朱里エイコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朱里 エイコ
出生名 田辺栄子
生誕 1948年3月19日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (2004-07-31) 2004年7月31日(56歳没)
日本の旗 日本東京都足立区
学歴 目白学園高等部
ジャンル ポップス ジャズ ソウル歌謡曲
職業 歌手
活動期間 1962年 - 2004年
レーベル 日本ビクター1962年 - 1964年
キングレコード1967年 - 1969年
ワーナー・パイオニア1971年 - 1979年
RCAレコード1981年 -
事務所 エルフィンスケジュール晩年
共同作業者 タワー・オブ・パワー
ポール・アンカ
ドン・コスタ英語版
ボブ・アルシルバー

朱里 エイコ(しゅり エイコ 、本名:田辺栄子(たなべ えいこ)、1948年3月19日 - 2004年7月31日)は、日本の歌手である。日本国内外で活動した。

16歳で単身渡米[編集]

1948年3月19日に、舞踏家兼振付師で『エド・サリヴァン・ショウ』に出演経験がある朱里みさをを母に、オペラ歌手を父に、東京で生まれる。生後間もなく家庭内暴力で両親が離婚し、5歳の時に父が交通事故で他界した。

1964年に日本人の海外渡航が自由化されると、11月に16歳で単身渡米し、ボブ・アルシルバーに師事する。ハリウッドからプロデューサートーマス・ポールが来日した際、多数の応募者からオーディションに合格し、ダウンタウンのエルコース・ホテルで初舞台を経験する。この年から2年間の契約で、ラスベガスリノレイク・タホハワイシアトルシカゴニューヨークなどアメリカ各地の一流ホテルやナイトクラブで活動する。無名の新人であるため、アメリカのランキング上位40曲が歌唱できることを常に求められる。ラスベガスでサラ・ヴォーンと同じ舞台を経験する。

1966年9月に帰国してリサイタルを日生劇場で開催する。以後レコード発売やワンマンショー開催など活動するも人気を博さず、ショーを観た芸能関係者は「彼女の持ち味が生かされるほど、当時の日本は進んでいなかった」とのちに語る。

1969年に再び単身渡米する。以前と違う自分を試すためグループに所属せず単独のエンターテイナーとして勝負することを決心し、ホテルと契約、バンドの編成、バンドメンバーの給与支払いなどのすべてを自身で担い、ラスベガスのリヴィエラ・ホテルなどで活動する。

1970年1月にラスベガスでショーが大成功し、2月にEiko Shuri and her bandとして「サハラ・ホテル」で2か月間ロングラン公演し、ネバダ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイでワンマンショーを開催する。

1971年2月に一時帰国し、ワーナー・パイオニアと契約する。

アメリカで活躍した経験を基に日本で再び活動を始めると、1972年1月に発売した「北国行きで」が大ヒットして第23回NHK紅白歌合戦に初出場するなど、デビュー8年目で日本国内の人気を得た。1972年10月のショーを最後にアメリカから帰国する。

1972年3月と5月に交通事故で頸部外傷を患い、心身が不安定な状態となる。1973年2月14日に福島県郡山市の「朱里エイコリサイタル」で、歌唱中に歌詞を間違えて途中から失声する。公演は途中打ち切りとなり、エイコはそのまま楽屋から失踪し、翌日以降の福島市いわき市の公演がキャンセルとなった[1]

1975年にマネジャーの渥美隆郎と結婚すると、安易な職域結婚として週刊誌などの芸能マスコミが批判的に報じる。アメリカで10年以上生活したエイコは、気兼ねなく会話して信頼できるパートナーと共に仕事することに違和感がなかった。

アメリカと日本で活躍[編集]

アメリカで鍛えた歌唱力とダンスに加え、三味線やピアノを演奏しながら歌い、得意の玉乗りを披露するなど、ステージ構成や行動力が話題となる。

1975年3月28日に渡米し、4月1日から半年間、ニューオリンズプエルトリコ、ラスベガスなど各地でワンマンツアーを開催する。ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジョニー・カーソンなどの番組に出演し、ツアー初日のショーをABCが放送した。4月に発売した「AH SO!」は、三味線を演奏しつつ歌うと観客が「AH SO!」と掛け声するなど、公演で好評となる。

