半保護されたページ

宮根誠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

みやね せいじ
宮根 誠司
プロフィール
愛称 島根みのもんた
出身地 日本の旗 日本島根県大田市
生年月日 (1963-04-27) 1963年4月27日(58歳)
血液型 B型
最終学歴 関西大学経済学部
所属事務所 テイクオフ
職歴朝日放送アナウンサー
活動期間 1987年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 あり
公式サイト 所属事務所ホームページ
出演番組・活動
出演中 情報ライブ ミヤネ屋
Mr.サンデー
出演経歴 おはよう朝日です
過去の出演番組も参照)

宮根 誠司(みやね せいじ、1963年(昭和38年)4月27日 - )は、日本フリーアナウンサータレント司会者テイクオフ所属。島根県大田市出身。元朝日放送(現:朝日放送テレビ)アナウンサー。

来歴

局アナ時代

島根県立大田高等学校卒業後、浪人生活[1]を経て関西大学経済学部に入学。大学卒業後の1987年、朝日放送へ入社[2]。元々アナウンサーを志してはいなかったが、就職活動中にふと立ち寄った就職課で朝日放送の募集掲示を見て軽い気持ちで応募し、面接でのトークが成功して採用された[2]。新人時代はアナウンサーとしての基礎知識がなくなかなか担当番組がもらえずニュース読みを続けたという。

朝日放送テレビおはよう朝日です』(以下、おは朝)に代打で出演したことが転機となり、同番組のリポーターになった。その後、1990年4月からメインキャスターが先輩の岡元昇になったのを機に、2017年現在番組史上唯一の男性サブキャスター(ただし放送上は、岡元と共に事実上のダブルメインキャスター)となり、1994年からは『おは朝』の単独司会を務める。

フリー転身後

2004年3月末で朝日放送を退社[3]。同年4月より、フロム・ファーストプロダクション大阪支社に所属し、フリーとなる。やしきたかじんが朝日放送の社長らを説得したことがフリーになる決め手となったという[4]。また、たかじんだけでなく、笑福亭鶴瓶からもフリー転身の催促を受けていたこともフリー転身のきっかけである[5]

フリー転身後も局アナ時代からレギュラー出演していた『おは朝』、『食べて元気!ほらね』にはフリーの立場でしばらく引き続き出演。

2005年4月から1年間、毎日放送っちゅ〜ねん!』にレギュラー出演。さらに同年11月からは読売テレビ激テレ★金曜日』で司会を務め、テレビ大阪(TVO)を除く在阪準キー局全てでレギュラー番組を持った。

読売テレビでのレギュラー番組『ミヤネ屋』が全国ネット化し、全国的に知名度を上げた(後述)。

以降の宮根は在京キー局発の全国ネットのテレビ番組に、決して頻度は多くないもののゲスト出演するようになる。なお、テレビ朝日系列(古巣・朝日放送を除く)は2009年3月18日放送の『ワイド!スクランブル』VTR出演のみで、テレビ東京系列全国ネット番組の出演歴は、テレビ大阪制作を含めてもない。

2010年3月を以って『おは朝』を降板した(後述)。

2006年7月31日から、金曜のみの放送だった『激テレ』をリニューアルし、新たに月 - 金の帯番組情報ライブ ミヤネ屋』(以下『ミヤネ屋』)をスタートさせた。『ミヤネ屋』のスタートに伴い、平日は『おは朝』と掛け持ちで朝と夕方の生番組の総合司会を務めることとなる。宮根は『ミヤネ屋』の第1回で、キー局である日本テレビの本社(日テレタワー)に行って『午後は○○おもいッきりテレビ』本番終了後に、総合司会のみのもんた本人と対談し、第2回では『ザ・ワイド』(2007年9月末で終了)の総合司会草野仁と対談した。宮根が、みの・草野と共演した番宣用スポットも制作された。

2007年10月1日からは『ミヤネ屋』が関東地区長野県を除いて、『ザ・ワイド』の後番組として13:55 - 16:43(金曜のみ16:50)の枠に移動し、ネット番組に昇格した。2008年1月7日からはテレビ信州でも放送開始し、同年3月31日からは日本テレビでも放送開始した。これによって、全国ネット番組となった。

2008年の『鳥人間コンテスト選手権大会』では、「チームミヤネ屋」のパイロットとしてプロペラのない機体で飛行距離を競う滑空機部門に出場。300m越えを目標とし、301.30mで有名人新記録を樹立した。

