まつり (北島三郎の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつり
北島三郎シングル
B面 木津川
リリース
ジャンル 演歌
レーベル 日本クラウン
チャート最高順位
北島三郎 シングル 年表
神奈川水滸伝
(1984年)
まつり
(1984年)
男の劇場
(1985年)
テンプレートを表示

まつり」は、1984年昭和59年)11月5日日本クラウンより発売された北島三郎シングルアルバムにも多数収録されている。

概要[編集]

歌詞では、五穀豊穣を願う豊年祭り、子に受け継がれていく大漁祭りが躍動感たっぷりに描かれ、日本の祭りのダイナミズムが表現されている。

ステージでは「ねぶた」に北島が乗って、大勢の踊り手と共に北島が歌うダイナミックなステージングが施されることが多い。

NHKの『NHK紅白歌合戦』では、1984年・第35回1993年第44回1999年第50回2006年第57回2009年第60回2013年第64回と6回歌唱されており、このうち、1993年、1999年、2006年、2009年、2013年は大トリとなった[注釈 1]。さらに北島自身、通算50回出場を果たした2013年の第64回を最後として、紅白歌合戦からは一旦勇退したが、5年後の2018年第69回において、弟子のユニットである北島兄弟北山たけし大江裕)とともに特別枠にて出場し、7度目の「まつり」を歌い上げた。

また、歌詞の最後のフレーズ「これが日本の祭りだよ」を、北島が「これが○○祭りだよ」(○○=「北島」「紅白」「競馬」[1]や地名など)と替え歌にして歌う場合もあり、第69回紅白歌合戦においては、平成最後の回であることに因み、「これが平成の祭りだよ」と熱唱した。

紅白歌合戦からの勇退後の2015年から2017年にかけて、北島が実質上のオーナーである大野商事馬主となっているキタサンブラックが、第76回菊花賞・第153回天皇賞(春)・第36回ジャパンカップで勝利した際には、公約として京都競馬場東京競馬場で「まつり」のサビの一節を披露している[1][2]。中央競馬の一年を締め括る有馬記念競走に際しては、第60回(2015年)、第61回(2016年)と二回続けてキタサンブラックが負けたものの[注釈 2]、競馬ファンサービスの一環として、中山競馬場で「まつり」をカラオケ付きで披露した。そしてキタサンブラックは第62回(2017年)では逃げ切りで優勝して引退の花道を飾ると共に[注釈 3]、当日の中山競馬全競走終了後に執り行われた同馬のお別れセレモニーでは、正面スタンド前に特設された壇上で北島を始め、関係者とスタンドを埋め尽くした観客が「まつり」を合唱した[3]

テレビCMでも、自動車メーカースズキが、2014年の初売りキャンペーンCMで「はぁ〜初売りだ 初売りだ 初売りだ 初売りだ これがスズキの初売りだよ」の替え歌で流れた。

1985年スピンオフ作品として「十九のまつり 〜まつりパート2〜」も作られている。

北島三郎記念館3Fのシアター・ゾーンでは本曲が使用されている。

収録曲[編集]

  1. まつり
  2. 木津川
    • 作詞:佐治裕子 / 作曲:原譲二 / 編曲:鈴木操

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 紅白歌合戦に於いて、出場歌手が同一楽曲で5回トリを務めたのは『まつり』の北島三郎のみである。
  2. ^ 2015年は3着(この時の勝ち馬はゴールドアクター。2着はサウンズオブアース)、2016年は2着(この時の勝ち馬はサトノダイヤモンド)。
  3. ^ この時の2着馬は、同馬と同じく有馬記念で引退レースを迎えたクイーンズリングだった。

出典[編集]

外部リンク[編集]