オートラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツダ > オートラマ

オートラマ(Autorama)とは、かつて存在した自動車販売網ブランド。マツダフォードが作った、フォード車販売チャネルである。

概要・沿革[編集]

  • かつては、1974年に設立された「フォード自動車(日本)」が総輸入元になり、近鉄モータース、北海自動車工業、カメイオート、日光社、欧米モータースなどの有力輸入車ディーラーが正規販売店として、日本でのフォードビジネスが展開されていた。
  • 1979年、フォードがマツダに資本参加したことを契機に、マツダの第3チャネル(販売系列)を展開するプランが持ち上がった。
  • 1981年、全国オートラマ店の統括会社(ディストリビューター)として「株式会社オートラマ」が設立された。名前は、オートモービル(Automobile)+パノラマ(Panorama)の意味である。
フォード自動車とマツダの出資で開設する予定であったが、会社の初期資本は全国有力マツダ系ディーラーや損害保険各社からの出資。
  • 1982年から全国展開開始。「エンジョイ・カーライフ」「世界一の流通生産性の実現」をコンセプトにし、従来の自動車ディーラーの常識と正反対のビジネスモデルを構築した。ディーラーの形態を「営業所」から「ショップ」という概念に置き換え、オープン当時は店頭誘客を図る為にカーライフグッズ(CLG)をショップに導入。「車に関する全てを取り扱うトータルオートセンターを目指し、新車だけではなく中古車・カー用品なども積極的に取り扱う」「訪問販売ではなく店頭販売」「売れた分だけ発注すればよいので過剰在庫を抱えて値引き乱売する必要はない。その代わりメーカーからのインセンティブは一切なし」[1]。これらの全く新しい営業スタイルを武器として、店舗展開の際、異業種資本の参入を積極的に進めた。そのため、マツダ系ディーラーや古くからのフォード販売会社のみならず、自動車ビジネスと縁もゆかりもない様々な会社がオートラマ販売網に参加した。この方法論は後のユーノスオートザムの全国展開でも踏襲され、成果をあげた。
参入した異業種会社一例(現在フォード店として営業中のものも含む)・・・
交通:北陸鉄道滋賀交通中国バス東海自動車(東海車輌サービス)、京成電鉄
商社:三井物産伊藤忠商事トーメン
スーパー:ジャスコフジ(フォードフジ)、マルナカスーパー大栄イズミヤ原信マルエツカスミキョーエイ伊勢甚フレッセイ藤越
ホームセンター:ジュンテンドーケーヨーカンセキエンチョー
その他:エンケイ共同石油吉田産業前田製作所、NTTエステックス、マツダアクセサリーサービス、東方会館。
参入した他社ディーラー例(現在フォード店として営業中のものも含む)・・・埼玉日産自動車、東京日産自動車販売、トヨタカローラ秋田、名古屋トヨペット長野日産自動車、ネッツトヨタ神奈川、トヨタ勝又グループ大阪日産自動車、日産サニー湘南(現・日産サティオ湘南)、茨城日産自動車
  • 1997年、社名を「フォードセールスジャパン」に変更する。本社を東京都新宿区新宿センタービルから東京都港区虎ノ門の秀和神谷町ビルに移転した。
  • 1999年3月、マツダが所有するフォードセールスジャパン株がフォードに買い取られ、その他出資企業の保有分もフォードに買い取られ、フォード自動車(日本)と統合して正式に「フォード・ジャパン・リミテッド」が設立された。
  • 同時に、直営販売会社として「フォード・ジャパン・ディーラー・リミテッド」が設立され、現在、東京・千葉・埼玉の一部フォード店、旧フォード関西全店舗(大阪の大手スーパーイズミヤが経営していた)を運営している。

これ以降はフォード・ジャパン・リミテッドを参照のこと。

取り扱い車種[編集]

年号は生産年基準

北米製[編集]

欧州製[編集]

アメリカ・AAI製[編集]

外観 車種名 初登場年 販売終了年 世代数 備考
Early Ford Probe GT JP.jpg
Probe
(写真は初代)
プローブ 1988年 1997年 2代

日本・マツダ製[編集]

