必殺仕事人IV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
必殺仕事人IV
ジャンル 時代劇
放送時間 金曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1983年10月21日 - 1984年8月24日(43回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
製作総指揮 山内久司(朝日放送)
監督 田中徳三
原田雄一
広瀬襄
松野宏軌
脚本 吉田剛
篠崎好
野上龍雄
三田純市
プロデューサー 辰野悦央(朝日放送)
櫻井洋三(松竹
出演者 藤田まこと
三田村邦彦
鮎川いずみ
ひかる一平
山内敏男
白木万理
菅井きん
中条きよし
山田五十鈴
ナレーター 中村梅之助
オープニング 作曲:平尾昌晃「浜の真砂は尽きるとも」
エンディング 鮎川いずみ「花の涙」
テンプレートを表示

必殺仕事人IV』(ひっさつしごとにんフォー)は、1983年10月21日から1984年8月24日まで、テレビ朝日系で毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作のテレビ時代劇。全43話。主演は藤田まこと

必殺シリーズの第21作、必殺仕事人シリーズの第4作、中村主水シリーズの第10作である。

概要[編集]

本作は、前作『必殺仕事人III』に直結する世界観を持つ。主水シリーズで唯一、前作から殺し屋グループのレギュラー出演者が一人も変更されなかった作品である。

新しいキャラクターとして、毎回手を換え品を換え、一目惚れした順之助を追い掛け回す、広目屋[1]玉助と、秀が旅先から連れ帰って来た孤児の少女 お民の二人が加入した。

梅津栄は名脇役として、歴代シリーズで悪役・善人問わず演じてきた俳優で、前作『必殺仕事人III』第37話で演じた、順之助に一目惚れするオカマの女形役が玉助の原型となっている。玉助は同じく、オカマ キャラクターの筆頭同心 田中と並ぶ人気を獲得し、次作『必殺仕事人V』にも登場している。

お民は第2話で、その素性が明かされ、彼女と秀の関係を主軸とした話(第14、22話他)も作られている。

レギュラーキャラクター(仕事人)たちの殺し技は主水、秀、勇次、おりくは前作と変わることは無かったが、順之助は本作より投石器を使用し、主水たちの援護を担うようになる。

大ヒットとなった前作主題歌「冬の花」に引き続き、加代役の鮎川いずみが主題歌「花の涙」を担当。ヒットを再び記録している。

この時期、頂点を迎えた必殺人気の勢いはテレビだけに留まらず、仕事人特集が組まれた数々の商業誌や、大手レコード会社(キングレコード)からの番組BGM集の発売。シリーズ通算600回記念として、劇場用映画『必殺! THE HISSATSU』(1984年6月16日公開)が制作されるに至った。

最高視聴率は第21話の26.7%[要出典]

あらすじ[編集]

仕事人チームが解散してから、半年の歳月が流れた。ある日、裏稼業を休業中の中村主水に、二人の仕事人からそれぞれ別個に殺しの依頼が舞い込んで来た。一方は幕府のある老中を、もう一方は別の老中を殺して欲しいという。仕事料は破格の百両だったが、老中同士の勢力争いと睨んだ主水は両方の仕事を断る。直後、主水は何者かに襲われた。チーム解散後も江戸に残っていた西順之助は自分が力になるというが、どうも頼りない。

その頃、勇次加代おりくたちが江戸に舞い戻っていた。しかし、おりくと勇次は巡礼の旅に出る予定であり、秀は旅先で知り合った孤児の少女 お民を連れ帰っていたため、共に裏稼業に戻る気は無いと言う。主水は自らの危機を言い出せないまま、彼らと別れ、一人で仕事を引き受けるしかないと覚悟を決める。

繋ぎの仕事人を脅して、頼み人である御目付方の長坂と直接面会した主水は、老中殺しを改めて依頼された。老中の妾宅へ潜入した主水と仕事人はそこで、もう片方の依頼を受けた仕事人と鉢合わせする。罠と察知した主水は難を逃れたが、二人の仕事人たちは殺されてしまう。

後を付けて来た、おりくに助けられた主水は依頼の真相を知る。対立していた老中双方が手を結んだため、邪魔な仕事人たちはまとめて抹殺されることになったのである。その上、長坂はその両方から殺しを請け負っていた。長坂には主水の素性も知られているため、主水の方から仕掛けるしかなかった。

