瀬戸つよし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瀬戸 つよし (せと・つよし1963年10月16日 - ) は、日本の歌手。旧芸名は瀬藤正則

経歴[編集]

大阪府大阪市福島区生まれ。1972年から広島市西区に移る。

広島工業大学附属広島高等学校卒業後、フォーク歌手として活動。1983年、広島市のライブハウスでスカウトされ上京。

1987年オートラマ・マリンブルー音楽祭でグランプリ受賞(当時は「東京ストリート・ブラッド」というバンドのボーカリストだったが、グランプリ受賞後にバンドは解散。以降、ソロとしての活動を再開した)。1991年テレビ朝日系・新春大型時代劇スペシャル「徳川家康」主題歌に、デビュー曲「夢の雫」が採用される。

その後、作詞家・荒木とよひさに師事。2005年、荒木作詞、堀内孝雄作曲の「月夜のうさぎ」で再デビュー。

2008年京本政樹作詞作曲、竜崎孝路編曲の「女は海」から芸名を「瀬戸つよし」に改名した。

シングル[編集]

  • 夢の雫

(作詞:夏実唯 作曲:髙梨聖昭)

  • 出会ったままのⅡ(映画「男ともだち」主題歌)

(作詞:夏実唯 作曲:髙梨聖昭)

  • 月夜のうさぎ

(作詞:荒木とよひさ 作曲:堀内孝雄)

(作詞・作曲:京本政樹)

アルバム[編集]

  • SILVER MOON

関連項目[編集]