阿久悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿久 悠(AKU YUU)
出生名 深田 公之
別名 多夢 星人
生誕 1937年2月7日
出身地 日本の旗 日本
兵庫県津名郡鮎原村(現:洲本市五色町鮎原)
死没 2007年8月1日(満70歳没)
東京都港区
学歴 明治大学文学部
ジャンル 歌謡曲
職業 作詞家放送作家小説家
活動期間 1964年 - 2007年
テンプレートを表示

阿久 悠(あく ゆう(AKU YUU)、1937年2月7日 - 2007年8月1日)は、日本放送作家詩人作詞家小説家。本名、深田 公之(ふかだ ひろゆき)。淡路島兵庫県津名郡鮎原村、現:洲本市五色町鮎原)出身。第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。紫綬褒章旭日小綬章受章。

来歴・人物[編集]

阿久悠のペンネームの由来は「悪友」から。また、多夢星人(たむせいじん)の変名も使用した(阿久の小説『グッドバイ―BN童子の青春』の登場人物であるロック歌手の名に由来する[1])。長男は作曲家の深田太郎で、ゲーム音楽や声優に楽曲提供している。

両親とも宮崎県児湯郡川南町出身[2]。幼少期は兵庫県警巡査であった父親の仕事の都合で、いずれも津名郡内であるが、数年おきに転居を繰り返す。洲本市立都志小学校卒業[3]五色町立都志中学校一宮町立江山中学校五色町立五色丘中学校卒業[4]兵庫県立洲本高等学校卒業(同級生に京都大学教授の木曾好能料理研究家為後喜光等がいる[5])、明治大学文学部卒業。両親は父の定年退職と同時に故郷の宮崎に戻ったという[2]

広告代理店宣弘社でコピーライター・CM制作を手がけながら、1964年昭和39年)から放送作家としても活動。1966年(昭和41年)に宣弘社を退職し、放送作家、作詞家としての活動を本格化させる。音楽番組台本を書いているとき、歌われる歌の歌詞を写しながら、作詞の勉強をした。また番組の企画書を書かせたら日本一とも言われたほどである。歌詞の処女作はザ・スパイダースグループ・サウンズデビュー曲「フリフリ」のB面である「モンキーダンス」。本格デビューザ・モップスの「朝まで待てない」。このタイトルの由来は、曲の締め切りが朝に迫っていたからだという[6]。また、この頃よりオフィス・トゥー・ワンに所属する(死去まで)。

その後、作詞家として数々のヒット曲を送り出す。生涯、作詞した曲は5,000曲以上。ジャンルは歌謡曲演歌アイドル歌謡曲フォークソングコミックソングアニメソングCMソングと幅広い。日本テレビオーディション番組 『スター誕生!』に番組企画・審査員としてかかわる。『スター誕生!』の特徴的な企画は各芸能プロダクションの担当者が目に付いた出場者に札を挙げるというものであったが、あのスタイルを考えたのは阿久自身である。「密室でタレントを選考する過程を全てガラス張りにして芸能界を裸にしよう」と提案した。1977年(昭和52年)、子供の歌を作りたいと「ぱくぱくポケット」というシリーズを手がけ、『おはよう!こどもショー』のコーナーでも歌われていた。

上記の作詞経験から「感動する話は長い、短いではない。3分の歌も2時間の映画も感動の密度は同じである 」との言葉を遺す。しかし、1980年代に入りニューミュージックのアーテストが台頭し彼等のつづった叙情よりも感性や実体験の詞が受けるようになり、さらに、後進の作詞家である松本隆秋元康らが台頭すると、阿久の売り上げは苦戦を強いられるようになる。以降は小説執筆や演歌の作詞などに比重を移した。

直木賞候補となり映画化もされた『瀬戸内少年野球団』など小説も手がけ、1982年(昭和57年)には『殺人狂時代ユリエ』で第2回横溝正史ミステリ大賞を受賞。1997年に刊行された短編小説集『恋文』、長編小説『ラヂオ』はその後ラジオドラマ化され、特に『ラヂオ』(NHK-FM)は第38回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞する。1997年平成9年)、30年間にわたる作詞活動に対して、日本文芸振興会主催による第45回菊池寛賞を受賞。さらに1999年(平成11年)春、紫綬褒章を受章。2000年(平成12年)10月、掌編小説集『詩小説』にて第7回島清恋愛文学賞を受賞。

