オックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オックス
出身地 日本の旗 日本
ジャンル グループ・サウンズ
活動期間 1968年 - 1971年
レーベル ビクターレコード
メンバー 福井利男ベース
岩田裕二ドラムス
岡田志郎ギター
野口ヒデト(ボーカル)
田浦幸(オルガン)
旧メンバー 赤松愛オルガン

オックス(OX)とは、グループ・サウンズ(以下GS)全盛期の1968年(昭和43年)にデビューしたグループ。

英語で雄牛のことを指すグループ名の由来はリーダーである福井利男が婦人下着メーカーのシルバー・オックスよりヒントを得て命名。

メンバー[編集]

なお、デビューに際し、所属事務所とビクターレコード(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)の思惑から福井と岩田は1949年生まれ、岡田は1951年生まれ、赤松は1952年生まれと詐称した。

経歴・概要[編集]

バンドの結成は1967年秋、キングスの元メンバーだった福井と岩田、そしてバンドが専属で活動していた大阪のサパー・クラブ「レンガ」の経営者であった清水芳夫が、方々からメンバーを集める事から始まった。

キングスは、滋賀県大津市出身で1964年9月に京都で活動を始め、主に京都「ベラミ」、大阪「ナンバ一番」などのジャズ喫茶で演奏を行う、関西では最古参のエレキバンドであった。 キングスは1967年2月に上京し、9月には「アイ・ラヴ・ユー」でポリドール・レコードよりレコードデビューする運びとなるが、福井と岩田は発売前にこれを脱退。清水芳夫と相談の結果、新たなバンドを結成すべく、大阪、京都神戸ジャズ喫茶でメンバーを探すこととなった。

まずは京都のダンス喫茶「田園」[1]に出演していたマッコイズ[2]ギタリスト杉山則夫と、同バンドのドラマーである岡田志郎が「リズムギター程度ならば弾ける」[3]ということで参加。そして大阪のダンスホール「富士」で演奏していたハタリーズのオルガニスト赤松愛と、漫画トリオのバックバンド・木村幸弘とバックボーンの専属歌手である野口ヒデト[4]を誘うものの良い反応は得られず、サンダース[5]にいた栗山純を11月1日よりボーカルに迎えたところ、赤松愛より改めて承諾の連絡があり、6人編成となった。

11月10日、「レンガ」のあったビル社長の厚意により、屋上での音出しが始まった。猛練習の甲斐もあり、オックスは12月1日より27日まで「ナンバ一番」のステージに立ち、日に日に彼らの人気は上昇。この評判を聞き付け演奏を見に来た野口ヒデトが、リーダーである福井より熱心に口説かれ、翌1968年1月1日より10日間の「ナンバ一番」公演初日を以って正式なメンバーとなった。「テル・ミー」で野口と栗山が一緒にステージを転げ回るといった演出を見せたが、1月9日、ギターの杉山が家業を継ぐべく脱退。続いて20日には野口が加入するまでの代役的役割であった栗山が脱退し、オックスは5人編成となった。

続いて同月下旬から2月にかけ、スウェーデンより来日したザ・スプートニクスの前座として京都[6]・神戸・姫路・大阪を巡業、これらの公演会場で楽器を壊し、アンプを倒すといったオックスの過激な演出は話題を呼び、最終公演会場である大阪サンケイホールに至っては、9割方の観客がスプートニクスではなくオックス目当てとなるほどであった。

この反応を見て、マネージャーとなっていた清水は東京進出を計画、ザ・サベージパープルシャドウズが所属していた芸能プロ「ゼネラル・アート・プロデュース」(GAP)へ売り込みをかけ、梅田ゴーゴー・クラブ「ゴーゴー・メキシカン」で彼らのステージを気に入ったGAPと早々に契約する。

3月初旬、オックスは東京のビクターレコードで録音を済ませ、3月17日の梅田「花馬車」での大阪さよなら公演の後、新幹線で上京した。

渋谷区富ヶ谷で合宿生活を始めた彼らは、川崎ダンスホール「フロリダ」でのステージを皮切りに、東京12チャンネルの「ジャポップス・トップ10」で音楽番組へ進出。続いて、彼らにとって東京のジャズ喫茶初出演となる銀座ACBでは、僅か3人の観客相手ながら、高さ2.5mもの迫り式回転ステージより転げ落ち失神するなど、過激な演出を披露した。

