竜崎孝路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
竜崎 孝路
生誕 (1948-01-02) 1948年1月2日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ポップス歌謡曲R&Bソウル・ミュージックサントラ
職業 作曲家編曲家
担当楽器 ピアノ
共同作業者 平尾昌晃

竜崎 孝路(りゅうざき こうじ、1948年1月2日 - )は、東京都出身の作曲家編曲家ポップスから歌謡曲、R&B、ソウル、ドラマ主題歌、エンディング曲、サウンドトラック(劇伴)まで幅広いジャンルで活躍しており、その時代の最新のサウンドを追求した作風が特徴である。

ペドロ&カプリシャスの初代ピアニストでもある[1]

西崎緑の「旅愁」、川田ともこの「あかね雲」など、『必殺シリーズ』の楽曲で[2]、編曲を多く担当した。

主な編曲楽曲[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行以降[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://lady-x.loops.jp/shuri_eiko/discography/314.html
  2. ^ 多くが作曲家平尾昌晃とのコンビで担当。ただし、映像では主題歌の編曲者としてはクレジットされるものの、劇伴曲の編曲者としては『必殺仕業人』など一部の作品にしかクレジットされていない。