瀬戸つよし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀬戸 つよし
出生名 瀬藤正則
生誕 (1963-10-16) 1963年10月16日(55歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市福島区
学歴 広島工業大学附属広島高等学校卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
活動期間 1983年 -
事務所 オフィス ユア スマイル
共同作業者 荒木とよひさ
公式サイト https://www.yoursmile.land/

瀬戸 つよし (せと・つよし、本名は瀬藤正則、1963年10月16日 - ) は、大阪市出身、広島市育ちの歌手。オフィス ユア スマイル所属。血液型はО型。身長175cm。

経歴[編集]

大阪府大阪市福島区生まれ。社長を営む家で育つ。3人男兄弟の長男。父・瀬藤康弘が営む会社が広島と大阪にあった関係で1972年から広島県安芸郡に移る。広島県府中町立府中小学校に入学。小学6年生のとき地元・広島東洋カープがリーグ初優勝したのを見て人に注目される喜びを覚える。学生時代は休み時間に先生のモノマネをしたり、西城秀樹のうたを歌って人気者だった[1]

広島工業大学附属中学校広島工業大学附属広島高等学校を卒業後、広島電機大学工学部機械工学科に入学。大学時代は「NEWYORKER」というバンドを組んでギターボーカルとして活動[1]

1983年、広島市のライブハウスでスカウトされ上京。実父と日本テレビどっきりカメラ」の塩川寿一プロデューサーが同級生ということもあって何度か番組出演した[1]

1987年オートラマ・マリンブルー音楽祭でグランプリ受賞(当時は「東京ストリート・ブラッド」というバンドのボーカリストだったが、グランプリ受賞後にバンドは解散。以降、ソロとしての活動を再開した)。

1992年テレビ朝日系・新春大型時代劇スペシャル「戦国最後の勝利者 徳川家康」主題歌に、デビュー曲「夢の雫」が採用される[2]

1994年、映画「男ともだち」では、主題歌を担当すると同時に山根淳一役のメインキャストを演じる[3]

その後、作詞家・荒木とよひさに師事。2005年、荒木作詞、堀内孝雄作曲の「月夜のうさぎ」をリリース。

2008年京本政樹作詞作曲、竜崎孝路編曲の「女は海」から芸名を「瀬戸つよし」に改名した[4]

自ら歌詞を書き下ろした臍帯血バンク支援ソング「君の笑顔」を手話を交えて全国の赤十字、刑務所、老人ホームで慰問活動を継続的に行う。

2014年、赤穂観光大使(兵庫県赤穂市)就任。現在継続中[5]

2018年現在は、サンテレビにて2本の音楽番組『プレミアム歌謡ショー』『VITTAGE倶楽部』の司会を担当。精力的に全国各地でLIVE活動を行っている。

趣味・人柄[編集]

シングル[編集]

  • 夢の雫
(作詞:夏実唯 作曲:髙梨聖昭)
ソニー・ミュージックレコーズ
☆新春大型時代劇スペシャル「戦国最後の勝利者 徳川家康」主題歌(テレビ朝日系
  • 出会ったままのⅡ
(作詞:夏実唯 作曲:髙梨聖昭)
☆映画「男ともだち」主題歌
  • 月夜のうさぎ
(作詞:荒木とよひさ 作曲:堀内孝雄
  • 女は海
(作詞・作曲:京本政樹
徳間ジャパンコミュニケーションズ
☆テレビドラマ「必殺仕事人V・激闘編」主題歌(テレビ朝日系)
鮎川いずみのカバー曲
  • 君の笑顔
(作詞:瀬藤正則 作曲 高梨聖昭)
さい帯血バンク支援ソング 
  • 四万十 中村 夢の町[6]
(作詞:有沢二郎 作曲 山下道広)
  • 羊の子守唄[7]

アルバム[編集]

  • SILVER MOON
(全9曲収録)

出演[編集]

レギュラー[編集]

  • プレミアム歌謡ショー(サンテレビ、毎週土曜日7時) - 司会
  • VITTAGE倶楽部(サンテレビ、毎週木曜23時30分) - 司会
※YouTubeでもご覧になれます

CM[編集]

歌マネLIVE・レパートリー[編集]

傷だらけのローラ」「影法師」「危険なふたり」「風雪ながれ旅」「シクラメンのかほり」「さらば恋人」「古い日記」「私鉄沿線」「YOUNGMAN」「ルビーの指輪」「遠くで汽笛を聞きながら」「夜霧よ今夜もありがとう」「ブランデーグラス」「恋の町札幌」「冬の稲妻」「もう涙はいらない」「時間よ止まれ」「NO!Newyork」「朝まで踊ろう」「セクシャルバイオレットNo.1」「月のあかり」「やっぱ好きやねん」「長い髪の少女」「想い出の渚」「花の首飾り」「ブルーシャトウ」「エメラルドの伝説」ほか[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]