1968年5月5日、ついにデビュー曲「ガール・フレンド」が発売された。一方、ジャズ喫茶では、ステージ上の激しい動きから放心状態となり倒れ込む野口ヒデト、そして飛び乗っていたオルガンから転がり落ち気絶する赤松愛、そんな2人に触発されるかのように連鎖的に倒れていく残りのメンバー、というパフォーマンスを見せ、この前代未聞のステージにファンは熱狂、瞬く間にオックスの存在は女学生[7]の間で大きな話題となる。

続いて6月23日には有楽町ビデオホールに於いて「オックス・ファン・クラブ」結成の集いを開催、[8]彼らの評判を聞き付け実に1200人ものファンを動員した。この日のステージで彼らの人気は決定的なものとなり、「ステージ上で気分が高揚、陶酔のあまり恍惚状態で倒れ込んでしまう」という特異なパフォーマンスは、昭和元禄と呼ばれた時代の最中、「失神バンド」としてその名を轟かせるまでになっていた[9]

デビュー当初は赤松愛の人気が先行したが、2枚目のシングル「ダンシング・セブンティーン」を発売する頃には、人気の中心は野口ヒデトに移り、「ジュリー・ショーケン・ヒデト」の時代を迎える。彼ら3人の対談なども各雑誌等でよく見られるようになった。[10]9月14日より全国6ヵ所での公演が始まり、初日の日比谷公会堂を始め各会場のステージで失神騒ぎを起こしたことから、マスコミは過剰なまでに彼らを「失神バンド」と書きたてた。

こうしてオックスはタイガーステンプターズと共に、三大人気アイドルとして取り上げられるようになっていく。

あくまでもメンバーの「失神」は演技であったが、彼らが演奏するローリング・ストーンズの「テル・ミー」で本当に失神してしまうファンが現れ、これをきっかけに、11月10日の日比谷公会堂に於ける公演より同曲を自粛。 だが、この日ステージ第1部の最後に演奏した「オー・ビーバー」辺りから客席の様子が怪しくなり始めた。 そのため、急遽第2部では趣向を変え森進一の「花と蝶」を演奏。しかし続く東京ロマンチカの「小樽のひとよ」のイントロで失神者は相次ぎ、熱狂するファンで場内が大混乱したことから公演は途中で打ち切られてしまう。 公演会場に詰め掛けた女子学生約2000人中、興奮した約30人が矢継ぎ早に失神、15人が病院に担ぎ込まれる事態にまで発展する大騒ぎであった。

この結果、「オー・ビーバー」は自粛せざるを得なくなり、この一件から「オックス」の存在は失神GSとして名を馳せる一方、社会問題化することとなった。学校ではオックスのショーを観に行くことを固く禁じ、また会場では教師が生徒の入場を厳しく取り締まる光景が日本各地で目立つようになり、PTA地婦連の抗議活動もあって、地方自治体や劇場より会場の貸し渋りが増えていくこととなる。

12月5日、待望の「オックス・ファースト・アルバム」を発売。かねてよりステージで披露されていた問題の失神曲「オー・ビーバー」を含む4曲がオリジナル作となる彼らの意欲作であった。続く10日には3枚目となるシングル「スワンの涙」を発売。

年が明けた1969年1月6日より、東京12チャンネル「ジャポップス・トップ10」の後番組で9月29日まで続いた「集まれ!ジャポップス」ではホスト役に挑戦。さらに、1月26日には日本テレビの公開生放送番組、「ディン・ドン・ダン」がスタートする。ギターの岡田志郎が司会を務める他、アシスタントに大阪時代よりオックスと顔馴染みの和田アキ子を起用。番組テーマ曲を始め、歌と踊り、コントに至るまでオックスが担当するこの番組は、3月30日まで続いた。

3月25日に発売された名古屋市公会堂での実況録音によるアルバム「テルミー/オックス・オン・ステージNO.1」では、実況録音盤ということで、失神防止のためにロックと民謡を交互に演奏するといった苦肉の策が用いられ、ラストの「テル・ミー」に至っては、通常[11]とは異なり、全ての楽器演奏のまま終わるといった、彼らにとっては不本意な形ではあるものの、貴重な公式ライブ音源となった。

3月25日にはシングル「僕は燃えてる」を発売。 3月28日より3日間は浅草国際劇場にて3部構成からなる「オックス・ショー」が開催され、「ヒデトのウエストサイド物語」、「愛の牛若丸」といった演劇を交え、趣向を凝らした内容であった。さらにトリでは禁じられていた問題曲[12]「テル・ミー」が演奏され、観客席は騒然、野口ヒデトの倒れ込む姿を以って幕が下りた。