2001年(平成13年)に腎臓癌を患い、同年9月12日に癌の摘出手術を受けた。それ以後は癌治療を受けつつ、病身を押して活動を続けていたが、2007年(平成19年)8月1日午前5時29分、尿管癌のため東京都港区西新橋東京慈恵会医科大学附属病院で死去。70歳没。戒名は「天翔院詞聖悠久居士」。同年3月に行われた石川さゆりの「デビュー35周年 感謝の宴」に出席したのが最後の公の場となった。

日本政府は、阿久の多年に亘る歌謡界への功績を高く評価し、死去した2007年8月1日に遡って旭日小綬章を授与することを9月7日閣議で決定した。

また、第49回日本レコード大賞では特別功労賞、第45回ゴールデン・アロー賞では芸能功労賞が贈られた。 2009年 明治大学連合父兄会阿久悠作詞賞制定。

2010年、明治大学アカデミーコモン地階に阿久悠記念館が開設された[7]

主な記録[編集]

音楽賞[編集]

日本レコード大賞[編集]

日本レコード大賞での大賞受賞曲は作詞家として最多の5曲(1976〜1978は3年連続受賞)。

(2014年現在)

日本レコード大賞・作詩賞[編集]

日本レコード大賞の作詩賞受賞は7回で最多記録(2014年現在)。

日本作詩大賞[編集]

日本作詩大賞は8回受賞。日本レコード大賞作詩賞と同じく、最多記録となっている(2014年現在)。

オリコン[編集]

シングル売上枚数[編集]

6834.0万枚(2015年12月8日付デイリーランキング迄)[8] - 作詞家歴代2位

※歴代作詞家 総売上枚数TOP5[8]

シングル売上TOP10[編集]

(2014年現在)

チャート1位獲得作品数[編集]

22作(2014年現在)

チャート1位独占[編集]

1977年6月20日付のオリコンシングルチャートで、阿久悠作詞の「勝手にしやがれ」(歌・沢田研二)が首位を獲得する。それ以降、12月5日付首位の「ウォンテッド (指名手配)」(歌・ピンク・レディー)まで、25週連続で阿久悠作品が首位を獲得。ほぼ半年にわたり首位を取り続けるという前人未到の記録を打ち立てた。

またこの年は他に、「北の宿から」(歌・都はるみ)、「青春時代」(歌・森田公一とトップギャラン)なども首位を獲得。阿久悠作品は年間39週(約9か月)首位を獲得した。

チャート独占[編集]

1977年12月5日付けのオリコンシングルチャートでは、阿久悠作詞の楽曲が100位までに16曲チャートインした。

  • 1位 - 「ウォンテッド (指名手配)」ピンク・レディー
  • 4位 - 「憎みきれないろくでなし」沢田研二
  • 9位 - 「思秋期」岩崎宏美
  • 12位 - 「気絶するほど悩ましい」Char
  • 16位 - 「暖流石川さゆり
  • 19位 - 「津軽海峡・冬景色」石川さゆり
  • 23位 - 「東京物語」森進一
  • 26位 - 「勝手にしやがれ」沢田研二
  • 33位 - 「ワインカラーのときめき」新井満
  • 39位 - 「渚のシンドバッド」ピンク・レディー
  • 42位 - 「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさお
  • 45位 - 「ボタンを外せ」西城秀樹
  • 48位 - 「能登半島」石川さゆり
  • 69位 - 「薔薇とピストル」ギャル
  • 70位 - 「過ぎてしまえば」森田公一とトップギャラン
  • 95位 - 「ほたる坂」清水由貴子

エピソード[編集]

演歌、アイドル歌謡曲、フォークソング、コミックソング、アニメソング、CMソングと幅広い作詞のジャンル、日本テレビのオーディション番組 『スター誕生!』などの番組企画など芸風が多彩なのは、広告代理店勤務時にコピーライターをしていたことを活かした商品の特長や特性別に書きわけてコピーを作ることと、歌手や番組もひとつの商品として捉えて作詞を作り出す方法を採っている為で、それが幅広いジャンルにさまざまな作品を作リ出した。

好きな映画は『ニュー・シネマ・パラダイス』であり、自身の『瀬戸内少年野球団』との共通点についても言及している。

漫画原作者として『悪魔のようなあいつ』(上村一夫画)を手がける。連載中に沢田研二主演でテレビドラマ化(TBS)された。主題歌は沢田研二の「時の過ぎゆくままに」。

長年、産経新聞『正論』メンバーとしても活動しており、生活面に『阿久悠 書く言う』というコラムを、亡くなる約2か月ほど前の2007年6月9日まで執筆・掲載し、没後に「清らかな厭世 - 言葉を失くした日本人へ」と改題され出版された。

