エメラルドの伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エメラルドの伝説
ザ・テンプターズシングル
リリース
録音 日本ビクター・スタジオ(築地)[1]
ジャンル グループ・サウンズ
時間
レーベル フィリップス・レコード/
日本ビクター
作詞・作曲 なかにし礼(作詞)
村井邦彦(作曲)
チャート最高順位
ザ・テンプターズ シングル 年表
神様お願い!
(1968年)
エメラルドの伝説
(1968年)
おかあさん
(1968年)
テンプレートを表示

エメラルドの伝説」(エメラルドのでんせつ)は、ザ・テンプターズの楽曲で、3枚目のシングルである。1968年6月15日に発売。

リリースされて1ヶ月程でオリコンチャートの6位に初登場し、2週間後には1位を獲得した。又ザ・テンプターズとしては、オリコン上において最大のセールス(46.2万枚)を記録している[2]

概要[編集]

これまではメンバーの松崎由治作の曲をリリースしてきたテンプターズであったが、ヒットが継続するのかどうか危惧したフィリップス・レコード側は、新進気鋭の作曲家・村井邦彦なかにし礼に依頼することとした[1]

村井はフランス印象派の影響を受けて神秘的なロマンティシズムを狙い、アレンジを担当した川口真はストリングスに加えてホルンオーボエの採用により、独自のサウンドを作り上げた。

なかにしに作詞を依頼するにあたり、ディレクターの本城和治は、リードボーカルを取った萩原健一の「神秘性の魅力」をポイントに書いてもらったという。奇しくも、『キサナドゥーの伝説』の訳詞をなかにしに依頼したばかりだったため、本条は当初、本作のタイトルの採用をためらったという。

収録曲[編集]

  1. エメラルドの伝説(The legend of emerald)ソロ:萩原健一
    • 作詞:なかにし礼 作曲:村井邦彦 編曲:川口真
  2. 僕たちの天使(Our angels)ソロ:松崎由治

カバー[編集]

エメラルドの伝説

関連項目[編集]

脚注[編集]