福井敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福井 敏雄(ふくい としお、1921年(大正10年)3月11日 - 2005年(平成17年)4月27日)は、日本気象解説者・タレント

略歴[編集]

徳島県海部郡日和佐町(現・美波町)出身。現在の気象大学校の前身である気象技術官養成所を卒業後、陸軍技術中尉として陸軍気象部に所属。戦後中央気象台気象庁の前身)に転じ、徳島彦根等の地方気象台勤務を経て、大阪管区気象台では天気相談所長も務めた[1]

同庁を定年の1年前である1980年(昭和55年)に退官し日本気象協会に移籍後、1980年11月より関西テレビの気象情報担当キャスターとして登場する。担当番組でもある『ザ・モーニング630』は、日本で初めて気象衛星ひまわり」の画像を同局で直接受信し、きめ細やかな気象解説を務めた。

気象解説のベテランだが、気象予報士の資格は終生持っていなかった。これは、同資格が1994年からの創設であり、当時既にニュース番組のお天気キャスターを降板しており、福井自身が高齢だったため、「この歳で今更資格を取る気はない」と公言していたためである。なお、第1回試験では合格者の名前に「福井敏雄」があったことから自身にもマスコミから問い合わせが殺到するなどニュースにもなったものの、同姓同名の別人だった。

高齢の徳島県人が使う、強度の阿波弁の影響(サ行がシャ行になる)を残した話し方と緊張とも地とも取れる、終始上ずったような素人然とした独特な声が特徴的(前日の放送で解説した予報が外れた際には「申し訳ありましぇんでした!」と謙虚に謝罪、「かんれーじぇんしぇん寒冷前線の意味)」と発音、語尾には必ず「…でごじゃいましゅ!」と付く、など)。赤ちゃん言葉のような独特の言い回しで、「お天気おじさん」「お天気の福井さん」「福井のおっちゃん」と愛称を付けられ、絶大な人気を集めた。生放送では視聴者からの葉書を読む際に「えー、お葉書をいただきました、豊中市、匿名希望の○○さん」と誤って名前を読み上げてしまうなど、天然ボケでも知られた。

1986年からは『アタック600』のお天気コーナーキャスターに就任。サブキャスターの梅田淳アナウンサーとコンビで伝え、人気を博し、天気予報が始まる18時45分ごろになると視聴率が上がり始めるという現象まで見られた(予報直前のCM前には「次は、福井さんのお天気」のテロップが表示されていた)。その後、関西テレビ制作の全国ネットのワイドショーにも出演し、全国に顔が知られるようになった。

これがきっかけとなり、1987年1989年には、フジテレビ及びFNS加盟各社制作のスペシャル番組『FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』内のニュース(『ニュースファクトリー』『DATELINEデラックス』『スーパータイムSP』『スーパータイムDX』)の天気予報のコーナーに3年連続で出演を果たし、タモリ露木茂逸見政孝長野智子明石家さんま笑福亭鶴瓶らの笑いを誘った。

また、福井のイラストを施した『福井さんグッズ』も製作され、当時(扇町移転前)の関西テレビが設置していたグッズショップ『KTVメディアギャラリー』(大阪・梅田、京都・嵐山)で販売された。

こうした全国区での活躍が評価され、1989年には『ゆうもあ大賞』を受賞した。表彰式は東京・帝国ホテルで『アタック600』放送中の平日夕方に行われ、福井が赴きさらに会場から天気予報を関西に向けて生中継で行い、会場で満場の喝采を受けた。

関西テレビのキャスターは1989年12月をもって降板。以降は朝日放送制作のバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』の顧問役や『ナイトinナイト火曜日おっちゃんVSギャル』のレギュラー解答者として出演し(名前はニックネームで「ジェンシェン」となっていた。なお関西お笑いのシナリオ作家である香川登志緒は「メダリン」だった)、冒頭で趣味としている自作の俳句を披露するなど、関西を中心に、講演会やテレビ出演など様々な活動で更に個性を発揮した。 更にフジテレビ系列の『笑っていいとも!』に1995年11月1996年9月の間レギュラー出演するなど、バラエティ番組テレビCMでも活躍した。

俳句の名手として知られ、書道は8段の腕前だった。

2005年(平成17年)4月27日老衰のため大阪市西淀川区の病院で死去した。84歳没。

亡くなった現在でも、時折タモリが番組内でモノマネを披露する。

出演した番組・CM[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (読売新聞)2005年4月29日