主水の危機を知り、秀、勇次、加代、順之助、おりくが駆け付けた。既に受け取っていた百両を仕事料として、主水たちは御目付方の長坂一派を始末した。かくして再結成された仕事人チームは弱者の晴らせぬ恨みを晴らすべく、悪人たちを次々と闇に葬って行く。

登場人物[編集]

仕事人[編集]

中村主水
演 - 藤田まこと
南町奉行所の定町廻り同心。『必殺仕事人III』最終回の仕事人グループの解散後、裏稼業から身を引いていたが、自身が巻き込まれた事件の渦中で、かつての仲間と再会。同時に、裏稼業を再開する。
演 - 三田村邦彦
飾り職人。江戸を離れていた間に殺した相手の娘である、お民を連れ、江戸に戻ってきた。
最終話で、自分の殺しの現場を少女に目撃され、始末しようとするが、お民の面影が重なり、手を下すことが出来ず、後日、人相書きが出回り、お民を連れて、夕陽の海へと去って行った。
加代
演 - 鮎川いずみ
何でも屋で、仕事人の密偵。江戸に戻り、仲間とともに裏稼業を再開した。今作では殺しの際に順之助に協力し、投石器使用のサポートを行っている。
西順之助
演 - ひかる一平
西洋医学所に合格するため、勉学に励む受験生。前作の最終回の仕事人グループ解散後も江戸に残っていたが、主水の窮地を知り、裏稼業に復帰することを決意する。
自宅の隣に出会茶屋が建ち、男女の逢引が部屋から丸見えなことから両親に促され、加代たちの住む長屋で、一人暮らしを始める。本作からはオカマの玉助に追いまわされ、騒がしい日常を送っている。
勉学や裏稼業の他に、秀の頼みでお民に読み書き等の勉強を教えている。
最終話の仕事人グループの解散後は長崎へ留学する。
勇次
演 - 中条きよし
三味線屋。母のおりくとともに抗争に巻き込まれる形で、裏稼業に復帰する。
最終話の仕事人グループの解散後も江戸に残り、次回作『必殺仕切人』に連続登場することになる。
おりく
演 - 山田五十鈴[2][3]
三味線屋で、仕事人の元締。勇次の母親で、彼とともに旅を続けていたが江戸に戻り、裏稼業を再開する。
最終話の仕事人グループ解散後は、再び旅に出る。

その他[編集]

中村せん
演 - 菅井きん
主水の姑。あいわらず、婿養子の主水をいびる。
中村りつ
演 - 白木万理
主水の妻。せんとともに、婿養子の主水をいびる。
筆頭同心 田中
演 - 山内敏男(現・としお)
南町奉行所の筆頭同心で、主水の上司。
中性的なしゃべり方であるが、オカマと呼ばれると激昂する。本作では主水の協力で、お見合いをするが、見合い相手の巨漢ぶりに驚き、失敗に終わる。本作で「田中熊五郎」の本名が明かされた。
お民
演 - 林佳子
江戸に戻ってきた秀が旅先から連れてきた少女。秀が旅に出ていた頃に始末した男の娘であり、本人はその事実は知らない。第14話で、仕事人 小平次の妹が産んだ娘であることが明かされた。夜に一人になることを怖がるため、秀はお民が眠りについてから出陣する。
最終回で秀に連れられ、江戸を旅立った。秀が仕事人であることは最後まで気付かなかった。後の作品で、秀は再登場しているが、お民のその後の消息は描かれていない。
広目屋の玉助
演 - 梅津栄
順之助に付きまとう中年男性。オカマで、順之助に一目惚れして追い駆け回す。突然、現れることが多い。順之助も迷惑しているが、さほど嫌悪感は抱いていない一面も見せる。怒ると怖い。
最終話で、長崎に留学する順之助に付いて行くと言い、荷物を纏めていたが、次回作『必殺仕事人V』開始の時点で、順之助より先に江戸に舞い戻っていたため、実際に長崎へ行ったのかは不明。
西順庵、西巴
演 - 溝田繁[4]、三浦徳子[5]
順之助の両親。順之助の裏の顔は知らず、第1話で、ライデン瓶を捨ててしまう。自宅の隣に出会茶屋が建ち、男女の逢引が順之助の部屋から丸見えなため、彼を長屋に一人暮らしさせる。
松田屋お聖
演 - 松田聖子写真出演、ノンクレジット)
順之助が憧れている江戸一番の人気町娘という設定。次回作『必殺仕事人V』第23話で、神田屋の政吉の許に嫁いだことが明かされる。
小平次
演 - 村上弘明
第14話に登場。主水たちとは別組織の仕事人。おりくには旅先で助けられた過去があり、旧知であるが、秀とは殺しの現場を目撃されたことで対立する。
自身が信じた元締 霞の平蔵が欲に眩み、外道に変貌したのを機に組織を抜け、上方へ逃亡していた。平蔵の性根を正そうと江戸に舞い戻り、仲間の仕事人 弥助と定八とともに平蔵の元へ乗り込むが、弥助と定八も平蔵に同調して変節しており、裏切られた小平次は戦いに敗れ、後から駆けつけた秀にお民が小平次の妹が産んだ子供であることを打ち明けて息絶えた。
演じた村上は『必殺仕事人V』より、花屋の政役で、レギュラー出演する。