2009年3月22日東京マラソンに参加。宮根は参加前に『ミヤネ屋』内で「4時間30分を切らなければ丸刈りにする」と宣言した。しかし結果は正式記録で5時間56分09秒(スタートライン通過までのロスタイムを除いた参考記録で5時間40分)。目標を果たせなかったことから、翌日の生放送中にバリカンを入れられ丸刈り頭になった[6]

2012年1月6日発売『女性セブン』にて、再婚前から交際していた飲食店経営の女性との間に、再婚後に生まれた隠し子がいることが報じられた。2004年6月頃に出会い、交際。2007年春頃、飲食店を経営している16歳年下の女性から妊娠したことを告げられ、2008年2月に女児を出産、宮根は認知。宮根は番組冒頭で、この報道を認めて謝罪した[7]

2012年12月16日フジテレビ選挙特別番組FNN総選挙2012 ニッポンの決意 JAPAN'S DECISION』でメインキャスターを務める。自身初の選挙特番のメインキャスター担当となった。

2014年2月23日、2回目の東京マラソン出場。4時間15分57秒でゴールし、リベンジを果たした[8]

2017年6月17日に沖縄開催した『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では結果発表に初めて関わって第7位の結果を発表していた。

新事務所設立

2010年3月末でフロム・ファーストプロダクションとの契約を解消。これに伴い『おは朝』を降板。3月1日に東京都で設立した事務所であるテイクオフ(TakeOFF)へ4月1日付で移籍した[9]。フリー転身当初からマネージャーを務めた横山武が代表を務める会社である[9]。宮根は所属第1号タレントであり共同出資者でもある[10]

同月より、在京キー局制作番組初のレギュラー番組としてフジテレビにて『Mr.サンデー』(フジテレビ・関西テレビ共同制作)を開始。また、『おは朝』で共演したクマガイタツロウたつをと共に「宮根誠司と2T」を結成し、初代エンディングテーマソング「Hey!Mr.サンデー」の作詞・作曲・歌唱を担当している。

人物

  • 現在の家族構成は、妻と娘一人。別の女性との間にも娘が一人いる。自身は一人っ子で兄弟は居ない。身長173cm[3]
  • ゴルフ野球ギターを趣味としている[3]
  • 局アナ時代、フリーになりたかったがテレビ局に言いだせなくて悩んでいた時、たかじんに相談したことがあった。半年後、たかじんから電話があり料亭に呼び出された。料亭の個室に入ると、そこにはたかじんとテレビ局の社長がいた。そして、たかじんが社長に「こいつテレビ局を辞めてフリーになりたがってるんですよ」と言ってくれた。これが決め手となり宮根はフリーになることができた[注 1]
  • 「島根のみのもんた」と称され、ステレオタイプの関西人像を唱えたり、大阪でも特異な人物を「大阪のおばちゃん」と関西代表にすることがある。だが、父親は大阪府出身であるものの、自身は島根県の出身であり、生粋の関西人ではないので近畿方言関西弁ではない発音をすることがある。これらのことにより、「ニセ関西人」と批判されることもあり、2009年には『週刊文春』でその批判に対するインタビューが行われたことがある[11]
  • 学生時代からタモリのファンで追っかけをしていた。浪人時代にタモリのライブを観たことがあり、ニッポン放送タモリのオールナイトニッポン』も熱心に聴いていた[1][12]。2014年1月13日、フジテレビ系『笑っていいとも!』のコーナー「テレフォンショッキング」に出演し、タモリと初めて対面した(通常は自身が司会を務める『ミヤネ屋』が大阪・読売テレビから生放送を行っている関係で出演できないが、この日は高校サッカー・決勝の中継で休止だったため出演できた)[1][12]。ローカル時代と全国ネット化後で変化がないことを明かしている[13]
  • NHK紅白歌合戦』の総合司会が目標であると語っている[5][14]
  • 俳優お笑いタレントワイドショー進出について、「僕らの職場がなくなる」と述べている[15]
  • 自身が尊敬する先輩アナウンサーとして古舘伊知郎を上げており、あの人には絶対に足下にも到底及ばないと話している。しかし、古舘が『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを2016年3月に降板する事を正式に発表された際、自身が後任候補に名前が上がった際、総合司会を務める『ミヤネ屋』では翌日の冒頭で「こんにちは。『報道ステーション』です。あっ、間違えちゃった!」と話すなど、当初は前向きとも取れる発言をしていた[16](最終的に後任にはテレビ朝日アナウンサーの富川悠太に決定した)。その後、『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)にゲスト出演した際には「自分には無理」と振り返り、(報道が出たことについて)「なぜ名前が出ていたのか分からない。自分にはできない。」と話した上で、「自分には無理だなと思った。」そのきっかけは、古舘や『報ステ』のスタッフとの飲みの席だったといい、「その緊迫感は半端なかった」「これが本当にテレビと向き合う人の姿勢。自分には無理。」と考えるに至ったという。ただ、実際にオファーが来ていたとしても「基本は無理」と繰り返し、続けて「あとはコレだけですが」と指でお金のマークを作って笑いを誘った。更に、同じく出演した日本テレビアナウンサー桝太一から「古舘さんの凄さって何ですか?」と問われ、「知識が深い、(言葉を)かまない、情報処理能力が速い」と最後まで古舘の凄さを語った[17]
  • 2016年11月6・13日放送分の『ボクらの時代』(フジテレビ系)でその古舘とテレビ初共演。宮根が局アナとして所属していた朝日放送の後輩・赤江珠緒の結婚披露宴の場で、2人で飲んでベロベロになり、その後古舘の車に乗った瞬間、「古舘さん、いい車乗ってまんな」と言い、続けて「年間、なんぼ稼いでる?」といきなり年収を聞いたという。古舘は「それで好きになりました。“なんだコイツ!?”みたいな。」と、逆に宮根が好印象だったと語っている[18]。その『僕らの時代』に出演した際に古舘は「宮根君に出て欲しい」と直々に宮根にオファーしたともされている。
  • 「スタジオの一歩外に出ると、普通の人になる。そのギャップが耐えられないときがある。」と語っている[19]。また、自身の出演番組は一切観ないという[20]
  • 2015年の「嫌いなアナウンサーランキング」で1位を獲得したことがある[21]。また、週刊文春の「嫌いなアナウンサーランキング」の男性部門では、一位の常連である[22][23]。さらに、同誌の「嫌いなキャスター&コメンテーター」部門ランキングでも一位になったこともある[24]

