真木ひでと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真木 ひでと
別名 野口 ヒデト、野口 ひでと
生誕 (1950-11-27) 1950年11月27日(67歳)[1][2]
出身地 日本の旗 日本福岡県田川市[2]
職業 歌手
活動期間 1967年(漫画トリオとバックボーン)
1968年 - 1971年オックスとして)
1971年 - 1974年(野口ひでととして)
1975年 -
共同作業者 漫画トリオとバックボーン
オックス
公式サイト MAKI HIDETO

真木 ひでと(まき ひでと)1950年11月27日 [2]- )は、日本歌手GSバンド、「オックス」のヴォーカルを務めた後、演歌歌手として活動中。福岡県田川市出身[2]

来歴[編集]

1967年、漫画トリオとバックボーン(木村幸弘とバックボーン)に参加し、プロとしてのキャリアをスタート。また、木村の「ロックを歌え」という指示で、ビートルズの「のっぽのサリー」をその年の6月から唄い やがてストーンズの「アウト・オブ・タイム」や「テル・ミー」を唄うようになり(ペンギン堂の店長からライブ盤のストーンズのLPを勧められたことが後の野口ヒデトのステージパフォーマンスに多大な影響を与える)、少しずつ関西での野口ヒデトの名前が知られるようになった。その強烈なステージングが評判となり、バックボーンの出演時は動員力もアップした。

ジャズ喫茶「ナンバ一番」で「テル・ミー」のパフォーマンスを見た、GSバンド・オックスのリーダー福井利男より「日本でビンソンのエコーチェンバーを持ってるのはうちのバンドとスパイダースだけ!」と口説かれ、1967年12月よりバンドに参加するも当時の野口はビンソンが何なのかわかっていなかったという[3]1968年5月に「オックス」のヴォーカルとしてデビュー[2]芸名野口英世にあやかって野口ヒデトと名乗る[3]。「ガール・フレンド」「ダンシングセブンティーン」「スワンの涙」といったTOP10、TOP20ヒットを出した。「ガールフレンド」「スワンの涙」と、もう1曲は筒美京平の作曲だった。デビュー当初は赤松愛の人気が先行したが、2枚目のシングル「ダンシング・セブンティーン」を発売する頃には、人気の中心は野口ヒデトに移った。GSブーム中期〜後期には、沢田研二・萩原健一・野口ヒデトの3人の対談も、雑誌等で見られるようになった。

9月より全国6ヵ所での公演が始まり、初日の日比谷公会堂を始め各会場のステージで失神騒ぎを起こしたことから、マスコミは過剰なまでに彼らを「失神バンド」と書きたてた。オックスはザ・タイガースザ・テンプターズと並び“ GS御三家 ”と称されることもあった[1]

1971年5月31日にオックス解散[4]。同年「仮面」でソロデビュー。以降は「他になにがある」「夜空の笛」等のシングルを発表し、本人自作の「笑いを忘れたピエロ」が収録されているアルバム「ひでとからあなたに」をリリースする[2]

1975年YTV全日本歌謡選手権」に挑戦、10週を勝ち抜いた[5]。恩師山口洋子の命名により「真木ひでと」に改名し、「夢よもういちど」で演歌歌手として再デビュー[1]。このデビュー曲がソロ歌手として初の大ヒットとなりオリコン全国チャート9位にランクイン各種優秀新人賞などを受賞した[1]。また、9月発売にもかかわらずオリコン年間ベスト100にも入っており、同年末の第17回日本レコード大賞ノミネート候補曲の中に選ばれる[2]

真木ひでとの「木」という漢字は同じ事務所の五木ひろしから一文字もらっている。弟分ということで五木のファンクラブの催しにも必ず参加していたらしく、真木のホームページにもその当時の写真が掲載されている。

「夢よもういちど」は、ポール・アンカの「君はわが運命」に似ていると指摘されることがあるが、歌いだしは同じメロディだと本人のホームページに記されている(作曲は浜圭介)。この当時のマネージャーは、桜井輝夫とザ・ドリフターズのポン青木が努めていた。真木のホームページに青木の写真が掲載されている。

1976年、「恋におぼれて」で東京新聞最優秀ヒット賞を受賞[1]。同年3枚目のシングル「東京のどこかに」では飯塚音楽祭で大衆賞・銀賞等を受賞[1]。この時のゲストが美空ひばりであり、ひばりから「あんた知ってるよ」と言われた事でますますひばりファンになったと言う[6]