2010年3月22日、出身地である兵庫県洲本市五色町の複合公園『ウェルネスパーク五色』(高田屋嘉兵衛公園)に、阿久が作詞した「あの鐘を鳴らすのはあなた」をモチーフとした顕彰モニュメント『愛と希望の鐘』が設置され、同曲の歌手 和田アキ子作曲家 森田公一らが出席して除幕式が行われた。

脚本家の伊上勝は宣弘社時代の上司であり、伊上宅に下宿していたこともあった[9]

阿久悠と野球[編集]

瀬戸内少年野球団』でもわかる通り、野球ファンであり、プロ野球では阪神タイガースのファンで阪神を題材にした小説『球臣蔵』を執筆しているほど。しかし、西武ライオンズ福岡ダイエーホークスの球団歌は手がけながら、生前に阪神の応援歌は発表していなかった[10][11]が、没後の2010年6月になって、1992年に作詞した「野球狂〜拝啓タイガース様」という歌の存在が明らかにされた。また、「くたばれジャイアンツ」という曲を作詞し、フィンガー5に提供している。

なぜか、ヒット曲では「ピンポンパン体操」「サウスポー」と王貞治に縁がある作品を手がけている。

また、1979年から2006年まで、夏の高校野球期間中、スポーツニッポン新聞に『甲子園の詩』と題して、夏の高校野球出場高校及びその選手等を題材にした抒情詩を掲載していた。(最後の作品

作詞した主な提供楽曲[編集]

歌謡曲(歌手別)[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や・わ行[編集]

童謡・特撮・アニメ[編集]

スポーツ関係[編集]

TVテーマ[編集]

  • NTV紅白歌のベストテン・テーマ(日本テレビ系音楽番組「NTV紅白歌のベストテン」テーマソング)
  • テレビ朝日の歌(日本教育テレビ 〈NET〉 から全国朝日放送 〈テレビ朝日〉 に社名を変更する際に制作)

CMソング[編集]

学校関係[編集]

合唱曲[編集]

イベント関係[編集]

作品集 (ベストアルバム)[編集]

トリビュートアルバム[編集]

著書[編集]

