梅田淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うめだ じゅん
梅田 淳
Jun Umeda IMG 3308 20140110.JPG
2014年1月10日、豊中えびす祭福餅授けにて(服部天神宮
プロフィール
本名 同じ
愛称 梅淳(うめじゅん)
出身地 日本の旗 日本
岐阜県岐阜市
生年月日 (1961-01-10) 1961年1月10日(57歳)
最終学歴 日本大学藝術学部放送学科
所属事務所 オフィスうめじゅん
職歴関西テレビアナウンサー
活動期間 1983年 -
ジャンル 報道・スポーツ中継・バラエティ番組
公式サイト http://www.umejun.com/
出演番組・活動
現在 CSプロ野球ニュース
過去 プロ野球ニュース
アタック600
出発進行!うめじゅんです
ニュース・ハイブリッド

梅田 淳(うめだ じゅん、1961年1月10日 - )は、フリーアナウンサー。元関西テレビアナウンサーで、退社後は、浅井企画を経て、同社との業務提携扱いで有限会社オフィスうめじゅん(本社:大阪府大阪市)に所属している。愛称は梅淳(うめじゅん)。追手門学院大学客員教授・サンケイスポーツコメンテーター。

岐阜県岐阜市の出身で、身長は174cm。

来歴・人物[編集]

岐阜県立長良高等学校から日本大学藝術学部放送学科へ進学。大学生時代には、学科の実習でテレビ番組の模擬制作経験するかたわら、アルバイトで『プロ野球ニュース』(フジテレビ)のアシスタント・ディレクターを務めていた[1]。放送の現場に関わるうちにアナウンサーを志し、フジテレビのアナウンサー室を訪れて直訴したところ、居合わせた露木茂(当時は同局アナウンサー)から「フジテレビの採用は決まってしまったが(牧原俊幸が採用されていた)、系列局に関西テレビがある。お前のキャラクターはあそこに向いている」というアドバイスを受けた[2]ことをきっかけに、関西テレビのアナウンサー試験を受験し合格。地元局・中部日本放送のアナウンサー試験にも合格していたが[3]1983年に関西テレビへ入社した。なお関西テレビには、露木から推薦が届けられていたという[2]

関西テレビ入社直後の健康診断急性肝炎への罹患が判明したため、半年間の休養を余儀なくされた[4][5]が、復帰後はバラエティ、スポーツ、報道などの番組を幅広く担当。夕方のローカルワイドニュース『アタック600』では、中継リポーターやスポーツキャスターを歴任したほか、天気予報でも解説役の福井敏雄と共演。独特の調子で語る福井に合いの手を入れる役割として、一躍人気コンビとなる。また、1991年4月から2年間は、平日早朝のローカルワイドニュース番組『FNN World Uplink おおさか』のメインキャスターを担当。FNSアナウンス大賞で「優秀CM賞」を受賞したこともある。

全国ネットの番組にも数多く出演。フジテレビ系列で毎年夏に放送中の『FNSの日』では、数回にわたって、関西テレビからの中継アナウンサーとして登場した。その一方で、2003年9月15日には、プロ野球中継の実況アナウンサーとして阪神タイガースの18年振りセントラル・リーグ優勝決定の瞬間を伝えた。梅田によれば、フジテレビが『めざましテレビ』の放送開始(1994年4月1日)に向けて関西テレビからの出向扱いで梅田を司会陣の1人へ招く構想[6]があったものの、アナウンサーとしてNHKに在籍していた大塚範一をメインキャスターへ招聘することが決まったため立ち消えになったという[7]

2004年3月31日付で関西テレビを退職。同時期に朝日放送を退社した宮根誠司と共に、フリーアナウンサーへ転身した。転身後は、講演会・アナウンスセミナーの講師、『サンケイスポーツ』のコメンテーター、イベントの司会としても活動している。また、2012年からは、大阪市内で「梅田塾」というアナウンススクールを主宰。スクールの卒業生に、朝日放送福井治人アナウンサー(2015年採用)やFM802DJの樋口大喜などがいる[4]。2018年より追手門学院大学客員教授就任。

現在のレギュラー[編集]

テレビ[編集]

新聞・雑誌[編集]

  • サンケイスポーツ レギュラーコメンテーター(ゴルフ場を紹介する連載企画「越後屋隊長のコースNAVI」にも「隊員」として参加)
  • 国際グラフ レギュラーインタビュアー

携帯サイト[編集]

  • 阪神タイガース タイガースFUN内 絶叫リポート

過去[編集]

テレビ[編集]

関西テレビアナウンサー時代[編集]