1979年、「雨の東京」をリリース。「雨の東京」はカラオケ・有線で流れ、ロングセラー賞を受賞。その後「幸せうすい女です」「ほたる川」をリリースした。

真木の曲で、柳ジョージとレイニーウッドとともに、レコード会社の枠を越えてリリースしたのが「カモン」である。演歌ではなく、ロック調の歌である。ニューイヤーロックフェス(国際劇場)に出演し(近田春夫が司会。フェスのプロデュースは内田裕也。出番はダウン・タウン・ブギウギ・バンドとレイニーウッドの間で、真木はロッド・スチュアートの曲も歌った。)演歌歌手としては真木だけがこのロックフェスに出演している。

2010年のクニ河内プロジェクト作品「されどわれらが日々」のアルバムではオリジナル曲「愛をありがとう」を歌唱[7][2]

2012年3月28日に、ソニーミュージックより歌手デビュー45周年を記念して21曲収録の真木ひでとG☆B「陶酔炎歌」が発売された。

2015年、真木ひでとに改名後40周年を迎え、5月24日に出身地の大阪で、120名限定の「初心忘れるな 木村幸弘とバックボーンライブ」が約50年ぶりに開催された(木村幸弘への恩返しライブ)。オックスの再結成は「あり得ない」と断言している。

2017年、ナンバ一番でプロ歌手としてスタートして50年目。2018年にはオックスデビューから50周年を迎えた。

真木は「最近のレコード会社はやり方が違う」と言い、1993年の「三陸海岸」を最後に頑としてシングルCDをリリースしていない。50周年なのにも関わらずやはりシングルは出していない。ライブでのレパートリーは幅広く、観客を巻き込んでいくトークも真木の特徴である。

2018年9月9日にファンの熱意により3年ぶりに木村幸弘とバックボーンライブが大阪モエラドで開催。(ソールドアウト)

主なヒット曲[編集]

オックス時代[編集]

 野口ヒデトの歌唱が前面に出ている秀逸の歌。橋本淳作詞・筒美京平作品。

  • 神にそむいて/夜明けの光(1969年)
  • 許してくれ/ジャスト・ア・リトルラブ(1970年)
  • 僕をあげます/花の時間(1970年)
    • 以上はオリコンでトップ100位以内の曲
  • もうどうにもならない/ふりむきもしないで(1970年) (解散曲)

野口ヒデト時代[編集]

  • 仮面/生命のバラ(ビクター)解散後初のソロシングル 橋本淳・筒美京平作品
    • 野口ひでと時代
  • 他に何がある/君が来る日(フィリップス)オリコントップ100位以内、国内チャート70位台
  • 夜空の笛(守屋浩のカバー)/愛は突然に(フィリップス)
  • ひでとからあなたに(12曲入りアルバム)(フィリップス)
    • 真木自身の自作曲の「笑いを忘れたピエロ」が収録されている。

真木ひでと時代[編集]

  • 夢よもういちど(1975年)(CBSソニー)オリコン全国チャート9位
  • 恋におぼれて(1976年)(CBSソニー)オリコン全国チャート20位前後
    • 東京新聞最優秀ヒット賞
    • CBSソニーゴールドディスク その他多数
  • 東京のどこかに(1976年)(CBSソニー)山口洋子・杉本真人作品
    • 第3回飯塚音楽祭大衆賞および銀賞
  • 雨の東京(1980年)(CBSソニー)山口洋子・鈴木淳作品
    • 第13回全日本有線放送大賞特別賞[8]
    • 日本有線大賞ヒット賞
    • オリコンロングセラー賞(1年半もの間オリコン40位以内にチャートインしていた。)
    • CBSソニーゴールドディスク その他多数
  • 幸せうすい女です 初の山口洋子以外の作品
  • 元気の星(1991年)ポリスター):CMソング:オリコンPOPチャート11位
    • ポリスターレコード年間ベストテン他
    • 以上 上記作品はオリコンでトップ100位以内の曲
  • 三陸海岸/恋月夜(ポリスター)
  • 愛をありがとう(されど我らが日々)インディーズ作品

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  アシスタントボーイ 郷ひろみ   アシスタントガール 山口いづみ    ゲスト 当時旬の歌手から懐メロの歌手まで

ラジオ番組[編集]

  • 真木ひでとの音楽専科(ラジオ日本)
  • 真木ひでとのプロ野球最前線(全国ネット)ミュージックブルペンのコーナー枠

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 同窓会コンサート通信-Club DSK-真木ひでと
  2. ^ a b c d e f g h プロフィール MAKI HIDETO
  3. ^ a b 真木ひでと・著『夢よもういちど』(エイプリル・ミュージック)9-24ページ
  4. ^ 池袋のジャズ喫茶ACBに於いて解散公演を行った
  5. ^ Golden☆Best 真木ひでと 陶酔炎歌
  6. ^ 真木ひでと ソロ編・2
  7. ^ されどわれらが日々 今ふたたびの青春賛歌(billboard JAPAN)
  8. ^ 「もんたに有線大賞」 毎日新聞朝刊 1980.12.05 p22

外部リンク[編集]