  • 『作詞入門 阿久式ヒット・ソングの技法』サンポウブックス 1972 のち岩波現代文庫 
  • 『36歳・青年時にはざんげの値打ちもある』講談社 1973
  • 『ヒット 阿久悠の実戦的作詞講座』スポーツニッポン新聞社出版局 1975-77
  • 『阿久悠の魚眼思考』自由ブックス社 1978
  • 『ゴリラの首の懸賞金』スポニチ出版 1978(小説)のち角川文庫
  • 『阿久悠の仕事の知恵 まず魚眼思考で展望を開け』自由国民社 1979
  • 瀬戸内少年野球団文藝春秋 1979年 のち文庫、岩波現代文庫  
  • 『流行歌にみる大衆の心理』現代研究会 現代セミナー 1979
  • 『未完青書 生きることがファンタジー』集英社 明星デュエット・ブックス 1979
  • 『家族の神話』講談社 1981 のち文庫
  • 『紅顔期』文芸春秋 1981 「続瀬戸内少年野球団」文庫
  • 『未完青書 愛をみつけるために』集英社文庫 コバルトシリーズ 1981
  • 『家族の晩餐』講談社 1982 のち文庫 
  • 『殺人狂時代ユリエ』カドカワノベルズ 1982 のち文庫
  • 『時にはざんげの値打ちもある』角川文庫 1982
  • 『阿久悠自選詞集』グラフ社 1983
  • 『阿久悠とすばらしき仲間たち』福武書店 1983
  • 『鳥獣戯歌』角川書店 1983
  • 『甲子園の詩』part 1-3 福武書店 1984-86
    • 『甲子園の詩 敗れざる君たちへ 完全版』幻戯書房 2013
  • 『最後の楽園 長編小説』光文社 1984 「最後の楽園 瀬戸内少年野球団・青春編」文庫 
  • 『なに?お巡りさんが・・・ スラップスティック・スーパーマン』角川書店 1984
  • 『イブの黙示録』角川文庫 1985
  • 『くたばれテレビジョン』角川書店 1985
  • 『人生は第二志望で成功する 阿久悠の夢宙塾』徳間ブックス 1985
  • 『ちりめんじゃこの詩』文春文庫 1986
  • 『男の純情集団 長編小説』光文社 1987
  • 『あッ識捻転』マガジンハウス 鳩よ!の本 1988
  • 『喝采』文芸春秋 1988 のち文庫 
  • 『キングの火遊び ベビーシッター・ダンディ・ブルース』カドカワノベルズ 1988
  • 『どうせこの世は猫またぎ Odd eye essay』長尾みのる毎日新聞社 1988
  • 『墨ぬり少年オペラ』文芸春秋 1989 のち文庫 
  • 『ぼくといとこの甘い生活』集英社 1989
  • 『おかしなおかしな大誘拐』集英社文庫 1990
  • 『飢餓旅行』講談社 1990 のち文庫 
  • 『グッドバイ BN童子の青春』集英社 1990
  • 『阿久悠歌は時代を語りつづけた 写真詩集』土田ヒロミ撮影 日本放送出版協会 1992
  • 『家族元年』文芸春秋 1992
  • 『夏の終りに』講談社 1992
  • 『無名時代』集英社 1992
  • 『夢を食った男たち』毎日新聞社 1993
  • 『絹婚式』文化出版局 1994 のち河出文庫 
  • 『あこがれ』河出書房新社 1995 のち文庫 
  • 『恋歌ふたたび』講談社 1995
  • 『銀幕座二階最前列』講談社 1996
  • 『ちょっとお先に』河出書房新社 1996
  • 『ベースボール・パラダイス』河出書房新社 1996
  • 『夢を食った男たち -「スター誕生」と黄金の70年代』小池書院 1997年 のち文春文庫 
  • 『書き下ろし歌謡曲』岩波新書 1997年
  • 『恋文』文化出版局、1997年 のち河出文庫 
  • 『球心蔵』河出書房新社 1997年 のち文庫 
  • 『第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人』KSS出版 1998 のち朝日文庫 
  • 愛すべき名歌たち 私的歌謡曲史』岩波新書 1999年
  • 『詩小説』中央公論新社 2000年 のち文庫
  • 『文楽(ぶんがく)〜歌謡曲春夏秋冬』河出書房新社 2000年 『歌謡曲春夏秋冬 音楽と文楽』文庫 
  • 『ラヂオ』日本放送出版協会 2000年
  • 『転がる石』文藝春秋 2001
  • 『もどりの春』中央公論新社 2001
  • 『花謡曲 写真集』大出一博写真 毎日新聞社 2002
  • 「ガラスの小びん」光村図書 2002年)- 教科書の為の書き下ろし。内容が本書「光村ライブラリー 第15巻」収録の一作品として再録され、一般にも確認できる
  • 『昭和おもちゃ箱』産経新聞ニュースサービス 2003 のち光文社知恵の森文庫 
  • 『ただ時の過ぎゆかぬように 僕のニュース詩』岩波書店 2003
  • 『なぜか売れなかったが愛しい歌』河出書房新社 2003 「なぜか売れなかったぼくの愛しい歌」文庫 
  • 『日記力『日記』を書く生活のすすめ』講談社+α新書 2003
  • 『生きっぱなしの記』日本経済新聞社 2004年 のち文庫 
  • 『犬猫太平記』河出書房新社 2004
  • 『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』新潮社 2004年 のち文庫 
  • 『ヒットメーカー ロングインタビュー』読売ぶっくれっと 2005
  • 『「企み」の仕事術』ロングセラーズ 2006 のち新書 
  • 『清らかな厭世-言葉を失くした日本人へ』新潮社 2007
  • 『阿久悠命の詩 『月刊you』とその時代』講談社 2007
  • 『華 君の唇に色あせぬ言葉を』大出一博写真 産経新聞出版 2008
  • 『凛とした女の子におなりなさい 日本人らしいひと』暮しの手帖社 2008
  • 『無冠の父』岩波書店 2011

共著[編集]

映画[編集]

  • 北の螢(1984年、スーパーバイザー)

出演[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 阿久悠『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』190頁。
  2. ^ a b 木村隆『この母ありて』 青蛙房 2010年 14-15頁
  3. ^ 阿久悠追想集!
  4. ^ 阿久悠追想 -2
  5. ^ 阿久悠追想3!
  6. ^ 阿久悠 『夢を食った男たち―「スター誕生」と黄金の70年代』(小池書院1997年7月)
  7. ^ 阿久悠記念館
  8. ^ a b 【オリコン】秋元康氏、作詞シングル総売上が1億枚突破「驚いています」
  9. ^ 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.5 仮面ライダーX』 講談社2004年11月10日、27頁。ISBN 4-06-367094-5
  10. ^ 阿久は阪神の球団歌である「阪神タイガースの歌」(六甲おろし)は、(阪神が初の日本一になった)1985年まで知らなかったと記している。(『愛すべき名歌たち - 私的歌謡曲史』岩波新書、1999年)
  11. ^ 阿久が作詞家になってから阪神はこの2球団のどちらとも日本シリーズで対戦している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]