出演

現在の出演番組

過去の出演番組

朝日放送アナウンサー時代

フリー転身後

レギュラー出演
単発司会・ゲスト出演

テレビドラマ

映画

劇場アニメ

吹き替え

イベント

  • ダイワハウススペシャル プロ野球オールスタースポーツフェスティバル(日本プロ野球選手会・讀賣テレビ放送主催、2012年12月6日開催、2013年1月6日日本テレビ系列放送)司会

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2016年3月30日放送、フジテレビ『ごきげんよう夜のSP 31年間の感謝をこめて 大物だらけの2時間!』で宮根自身が述べた。

出典

  1. ^ a b c “宮根誠司、タモリと念願の初対面「かなり追っかけでした」”. ORICON NEWS. (2014年1月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2032897/full/ 2021年9月9日閲覧。 
  2. ^ a b LEADERS NOW! [在学生・卒業生インタビュー]番組作りの重点は"生活者目線" (PDF)”. 関西大学 (2009年3月1日). 2021年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c 宮根誠司”. 株式会社テイクオフ. 2021年9月9日閲覧。
  4. ^ 宮根誠司 (2013年7月28日). インタビュアー:中西正男. “<私の恩人>宮根誠司 フリーになる時…テレビ局幹部に気持ちを伝えてくれた、たかじんさん”. THE PAGE. https://news.yahoo.co.jp/articles/568e29df0070ff8e5c999a8cf0c436a16c87920a 2021年9月9日閲覧。 
  5. ^ a b ダウンタウンなう 【SP【初共演!宮根誠司&長澤まさみVSダウンタウン】】”. gooテレビ番組(関東版). 番組情報. 2016年10月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月9日閲覧。
  6. ^ “東京マラソン完走も丸刈りの宮根誠司、来年の公約は「TVで言えないこと」。”. Narinari.com. (2009年3月23日). https://www.narinari.com/Nd/20090311339.html 2021年9月9日閲覧。 
  7. ^ “宮根誠司アナ 週刊誌の隠し子報道認め謝罪「全て事実です」”. スポーツニッポン. (2012年1月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/06/kiji/K20120106002377680.html 2021年9月9日閲覧。 
  8. ^ “宮根誠司アナ 目標達成でリベンジ「5年前の自分に勝ちたかった」”. スポーツニッポン. (2014年2月23日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/23/kiji/K20140223007649641.html 2021年9月9日閲覧。 
  9. ^ a b “宮根誠司アナ気合十分!東京都内に新会社設立”. スポーツニッポン. (2010年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/04/14/kiji/K20100414Z00001730.html 2021年9月9日閲覧。 
  10. ^ “宮根誠司アナが事務所移籍 “盟友”と新事務所を共同出資で設立”. オリコン転職 キャリアニュース. (2010年4月15日). https://career.oricon.co.jp/news/75343/full/ 2021年9月9日閲覧。 
  11. ^ 「ミヤネ屋宮根「ニセ大阪人」批判に答える (スクープワイド あの素晴しい愛をもう一度)」『週刊文春』第51巻第41号、文藝春秋、2009年10月29日、 136-137頁、 NAID 40016776470
  12. ^ a b “宮根アナ、いいともでタモリと初対面”. デイリースポーツ. (2014年1月13日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/13/0006633935.shtml 2021年9月9日閲覧。 
  13. ^ “宮根誠司、収入4億説に「ミヤネ屋のギャラが…」”. デイリースポーツ. (2016年9月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/07/0009466139.shtml 2021年9月9日閲覧。 