浅草国際劇場での公演は大成功となり、自信を付けた彼らだったが、5月にはグループ存亡の危機とも言うべき事態が待ち構えていた。

5月5日の正午と夕方4時に土浦市民会館で行われる公演に備え、オックスのメンバーは前日より現地のホテルにチェックインしていたが、赤松愛は忘れ物を理由に東京へ戻ってしまい、翌日の開演前になっても現れなかった。

慌てた主催者側は、『赤松は前日の下館公演の後いったん都内のホテルへ戻り、只今こちらへ向かっている最中ではございますが、なにぶん交通渋滞につき遅れが生じておる次第であります』と取り繕った。しかし腹を立てた赤松のファンが帰ってしまい、客席は7割の入りという有り様になってしまう。

突然の事態にメンバーが困惑する中、バンドの異変を嗅ぎ付けたマスコミは「失神GSオックスの赤松愛が脱退!」との報道をその日の内に流し、瞬く間に騒動は広まった。

この事態について、都内のホテルに留まっていた赤松は、『個性がなく、フォーク歌謡曲、挙句の果てには軍歌まで演奏させられる低劣さに加え、4月分の給料は1900円、一番貰っている人でさえ6千円。失神騒ぎやロボットとして操られることに嫌気が差した』と主張した。一方、所属事務所であるホリプロ社長堀威夫は、『契約時にマネージャーである清水を含め、メンバーそれぞれに月給3万円とテレビ、ステージでの歩合が支払われることになっているから、少なくとも1人あたり10万円は受け取っているはず。だいいち4月下旬の沖縄公演では支度金として1人10万円与えている、赤松の言う額は到底信じ難い!』と答えた[13]

オックスは野口ヒデトと赤松愛という、異なる二本柱による相乗効果が人気を牽引していただけに、この騒動でバンドの行く末に暗雲が立ち込め始めた。

急遽、後釜として迎えられたのは、大阪時代に和田アキ子の演奏を担当していたグランプリズのオルガニスト、田浦久幸で、彼はホリプロより新たにデビューするGSのメンバーになるべく上京していた。

赤松の脱退騒動から僅か5日後の5月10日、デビュー1周年記念大阪公演で、田浦久幸は田浦幸の芸名でステージに立ち、田浦がレコーディング初参加となるムード歌謡色の強い新曲「ロザリオは永遠に[14]が6月25日に発売される。だがこれは明らかな選曲ミスであり、夏向きで躍動感あるB面の「真夏のフラメンコ」をA面にすべきであったと、次第に日本ビクター及び各ラジオ局は気付くようになる。しかしこの頃、すでにグループサウンズの時代そのものが去りつつあった。

1969年は3月にタイガースのギター担当である加橋かつみ、そして5月には赤松愛と、主要GSより脱退が相次ぐ。テンプターズと共に、GSブーム中期から後期にかけて人気を担っていたオックスだったが、時を同じくして歌謡曲フォークが台頭し始め、1967年初夏より始まったGSブームは、3年目の夏を目前に終息を迎えようとしていた。

10月に入り新曲「神にそむいて」が発売された。オックスらしさは戻ったものの、すでに歌謡界の流れは変わってしまい、グループサウンズという言葉すら過去のものとなっていた。その一方で、彼らはこの年のブロマイド売上実績でタイガースを大きく引き離し第1位に輝いていた。

翌1970年に入るとTVの仕事は激減、日本各地のジャズ喫茶、ゴーゴークラブ遊園地などが、オックスの主な活動の場となっていく。かつて栄華を極めた他のGSも、同様の境遇を余儀なくされていた。 5月23日にはデビュー2周年記念リサイタル「E・プレスリーをぶっ飛ばせ!」が大手町サンケイホールで開催され、メンバーは意気揚々とした姿を披露[15]したが、やがて田浦幸は夏夕介を名乗り、日活野良猫ロックシリーズに出演、俳優へと転じていく。野口ヒデトも朝のワイドショー内でコーナーを担当するなど、音楽から離れた活動が増え始める。

同年末頃から、オックスは当時ニュー・ロックと呼ばれたレッド・ツェッペリングランド・ファンク・レイルロード、そしてフリー、さらにはザ・フーのアルバム「ロック・オペラ・トミー」の曲などをステージで演奏。 また映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』の影響からか髪は伸ばし、秋頃からは揃いの衣装ではなくジーンズなどの砕けたいでたちとなっていた。