外観 車種名 初登場年 販売終了年 世代数 備考
Ford Telstar 001.jpg
TELSTAR
(写真は5代目)
テルスター 1982年 2001年 5代 マツダカペラクロノスMS-6のバッチエンジニアリンク車。
4ドアセダン、5ドアハッチバック、ワゴンが設定された。
1994 Ford TelstarII 01.jpg
TELSTARII
テルスターII 1994年 1997年 1代 6代目マツダカペラのバッチエンジニアリンク車。
4ドアセダンが設定された。
販売当時テルスターも併売されていた。
KH Laser S Jap Spec 1993 02.jpg
LASER
(写真は3代目)
レーザー 1982年 2000年 5代 マツダファミリアのバッチエンジニアリンク車(3代目除く)。
3ドア・5ドアハッチバック、4ドアセダンが設定された。
3代目はファミリアと異なる外板だった。
Ford Festiva 003.JPG
Festiva
(写真は初代)
フェスティバ 1986年 1997年 2代 3ドアハッチバックが設定された。
1996 Ford Festiva Miniwagon.JPG
Festiva MINIWAGON
フェスティバミニワゴン 1996年 2002年 1代 デミオのバッチエンジニアリンク車。
5ドアステーションワゴンが設定された。
FORD IXION 2.jpg
IXION
イクシオン 1996年 2003年 1代 プレマシーのバッチエンジニアリンク車。
5ドアステーションワゴンが設定された。
1988-1990 Ford Spectron XLT van 01.jpg
SPECTRON
スペクトロン 1983年 1997年 1代 ボンゴのバッチエンジニアリンク車。
Ford Freda 001.JPG
FREDA
フリーダ 1995年 2002年 1代 ボンゴフレンディのバッチエンジニアリンク車。
Ford J80.jpg
J80
J80 1代 ボンゴバン・トラックのバッチエンジニアリンク車。
J100 J100 1代 ボンゴブローニイバン・トラックのバッチエンジニアリンク車。

韓国・起亜自動車製[編集]

外観 車種名 初登場年 販売終了年 世代数 備考
Festiva5 フェスティバ5 1代 キア・プライドを日本に導入。
5ドアハッチバックが設定された。
Ford Festiva β 001.JPG
Festivaβ
フェスティバβ 1代 キア・プライドを日本に導入。
4ドアセダンが設定された。

近鉄モータース系列取り扱い[編集]

近鉄モータースもオートラマ販売網に参加したが、近鉄モータースは自身でリンカーンマーキュリーの輸入権を保有し自社の販売網も構築していたことで、両方の販売網に参加している販売会社は、リンカーン・マーキュリー車も併売していた。

その他・マスコミタイアップ[編集]

  • 初期のキャッチコピー:「クルマとぼくらの衣食住」
  • 『オートラマへ愛に恋。』のキャッチコピーが有名で、これは90年代前半まで使われていた。(いつから使用されなくなったかは不明だが、1991年10月発行のテルスターのカタログの背表紙の左下に使用されているが、1992年3月発行のテルスターV6のカタログでは使用されていない)
  • プロモーション活動にはセイントフォーが起用された。
    • 映画『ザ・オーディション』に協賛し、実際の店舗がロケに使われた。
  • CMソングその1:尾崎亜美「愛に恋 Love Is Gonna Get You」
  • CMソングその2:本田美奈子「7th Bird "愛に恋"」・・・開業7周年記念CMソング
  • 映画『プロ野球を10倍楽しく見る方法』に協賛し、アニメーション部分には「オートラマ球場」や「Autorama」の看板も登場した。
  • TVドラマ『超新星フラッシュマン』(フェスティバを劇用車提供)
  • TVドラマ『真夏の刑事』(テルスターを劇用車提供)
  • 映画『悲しい色やねん』(テルスター・レーザー・トーラスを劇用車提供)
  • 映画『82分署』(マスタングコンパーチブル、エクスプローラー、フェスティバを劇用車提供)
  • 映画『ウホッホ探険隊』1986年(初代フェスティバ・キャンバストップを劇用車提供)

脚注[編集]

  1. ^ 1982年10月5日日経産業新聞記事より