  14. ^ “籾井会長が混乱の“元凶” NHK紅白司会は今年も迷走中”. 日刊ゲンダイ: p. 2. (2016年10月15日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/191827/2 2021年9月9日閲覧。 
  15. ^ “宮根が松本人志、坂上忍に“クレーム”「僕らの職場がなくなる」”. スポーツニッポン. (2016年9月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/30/kiji/K20160930013452640.html 2021年9月9日閲覧。 
  16. ^ “宮根誠司「報道ステーションです」ミヤネ屋冒頭で…”. 日刊スポーツ. (2015年12月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1583377.html?mode=all 2021年9月9日閲覧。 
  17. ^ “宮根アナ、「報ステ」後任説も…「自分には無理」と思ったワケ”. スポーツニッポン. (2016年4月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/19/kiji/K20160419012435170.html 2021年9月9日閲覧。 
  18. ^ “古舘伊知郎アナ「なんだコイツ!?」宮根誠司アナの“初印象”を暴露”. 日刊大衆. (2016年11月4日). https://taishu.jp/articles/-/51641?page=1 2021年9月9日閲覧。 
  19. ^ “宮根アナ、本番の自分と素の自分とのギャップに「耐えられないときがある」”. スポーツ報知. (2016年11月6日). オリジナルの2016年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161106192633/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161106-OHT1T50138.html 2021年9月9日閲覧。 
  20. ^ ボクらの時代 (2016年11月6日放送回)”. gooテレビ番組(関西版). 番組情報. 2016年11月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月9日閲覧。
  21. ^ 1周回って知らない話 【テレビの人気者大集合 初回2時間スペシャル】”. gooテレビ番組(関東版). 番組情報. 2019年5月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月9日閲覧。
  22. ^ “「好きなアナ」「嫌いなアナ」ランキング2017 水卜、加藤、夏目、3強の争いは?”. 週刊文春: p. 5. (2018年3月29日). オリジナルの2018年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180629030711/http://bunshun.jp/articles/-/6815?page=5 2021年9月9日閲覧。 
  23. ^ “グッディ!安藤優子「嫌いなアナウンサー」2位躍進のガッテンな理由”. アサジョ. (2018年6月28日). https://asajo.jp/excerpt/54522 2021年9月9日閲覧。 
  24. ^ “ぶっちぎり!宮根誠司、嫌いなキャスター1位 尾を引くあの騒動”. リアルライブ. (2018年2月17日). https://npn.co.jp/article/detail/57374310 2021年9月9日閲覧。 
  25. ^ “宮根アナ&松平アナ「あさが来た」出演!生保の社長役「存在感」”. スポーツニッポン. (2016年2月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/19/kiji/K20160219012068870.html 2021年9月9日閲覧。 
  26. ^ 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)”. 金曜ロードSHOW!. 放送ラインアップ. 日本テレビ. 2019年12月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月9日閲覧。
  27. ^ えんとつ町に超豪華声優キャストが集結!”. 『映画 えんとつの町のプペル』公式サイト (2020年10月19日). 2020年10月20日閲覧。

外部リンク