ゲスト[編集]

第1話 「主水 悲鳴をあげる!」
第2話 「秀、少女の謎を明かす」
第3話 「主水 老人問題を考える」
第4話 「主水 犬にナメられる」
  • お甲 - 川村真理子
  • 浅茅 - 澤亜樹
  • 石川数馬 - 津田和彦
  • お咲 - 笠間一寿美
  • 正太 - 西尾正
  • 女中 - 木村仁美
第5話 「お加代 十里早駆けに挑戦する」
第6話 「お加代 商売敵の出現にあわてる」
第7話 「主水 忘年会の幹事でトチる」
第8話 「せんとりつ 子供をもらう!?」
第9話 「主水 晩めしをすっぽかされる」
第10話 「主水 せんを張り倒す」
第11話 「秀 催眠術をかけられる」
  • お京 - 秋野暢子
  • お京の手下 - 武中秀人
  • お京の手下 - 森山陽介
  • お京の手下 - 伊藤克美
第12話 「勇次 鼠小僧と間違えられる」
第13話 「お加代 りつの殺しを頼まれる」
第14話 「主水 節分の豆を食べる」
第15話 「順之助 いよいよ受験する」
第16話 「主水 転職を夢見る」
第17話 「勇次 吉原遊女に惚れられる」
第18話 「なんでも屋の加代 花嫁になる」
第19話 「秀、天気を当てる女に出逢う」
第20話 「主水、宮本武蔵の子孫と試合をする」
第21話 「主水 仲人を頼まれる」
第22話 「主水 大根めしを食べる」
第23話 「せん 遺言状を書く」
第24話 「秀 空中で戦う」
第25話 「主水の上役 転勤する」
第26話 「主水 外で子供をつくる」
  • お涼 - 高瀬春奈
  • 北町与力 内藤 - 亀石征一郎(2回目)
  • 新五 - 南条好輝
  • 手伝いの女 - 松村直美
第27話 「主水 未知と遭遇する」
第28話 「順之助 20歳の誕生日に誘拐される」
  • 七兵衛 - 志賀勝
  • 音吉 - 安部潮
  • るい - 西山奈穂子
  • 弥七 - 石倉英彦(2回目)
第29話 「主水 せんとりつの葬式を出す」
第30話 「勇次 投げ縄使いと決闘する」
第31話 「加代 幽霊になる」
  • 長吉 - 江戸家小猫
  • 大野 - 和崎俊哉
  • まさを - 茜ゆう子
  • お弓 - 島村美妃
  • 田村 - 浜田雄史
  • よしの - 牧野博美
第32話 「主水 超能力山伏に部屋を貸す」
第33話 「勇次 悪女軍団と対決する」
第34話 「主水 失神する」
第35話 「田中筆頭同心 見合いする」
第36話 「主水 流れ星に願いをかける」
第37話 「せん 遂に再婚を決意する」
  • たま - 水原まき
  • 小源太 - 堀内正美(2回目)
  • 堀田甚左衛門 - 早川雄三(2回目)
第38話 「主水 うなぎにナメられる」
  • 仁兵衛 - 早川保(2回目)
  • おちか - 久仁亮子
  • 義助 - 山本一郎
  • お久 - 横田さとみ
  • 大沼 - 中村孝雄(2回目)
第39話 「加代 エリマキトカゲを目撃する」
  • おせき - 今出川西紀(2回目)
  • 藤兵衛 - 高木二朗(2回目)
  • 仙蔵 - 山本弘
第40話 「主水 世にも不思議な朝顔を作る」
第41話 「主水 夏バテで早朝体操を休む」
第42話 「加代 パン作りに挑戦する」
第43話 「秀 夕陽の海に消える」
  • 山岡銀二郎 - 戸浦六宏(3回目)
  • 矢源太 - 田中弘史(2回目)
  • お花 - 長谷川直子
  • お涼 - 志乃原良子
  • 吉蔵 - 大橋壮多

