織
43 9月15日 わが家の楽園 鍋割亮虎
松田将希
草薙良一、小林勝彦大杉漣

金子研三小寺大介

44 9月22日 青春の光と影 宮下隼一
鈴木やすゆき
澤田幸弘 石川ひとみ山口仁久保田篤
45 9月29日 さよならをもう一度 市川森一 神田正輝南麻衣子、江幡高志

CS放送[編集]

下記の日程にてファミリー劇場で放送された。第1話については本放送と同様に2時間スペシャル用の素材を使用。

  • 2013年6月29日 - 2014年6月28日 (毎週土曜19:00 - 20:00: → 同17:00 - 18:00)
  • 2015年2月12日 - 7月16日(毎週木曜6:30 - 8:30/2話連続)
  • 2015年6月22日 - 9月28日(月曜 - 木曜18:00 - 19:00)

脚注[編集]

  1. ^ 日テレ系とテレ朝系とのクロスネットだった青森放送では、火曜21:00 - 21:54に放送(出典:「陸奥新報」平成3年9月付け青森放送テレビ欄)。
  2. ^ 第18話「喝采」より。
  3. ^ 第11話「青い鳥」より。
  4. ^ 第43話「わが家の楽園」より。
  5. ^ 第20話「街の灯」より。
  6. ^ 第6話「愛と青春の旅立ち」より。
  7. ^ 第39話「勇気ある追跡」より。
  8. ^ 第10話。直後に兵頭が五十嵐を守る形で犯人の銃弾を受け、重傷を負う。
  9. ^ 第35話「俺たちに明日はない」より。
  10. ^ 第19話「男と女」より。
  11. ^ 第13話「哀愁」より。
  12. ^ 第22話「大人は判ってくれない」より。
  13. ^ 第1話「昨日・今日・明日」より。
  14. ^ 番組後半の時期に直腸癌を患い、自身の出演シーンをオールアップした後、長期療養に入った。
  15. ^ 第45話「さよならをもう一度」より。「20年前に在籍していて、自身の初手柄が空き巣の検挙である」と劇中で触れられている。
  16. ^ 本作品の主題歌として起用されるのに伴い、急遽シングル化された。
  17. ^ 2時間スペシャルで放送。
  18. ^ 北海道ロケ第1弾・函館編。
  19. ^ 北海道ロケ第2弾・小樽編。
  20. ^ 軽井沢ロケ編。
  21. ^ DVDには予告編が収録されていない。

地方ロケ[編集]

番組中、都合2回のロケが晩秋の北海道と冬の軽井沢で行われた。

関連商品(絶版含む)[編集]

サウンドトラックCD/カセットテープ
  • 代表取締役刑事 オリジナルサウンドトラックファンハウス、1990年11月10日、FHCF-1080)
    • オープニングテーマのTVサイズ版を含む12曲を収録。
  • 代表取締役刑事 オリジナルサウンドトラック II(ファンハウス、1991年5月25日、FHCF-1124)
    • オープニングテーマのアレンジバージョンを含む11曲を収録。
DVD
  • 代表取締役刑事セレクションDVD–BOXポニーキャニオン、2021年10月3日、PCBP62011)
    • 石原プロモーション創立50周年を記念しての、同事務所制作作品のDVD化の一環としてソフト化されたもので、全45話のうち20話分を収録。同じくセレクションBOXとしてリリースされた『ゴリラ』とは異なり、未収録エピソードのソフト化は2022年現在も実現していない。また第1話については、再放送用に前後編に分割されたバージョンが収録されている。
テレビ朝日系列 日曜20:00 - 20:54
前番組 番組名 次番組
ザ・刑事
(1990年4月15日 - 9月30日)
代表取締役刑事
(1990年10月7日 - 1991年9月29日)
ララバイ刑事'91
(1991年10月20日 - 12月22日)