6月に、ショーを見たタワー・オブ・パワーがジョイントレコーディングを企画する。ロサンゼルスのワーナースタジオで彼らの作品を中心にたびたび打ち合わせを重ね、『愛のめざめ I'm Not A Little Girl Anymore』と『絶体絶命 Buring My Bridges Behind Me』の2曲を10月から約1か月半を費やしてレコーディングし、日本とアメリカで発売した。

1976年3月に、フラミンゴ・ラスベガスでショーを見たコメディアンのレイカルド・デュオからカーネギー・ホール出演を打診される。6月19日に、日本人女性で初めてカーネギーホールで公演したレイカルド・デュオとのジョイントリサイタルは超満員となる。

9月に、カーネギー・ホール出演以後活動を共にするHervey Truittらバンドメンバーと共に帰国して国内各地で公演する。本公演を「海外に通用する日本人アーティスト」として企画したキョードー東京は、以後の公演を担当する。12月に渡米する。

1977年6月23日に東京から日本全国縦断リサイタルを開始する。6月に来日中のポール・アンカと面会してアピールすると、LPに収録されたマイ・ウェイを聴いて大絶賛したポールは4曲提供した。提供された曲のうちシングル発売した「ジョーのダイヤモンド」は、1978年第7回東京音楽祭国内大会でゴールデン・スター賞と作曲賞を受賞する。

9月に渡米すると、バーブラ・ストライサンドフランク・シナトラダイアナ・ロスらを手掛けたドン・コスタ英語版のプロデュースで、ポール・アンカがオリジナル15曲を提供するアルバムを、10月から録音し、12月に「NICE TO BE SINGING」のタイトルで発売する。アルバム発売前の10月にトヨタ・チェイサーのCMソング「サムライ・ニッポン」を発売し、アルバムに「SAMURAI NIPPON」を収録する。

11月にレコーディングを終え、新曲プロモートのためにハリウッドでオーディションした4名のダンサーと共に帰国する。テレビやステージで活動すると、特徴的なタイトルやCMタイアップなど話題となる。

1979年ソウル国際音楽祭に日本代表で出場し、前年のLPに収録されている「I GET OFF ON YOU」などを歌う。この模様を収録したLPを韓国内のみで発売する。

5月にレニー・ホワイトがバックで参加する楽曲「窓あかり」を発売する。日本を拠点に活動し、全国各地でコンサートを催して盛況となる。

12月10日に初のベストアルバムを発売し、ワーナーと契約が終了する。12月に東京厚生年金会館で催されたリサイタルは、録音されたが未発売である。

1980年は、レコード会社と契約が進捗せず、多くをアメリカで活動し、日本で公演したが新曲は発売しない。

1981年RCAレコードへ移籍し、リサイタルを1月8日に東京メルパルクホールから開始する。

葛藤と苦悩[編集]

1972年に「北国行きで」がヒットした頃から「実力重視ではなくヒット曲を重視する日本の芸能界は、ヒットがなければテレビに出られない、なぜ自分は日本人に受けいれてもらえないのか」と葛藤を続けた。

当時の日本はアイドル歌手が全盛で、周囲から実力派と評価を得ても努力して経験を重ねたエイコは、苦しみ、ヒット曲に恵まれず世間から忘れられてしまうのではないかと焦った。

精神的に不安定ながら公演を続けるが、1983年6月に名古屋で失踪してしばらく入院したが、復活を望む声援を得て徐々に活動を始める。

赤坂コルドンブルーに出演して1週間余、開演時間を過ぎても会場に現れず、品川区の自宅居室でパニック状態に陥り苦しみ悶える状態で関係者に発見される。栄養ドリンクを飲用直後に精神科で処方された薬剤を服薬したことで異常を呈していた。当日の公演は中止になり、のちにストレスなどから肝臓病を患い5年間入院加療した。

1983年以降[編集]