それは、かつて少女マンガ的な、甘くメルヘンチックなコスチュームと歌声で多くの少女ファンを夢中にさせた彼らの姿ではなかった。また、デビュー当時に比べ、格段に上達していた演奏力と合わせ、この大きな音楽性の変化は、もはやオックスのファンにとって受け入れ難いものとなっていた。

1971年1月、オックスは池袋ACBに於けるステージにてグループ解散を表明する。 日本各地を2ヶ月間解散公演として回った後、ホリプロ側より最終公演会場として新宿厚生年金会館を提示されたが、リーダーである福井を始めとしたメンバーの「ジャズ喫茶から人気が出て来たバンドなんだから、ジャズ喫茶で終わろう!」とする意向が尊重され、5月29日より31日にかけ池袋ACBで計15回行われた公演を以て、デビューから満3年、オックスの活動に終止符が打たれた。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. ガール・フレンド/花の指環(1968.5.5) オリコン6位。
  2. ダンシング・セブンティーン/僕のハートをどうぞ(1968.9.5) オリコン28位。
  3. スワンの涙/オックス・クライ(1968.12.10) オリコン7位。
  4. 僕は燃えてる/夜明けのオックス(1969.3.25) オリコン18位。
  5. ロザリオは永遠に/真夏のフラメンコ(1969.6.25) オリコン32位。
  6. 神にそむいて/夜明けの光(1969.10.10) オリコン41位。
  7. 許してくれ/ジャスト・ア・リトル・ラブ(1970.2.5) オリコン64位。
  8. 僕をあげます/花の時間(1970.5.5) オリコン91位。
  9. もうどうにもならない/ふりむきもしないで(1970.12.5) オリコン100位圏外。

アルバム[編集]

  1. オックス・ファースト・アルバム
  2. テル・ミー/オックス・オン・ステージNO.1

非売品[編集]

電電公社記念盤(1968年)B面
  • ひとりの電話 作詞:上田公彦/作曲:筒美京平
A面は「お世話になりますダイヤルさん」(佐良直美

その他[編集]

オールスター・フェスティバル/吉田正傑作選 B面7曲目
吉田正の作曲した歌をオリジナルの歌手以外がカバーした企画もの。

メディア[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • オックス・コンプリート・コレクション VICL60945~46 ビクターエンタテインメントのブックレット 2 - 5頁、11 - 13頁、16頁。

脚注[編集]

  1. ^ ファニーズ参加前の沢田研二が専属。
  2. ^ アメリカのバンド「マッコイズ」とは異なる。
  3. ^ 赤松愛のオルガンをフィーチャリングすることで補った。
  4. ^ 噂を聞き付けナンバ一番を訪れた福井は、「テル・ミー」でステージ狭しと転げ回る野口の姿を見て直感し、木村幸弘とバックボーンを辞めオックスへ来るよう促す。
  5. ^ 京都のダンス喫茶「田園」時代に沢田研二が在籍。
  6. ^ 公演終了後、旅館を訪れたスプートニクスのメンバーから「お前らはザ・フーに劣らずグレイトだ!」と激励される。さらには「これ(楽器を壊すパフォーマンス)を続けなさい」ともアドバイスされたという。ただし野口は当時、ザ・フーの存在を知らなかったという。
  7. ^ オックスのファン層は小学生から高校生までが中心であった。
  8. ^ この頃に所属事務所であるGAPはホリプロに吸収合併された。
  9. ^ こうした「失神」は、ジ・アップル、ファンキー・プリンスといった、他の後期GSでも取り入れていたという 。
  10. ^ またこの頃に目黒区青葉台の合宿所へ引っ越し。
  11. ^ 野口ヒデトがドラムを放り投げ、アンプを倒すなどして幕が下りる頃にはベースの演奏のみ。
  12. ^ 初日を以って「オー・ビーバー」と共に解禁。
  13. ^ グループサウンズ最高 柴田陽平著 ブレーン出版 1981年9月刊 190頁、192頁、読売新聞 読売新聞社 1969年5月7日刊。
  14. ^ 当時から平成初期にかけ日本を代表する作曲家筒美京平と、GSを始め数多くの作品を手掛けた作詞家橋本淳とのコンビでは、オックスにとって最後の曲。しかしこの曲は、オックスのイメージとは相反する曲調であった。
  15. ^ 近代映画 近代映画社 1970年7月号 141頁。

外部リンク[編集]