YOUNG MAN (Y.M.C.A.)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
西城秀樹シングル
初出アルバム『YOUNG MAN/HIDEKI FLYING UP
B面 HIDEKI DISCO SPECIAL
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル RCA / RVC
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(5週連続・オリコン
  • 1979年3・4月度月間1位(オリコン)
  • 1979年度年間7位(オリコン)
  • 1位(9週連続・ザ・ベストテン・2週連続満点獲得)
  • 1979年年間7位(ザ・ベストテン)
西城秀樹 シングル 年表
遙かなる恋人へ
1978年) 
YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
(1979年)
ホップ・ステップ・ジャンプ
(1979年)
テンプレートを表示

YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(ヤングマン ワイ・エム・シー・エー)は、西城秀樹の楽曲で、28枚目のシングルである。1979年2月21日にリリースされた。アメリカのディスコミュージック・グループのヴィレッジ・ピープルがヒットさせた「YMCA」のカバー曲。

解説[編集]

「Y」「M」「C」「A」を全身で表した図

収録曲[編集]

  1. A面: YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
    • 作詞・作曲:Jacques Morali・Henri Belolo・Victor Wills、日本語詞:あまがいりゅうじ、編曲:大谷和夫
  2. B面: HIDEKI DISCO SPECIAL
    君よ抱かれて熱くなれブーツをぬいで朝食を激しい恋ブーメランストリートジャガー傷だらけのローララストシーンブルースカイブルー
    • 編曲:大谷和夫
    • 過去のヒット曲をディスコビートに乗せたメドレー形式の楽曲。終盤には「YOUNG MAN」のイントロ部分も登場する。

エピソード[編集]

  • 西城が1978年に渡米した際にヴィレッジ・ピープルの「Y.M.C.A.」を知り、カバー曲を提案した所、周りのスタッフからは、カバー曲になることやゲイ・イメージを売りにした曲であることなどから猛反対を受けたという[5]
  • Y.M.C.A.の4文字を両手を使って表現したパフォーマンスは、曲のアレンジと同様に、原曲のゲイ・イメージを払拭し、スポーティで健康的な印象を強調するために、一の宮はじめと西城が考案したもので、1979年1月4日1月6日開催の大阪・厚生年金ホールでの新春コンサートにて披露された。西城(本人)からヴィレッジ・ピープルにも紹介され、今や全世界に広まっている[6]。西城の「Y.M.C.A.」は「Young Man Can do Anything」の略とされている[7]
  • 本曲を新譜として発売することになった際には、日本ビクター(当時)大和工場に西城自ら出向き、「(僕のレコードのために)残業させてしまいますが、お願い申し上げます」と呼びかけてミカン箱の上に登り、本曲を歌唱して工場従業員たちを激励したという[8][9]
  • 西城がかつて川崎市に在住していた縁で、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の川崎フロンターレ等々力陸上競技場で行う試合(ホームゲーム)のハーフタイムショーに出演し、この曲を歌うことがあった。初登場は2000年7月26日ヴェルディ川崎戦で、2004年以降、西城が死去する前年の2017年までは毎年市制記念試合の度に行われ、恒例行事となっていた。

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

YOUNG MAN (Y.M.C.A.)[編集]

YMCA好知己[編集]

年輕人YMCA[編集]

  • 谷行雲(シンガポール,1981年。中国語アルバム『蝸牛與鸝鳥』収録)
  • 吴永法&何耀伟(中国,1985年。中国語アルバム『阿里巴巴』収録)
  • 杨坤(中国,2010年。中国語アルバム『DISCO(的士高)』収録)

YMCA青年人[編集]

  • 林芳(中国,1984年。中国語アルバム『现代小姐』収録)

この曲が使用されるもの[編集]

関連作品[編集]

  • 森奈津子2000年発刊の短編SF小説『西城秀樹のおかげです』…この曲を題材としている。

コマーシャル・ソングとして[編集]

サビのY・M・C・A以降の部分が、替え歌としてコマーシャル・ソングに使用された。

  • NTTコミュニケーションズ 0033(選択中継サービス、2004年)山口智充
    0033! あとは続けて 携帯番号 携帯への 通話がおトク オトクになるのさ
  • ワイモバイル「素晴らしいワイモバイル」編(2016年)
    素晴らしい ワイモバイル ワイモバイル

脚注[編集]

  1. ^ オリジナルコンフィデンス「オリコン年鑑 1980年版」P18
  2. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』社会思想社、1997年、97頁。ISBN 4390116029
  3. ^ 黒柳徹子、西城秀樹さん悼む 『ザ・ベストテン』での共演回顧「ダントツに歌がうまかった」
  4. ^ 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」P64
  5. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』95-97頁。
  6. ^ 2007年『徳光和夫の感動再会"逢いたい"』(2007年3月8日・15日)、『きよしとこの夜』(2007年4月19日)や『山本耕史“スイートJAM”』(2009年12月10日)に西城が出演した回にてこのエピソードは紹介された。
  7. ^ 1979年『夜のヒットスタジオ』に西城が出演した回にて紹介。
  8. ^ “「ヤングマン」製造工場のミカン箱で歌った 秘話”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年5月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805180000094.html 2018年5月19日閲覧。 
  9. ^ “「西城秀樹さん 訳詞・天下井隆二さんが明かす「ヤングマン」誕生秘話”. 産経ニュース. 産業経済新聞社: p. 1-2. (2018年5月17日). https://www.sankei.com/entertainments/news/180519/ent1805190003-n1.html 2018年5月19日閲覧。 

関連項目[編集]