殺し技・BGM[編集]

中村主水
悪人を油断させながら、一瞬の隙を付いて、脇差を相手の急所に刺す。
仕事時のBGMは第1、11、22話の冒頭では「殺しの旋律」が使われ、第2 - 8話までが「泣くのは弱い者ばかり」。第9話以降は「涙を背負って」が使われた。
殺しのトリを務めることが多いが、第17、19、22話など、秀、勇次より先に、殺しのシーンが描かれた。
金属製の房が付いた金色の簪で、悪人の首筋を刺す。第2話の回想シーンで、お民の父親を仕置する際は別の簪を使用している。
勇次
三味線の三の糸を悪人の首に巻き付け、宙吊りにして、窒息死させる。第23話からは「南無阿弥陀仏」の文字が背中に縫いこまれた羽織を着て、殺しを行った。
西順之助
前作で使用したライデン瓶が親に捨てられたため、本作より投石器[8]を製作、使用する。
加代とともに主水たちの援護役として、邪魔者を気絶させ、陽動を行う。第5話からは飛距離を調節するために、木製と鉄製のアームを使用する。
おりく
三味線の撥で、悪人の首筋を斬る。
仕事時のBGMは第1話では「殺しの旋律」が使われ、第2、3、7、8話は「泣くのは弱い者ばかり」。第6、10話は「恨み晴らして候」。第11、18、19話は「涙を背負って」。第42話は「中村主水のテーマ」第43話の最終回では「殺しの旋律」が再び使用された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌「花の涙」(CBSソニー〈現・ソニー・ミュージックレコーズ〉)
作詞:中西冬樹 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:竜崎孝路 / 歌:鮎川いずみ
作詞の中西冬樹はプロデューサーの山内久司の変名である。
挿入歌「自惚れ」(TDKレコード〈現・クリエイティヴ・コア〉)(第1話 - 第22話)
作詞:阿木燿子 / 作曲:宇崎竜童 / 編曲:矢野立美 / 歌:三田村邦彦
挿入歌「風が泣くとき」(テイチクレコード〈現・テイチクエンタテインメント〉)(第23話 - 第43話)
作詞:山口洋子 / 作曲:北林研一 / 編曲:小杉仁三 / 歌:中条きよし

放送日程[編集]