1983年に、渡米する。

1984年6月に一時帰国し、凱旋公演を東京から開始する。

1986年に帰国して日本で活動を増やす。

1987年にシングル「すべての愛をあなたに」を発売する。

1992年12月に、芸能生活25周年のリサイタルを開催する。

2004年7月31日に、虚血性心不全のため自宅において56歳で死去する。

エピソード[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
田辺エイ子 名義
ビクター
1 1963年
10月
A面 交通戦争はイヤ さとうよしみ いずみたく BS-151
B面 星はぼくらの仲間
2 1964年
5月
B面
[注釈 1]
ぼくの子守唄 中村千栄子 湯山昭 BS-1034
3 1964年
8月
B面
[注釈 2]
ブルーポニー いちかわゆうぞう いずみたく SV-56
田辺エイコ 名義
4 1964年
8月
A面
[注釈 3]
三人三羽 山上路夫 いずみたく SV-57
朱里エイコ 名義
キングレコード
1 1967年
4月10日
A面 恋のおとし穴 福地美穂子 すぎやまこういち 森岡賢一郎 BS-7162
B面 孤独の太陽 音羽たかし J.Prieto
2 1967年
8月1日
A面 ジ・エンド・オブ・ラブ 福地美穂子 すぎやまこういち BS-7168
B面 マシュ・ケ・ナダ Jorge Ben Jor
3 1967年
11月20日
A面 イエ・イエ 小林亜星 BS-756
B面 恋のアングル 福地美穂子 すぎやまこういち 森岡賢一郎
4 1968年
5月1日
A面
[注釈 4]
アニマル1の歌 武井君子 玉木宏樹 BS(H)-2005
ロンドンレコード
5 1968年
8月1日
A面 ハバナ・アンナ 音羽たかし Leopold
True Love
森岡賢一郎 TOP-704
B面 クレイジー・ラヴ 橋本淳 すぎやまこういち
6 1968年
10月1日
A面 まぼろしの声 世志凡太 森岡賢一郎 TOP-708
B面 悪魔のとりこ
7 1969年
4月1日
A面 しのび泣きの恋 なかにし礼 三木たかし TOP-712
B面 むかしの貴方 山口洋子 山崎唯 小谷充
8 1969年
11月1日
A面 恋のブラック・カード ヒロコ・ムトー はやし・こば TOP-717
B面 沈む夕陽は止められないの 赤木杏子
ワーナー・パイオニア
9 1971年
7月25日
A面 恋のライセンス 片桐和子 小松久 森岡賢一郎 L-1045R
B面 ミスター・スマイル
10 1972年
1月25日
A面 北国行きで 山上路夫 鈴木邦彦 L-1069R
B面 時の流れにのこされて
11 1972年
7月10日
A面 心の痛み L-1090R
B面 青春のときめき
12 1972年
9月25日
A面 恋の衝撃 いずみたく 川口真 L-1105R
B面 あたたかい胸
13 1973年
2月10日
A面 見捨てられた子のように 千家和也 森田公一 馬飼野俊一 L-1119R
B面 愛のサンセット 山上路夫 鈴木邦彦
14 1973年
7月10日
A面 ジェット最終便 橋本淳 川口真 L-1139R
B面 渚のハイウェイ
15 1973年
11月25日
A面 あなたの勝ちだわ 山上路夫 いずみたく 穂口雄右 L-1162R
B面 そんなのないわ 岩谷時子 東海林修
16 1974年
3月25日
A面 二時から四時の昼下り なかにし礼 筒美京平 L-1177R
B面 雨ものがたり
17 1974年
7月25日
A面 白い小鳩 山上路夫 都倉俊一 L-1196R
B面 愛の場所 さいとう大三 馬飼野俊一
18 1975年
4月25日
A面 AH SO! 朱里エイコ 東海林修 L-1238R
B面 悲しみの鳥が飛び立つとき 山上路夫 川口真
19 1976年
3月25日
A面 愛のめざめ Tower of Power L-1307W
B面 絶体絶命
20 1977年
3月25日
A面 明日への願い 山川啓介 Harvey Truitt L-65R
B面 愛のフィーリング 朱里エイコ M.Albert 馬飼野康二
21 1977年
6月25日
A面 めぐり逢い 松任谷由実 R.Edelman 新井英治 L-93R
B面 陽はまた昇る 山川啓介 Harvey Truitt
22 1977年
11月25日
A面 ジョーのダイヤモンド なかにし礼
Paul Anka
Paul Anka 竜崎孝路 L-174R
B面 オクラホマ・モーニング Paul Anka
23 1978年
10月25日
A面 SAMURAI NIPPON M.Bruno Peter Stone L-245R
B面 サムライ・ニッポン 麻生香太郎
24 1979年
5月25日
A面 窓あかり 山口洋子 梅垣達志 L-281R
B面 星と女
25 1979年
10月10日
A面 愛は旅びと 八坂裕子 H.Mancini 梅垣達志 L-313R
B面 Everytime 愛 朱里エイコ 栗原三行
RVC
26 1981年
4月13日
A面 知らせないで 片桐和子 馬飼野康二 RHS-29
B面 DON'T BE AFRAID 鷺巣詩郎
ポリドール
27 1987年
8月25日
A面 すべての愛をあなたに… 森浩美 M.Masser
G.Goffin
J.Latonio 7DX-1516
B面 グレイテスト・
ラブ・オブ・オール
さかたかずこ M.Masser
L.Creed