  • フロッピあ!
    • 自社制作の全国ネット番組で、放送前期にのみ大沢逸美とレギュラー出演。
  • FNN World Uplink おおさか
  • アタック600
  • プロ野球中継/熱チュー!プロ野球(1990年〜2004年)
  • 阪神×星野 緊急特番 Vの陣!(2003年)
  • 走れ!ガリバーくん  
    • 関西テレビへの在籍中には、単独で司会を務めていた。フリーアナウンサーへの転身後も、後輩の女性アナウンサー(杉本なつみ藤本景子村西利恵)と交互に、2005年4月3日まで司会を担当。放送回によっては、「ガリバーくん」(挑戦者)として出演することもあった。

以下はいずれも、フジテレビ制作の全国ネット番組。

フリーアナウンサー転向後[編集]

以下の番組にはいずれも、実況担当で出演。

ラジオ[編集]

以下はいずれも、ラジオ大阪で放送されたレギュラー番組。

以下はいずれも、関西テレビ時代の上司・先輩アナウンサーである桑原征平が、定年退職後にメインパーソナリティを務めるABCラジオの生ワイド番組。

  • 桑原征平粋も甘いも
    • 2005年3月10日・2014年5月7日・2015年10月21日・2017年6月28日の放送にゲストとして出演。
  • 征平・吉弥の土曜も全開!!(2016年5月21日)
    • パーソナリティの1人である桑原が、前週(5月14日)の放送終了後に急性心筋梗塞の発症・手術で休養したことを受けて、パーソナリティ代理として桂吉弥と共演。「梅田塾」で指導していた福井が、朝日放送のアナウンサーとして、番組内の「ABCニュース」を担当した。

以下はいずれも、MBSラジオの生ワイド番組。

  • 上泉雄一のFANFANレディオ(2008年12月10日)
    • 「AMラジオを一緒に盛り上げよう」との思いから、ラジオ局の壁を越えて、当時パーソナリティを務めていた『出発進行!うめじゅんです』の番組グッズをリスナーへのプレゼントに提供した。
  • ヤマヒロのぴかいちラジオ~大晦日年忘れスペシャル~(2013年12月31日)
  • 次は〜新福島!(2018年1月31日)
    • メインパーソナリティを務める福島暢啓毎日放送アナウンサー)の「パイセン」(ラジオパーソナリティとしての先輩)として、「ラジオ博愛主義!パイセンがやってきた!」(20時台のゲストコーナー)へ出演[10]。ラジオ番組へのデビューが、フリーアナウンサーへの転身直後にゲストへ招かれたMBSラジオの番組(番組名不詳)であったことを明かした。

CM・広告[編集]

映画[編集]

  • 白い手(1990年、東宝)関西テレビが製作に出資していた関係で、同局のアナウンサーを代表して、医師役でエキストラ出演。

脚注[編集]

  1. ^ 講演依頼.com 梅田淳プロフィール
  2. ^ a b 長谷川晶一『オレたちのプロ野球ニュース』(2017年 東京ニュース通信社発行、徳間書店発売 ISBN 9784198643737 p101 - 102)
  3. ^ テレビ大阪アナウンサーの植草結樹(同じ誕生日)も同様にCBCのアナウンサー試験に合格していたが、辞退してその代わりに系列局の長崎放送に入社した。1991年まで同局で活動し、テレビ大阪に移籍した。なお、梅田自身は後述の2004年に関西テレビを退職して以降、フリーアナウンサーとして朝日放送の番組(主にラジオ)にたびたび出演しているが、その局は植草の父・植草貞夫の古巣でもある。
  4. ^ a b 『桑原征平粋も甘いも』(ABCラジオ)2014年5月7日放送分「私の通信簿」より。
  5. ^ ちなみに桑原征平も梅田と同じく関西テレビ入社直後に急性肝炎を患ったことを同番組の同年6月19日放送分「征平の、私は忘れない」にて明かしている(桑原は中途採用という入社の経緯から、梅田と異なり点滴治療をしながら出勤した。その代償として黄疸指数が長らく高いままだったという)。
  6. ^ 1985年4月から1987年3月まで、当時関西テレビのアナウンサーだった桑原が、同局東京支社からの出向扱いで『おはよう!ナイスデイ』の司会を須田哲夫(フジテレビアナウンサー)と共同で務めたことに倣った構想。
  7. ^ 『次は〜新福島!』2018年1月31日放送分「ラジオ博愛主義!パイセンがやってきた!」より
  8. ^ フリーアナの八木早希&梅田淳、NHKでドラマ初出演&初共演(『ORICON STYLE2016年11月18日付記事)
  9. ^ 『出発進行!うめじゅんです』公式サイト内の2007年12月22日付日記(アーカイブ)
  10. ^ 関西テレビ出身のフリーアナウンサーでは、後輩の山本が第1回(2017年10月4日)へ、先輩の桑原が第2回(同月11日放送分)へ「パイセン」として出演。

外部リンク[編集]