  • 第11話は、頼み人が登場しない話。
  • 第39話は、必殺シリーズ600回目。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1983年10月21日 主水 悲鳴をあげる! 吉田剛 田中徳三
第2話 10月28日 秀、少女の謎を明かす
第3話 11月04日 主水 老人問題を考える 鶉野昭彦 原田雄一
第4話 11月18日 主水 犬にナメられる 篠崎好 田中徳三
第5話 11月25日 お加代 十里早駆けに挑戦する 林千代 広瀬襄
第6話 12月02日 お加代 商売敵の出現にあわてる 中原朗 原田雄一
第7話 12月09日 主水 忘年会の幹事でトチる 保利吉紀 家喜俊彦
第8話 12月16日 せんとりつ 子供をもらう!? 篠崎好 田中徳三
第9話 12月23日 主水 晩めしをすっぽかされる 野上龍雄
第10話 1984年01月06日 主水 せんを張り倒す 三田純市 松野宏軌
第11話 1月13日 催眠術をかけられる 吉田剛
第12話 1月20日 勇次 鼠小僧と間違えられる 篠崎好 黒田義之
第13話 1月27日 お加代 りつの殺しを頼まれる 八木美津雄
第14話 2月03日 主水 節分の豆を食べる 中原朗 家喜俊彦
第15話 2月10日 順之助 いよいよ受験する 林千代 田中徳三
第16話 2月17日 主水 転職を夢見る 中原朗 松野宏軌
第17話 2月24日 勇次 吉原遊女に惚れられる
第18話 3月02日 なんでも屋の加代 花嫁になる 篠崎好 広瀬襄
第19話 3月09日 秀、天気を当てる女に出逢う 吉田剛 家喜俊彦
第20話 3月16日 主水、宮本武蔵の子孫と試合をする 保利吉紀 広瀬襄
第21話 3月23日 主水 仲人を頼まれる 林千代 田中徳三
第22話 3月30日 主水 大根めしを食べる 中原朗 松野宏軌
第23話 4月06日 せん 遺言状を書く 保利吉紀 広瀬襄
第24話 4月13日 秀 空中で戦う 篠崎好
第25話 4月20日 主水の上役 転勤する 鶉野昭彦
第26話 4月27日 主水 外で子供をつくる 林千代 松野宏軌
第27話 5月04日 主水 未知と遭遇する 中原朗 黒田義之
第28話 5月11日[9] 順之助 20歳の誕生日に誘拐される 保利吉紀 八木美津雄
第29話 5月18日 主水 せんとりつの葬式を出す 三田純市 田中徳三
第30話 5月25日 勇次 投げ縄使いと決闘する 篠崎好 松野宏軌
第31話 6月01日 加代 幽霊になる 中原朗
第32話 6月08日 主水 超能力山伏に部屋を貸す 林千代 田中徳三
第33話 6月15日 勇次 悪女軍団と対決する 中原朗 八木美津雄
第34話 6月22日 主水 失神する 三田純市 松野宏軌
第35話 6月29日 田中筆頭同心 見合いする 篠崎好 家喜俊彦
第36話 7月06日 主水 流れ星に願いをかける 林千代 八木美津雄
第37話 7月13日 せん 遂に再婚を決意する 鶉野良彦 家喜俊彦
第38話 7月20日 主水 うなぎにナメられる 中原朗 田中徳三
第39話 7月27日 加代 エリマキトカゲを目撃する 篠崎好 広瀬襄
第40話 8月03日 主水 世にも不思議な朝顔を作る 三田純市 家喜俊彦
第41話 8月10日 主水 夏バテで早朝体操を休む 林千代 八木美津雄
第42話 8月17日 加代 パン作りに挑戦する 中原朗 広瀬襄
第43話 8月24日 秀 夕陽の海に消える 篠崎好

ネット局[編集]

※途中で打ち切られた局や、しばらくの間放送する他系列ネットの局がある。

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 制作局
関東広域圏 テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
福島県 福島放送 テレビ朝日系列
新潟県 新潟テレビ21
長野県 テレビ信州 テレビ朝日系列
日本テレビ系列
山梨県 テレビ山梨 TBS系列
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井テレビ フジテレビ系列
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 現・静岡朝日テレビ
中京広域圏 名古屋テレビ
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[10]
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県岡山県 瀬戸内海放送 テレビ朝日系列
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列
長崎県 長崎放送 TBS系列
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列
大分県 大分放送 TBS系列
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 鹿児島放送 テレビ朝日系列
沖縄県 琉球放送 TBS系列

備考[編集]

  • 本作の撮影中、主水役の藤田まことが内容のパターン化について「芝居がない」などと吐露したことがある。その後、藤田は自分にかかる負担が増したことや、歳相応の演技を行う役(『はぐれ刑事純情派』の安浦刑事など)へ移るため、主水役の降板につながった[11]
  • 秀役の三田村邦彦の誕生日に、屋外セットが原因不明の火災で全焼した。そのため、三田村は「よりによって僕の誕生日に」とコメントしている[12]

脚注[編集]

  1. ^ 現在のサンドイッチマン
  2. ^ 第1 - 3、6 - 8、10、11、18、19、42、43話
  3. ^ クレジットは「起こし」(文字が画面に向かって起き上がってくる演出)
  4. ^ 第1、21、41、43話
  5. ^ 第1、3、4、11、15、21、22、38、43話
  6. ^ かわいは筆頭同心 田中の見合い相手役。
  7. ^ 芦川は『必殺仕事人2009』第20話で、頼み人役でゲスト出演している。
  8. ^ 外観はカタパルトを小型携帯化した物
  9. ^ ひかるの20歳の誕生日。
  10. ^ 火曜日22:00 - 22:54枠
  11. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p164
  12. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p148
テレビ朝日 金曜22時台(当時はABCの制作枠)
前番組 番組名 次番組
必殺渡し人
(1983年7月8日 - 1983年10月14日)
必殺仕事人IV
(1983年10月21日 - 1984年8月24日)
必殺仕切人
(1984年8月31日 - 1984年12月28日)