デュエット・シングル[編集]

発売日 デュエット A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
キングレコード
1992年
10月21日
木崎たかし 01 お手をどうぞ 愛田美穂 森裕次郎 桜庭伸幸 KIDD-1146
02 いつの日も愛のために 朱里エイコ

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル
ワーナー・パイオニア
1972年4月25日 これから始まる何か PASSIONATELY S.EIKO LP L-6047R ワーナー・パイオニア
1972年9月25日 朱里エイコ セカンドアルバム 恋の衝撃 L-8013R
1973年3月25日 EIKO SHURI Ⅲ 朱里エイコ・サードアルバム L-8018R
1973年5月25日 パーティー はなやかなる集い L-8020R
2003年11月15日 CD CDSOL-1081 Solid Records
1973年8月25日 ジェット最終便 LP L-8028R ワーナー・パイオニア
1973年11月10日 SUPER SELECTION TODAY L-5051R
1974年2月25日 My Favorite Songs カーペンターズ、アダモほか世界のヒットソングを歌う L-8031R
1974年11月25日 朱里エイコのすべて JUMPING FLASH L-5062-63R
1977年11月25日 ENDLESS Eiko Meets Paul Anka L-10095R
1978年12月21日

2021年05月17日

NICE TO BE SINGING

リマスタリング仕様盤発売

L-10137R

ライブ・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル
1972年11月25日 オンステージ 新しい世界が今ここに LP L-5525-56R ワーナー・パイオニア
2012年9月26日 CD WQCQ-420 Tower To The People
1976年5月25日 LAS VEGAS HERE I COME[注釈 5] LP L-10033R ワーナー・パイオニア
2012年9月26日 CD WQCQ-421 Tower To The People
1976年12月10日 NOW ON STAGE LP L-5525-26R ワーナー・パイオニア
2012年9月26日 CD WQCQ-422 Tower To The People

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル
1979年12月10日 BEST Greatest Hits '72-'79 LP L-11009R ワーナー・パイオニア
1994年4月25日 朱里エイコ全曲集 CD ダブリューイーエー・ジャパン
1998年9月25日 レイト60'sモッド・ガール・コレクション (2) 朱里エイコ★イエ・イエ
2005年5月27日 究極のベスト! 朱里エイコ WPCL-70527 WARNER MUSIC JAPAN
2010年 スーパーベスト・コレクション
2015年5月13日 リトル・ダイナマイト~ベスト・オブ・朱里エイコ WPCL-12080 WARNER MUSIC JAPAN

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1964年 三人三羽 テレビ東京系テレビドラマ「三人三羽」主題歌
1967年 イエ・イエ レナウン「イエ・イエ」CMソング
1968年 アニマル1の歌 フジテレビ系テレビアニメ「アニマル1」OPテーマ
1978年 SAMURAI NIPPON トヨタ自動車チェイサー」CMソング

映画[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1972年(昭和47年)/第23回 北国行きで 03/23 堺正章
1973年(昭和48年)/第24回 2 ジェット最終便 05/22 美川憲一
注意点
出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CMソング[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ A面は「たてぶえ吹いたら」(歌唱:小海智子宍倉正信)。
  2. ^ A面は「ラッキー・セブン」(歌唱:伊藤アイコ)。
  3. ^ B面は「だれだって一人じゃない」(歌唱:いしだあゆみ)。
  4. ^ B面は「ナナコの歌」(歌唱:葉村エツコ)。
  5. ^ アメリカでは 「VAlENTINE DAY IN LASVEGAS」のタイトルで発売。

出典[編集]

  1. ^ 「公演を途中で放り出し失踪 朱里エイコ 歌詞を間違えて中断後」『朝日新聞』昭和48年2月15日夕刊、3版、11面
  2. ^ 朱里 エイコインタビュー、キタガワレコード2002年6月号。

外部リンク[編集]