藤木孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじき たかし
藤木 孝
本名 遠藤 與士彦(えんどう よしひこ)[1]
別名義 藤木 敬士(旧名)[2]
生年月日 (1940-03-05) 1940年3月5日
没年月日 (2020-09-20) 2020年9月20日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本静岡県富士宮市[3]
死没地 日本の旗 日本東京都中野区[1]
身長 173 cm[4]
職業 俳優歌手
ジャンル 映画舞台テレビドラマ
活動期間 1959年 - 2020年
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
網走番外地 北海篇
やくざ刑罰史 私刑
明治大正昭和 猟奇女犯罪史
女囚さそり けもの部屋』ほか
テレビドラマ
夜明けの刑事
赤い嵐
学校へ行こう!
ナニワ金融道』ほか
テンプレートを表示

藤木 孝(ふじき たかし、1940年3月5日[4] - 2020年9月20日[5][6])は、日本俳優歌手静岡県富士宮市出身[3]ホリプロ最終所属[7]。本名は遠藤 與士彦(えんどう よしひこ)[1]

1970年代には、藤木 敬士(読みは同じ)という芸名で活動していた。

来歴・人物[編集]

玉川学園中等部、高等部、玉川大学卒業[8]

東宝芸能学校卒業後の1959年、歌手として渡辺プロダクションと契約し、テイチクレコードからデビュー。歌唱力とダンスの才を活かし、1960年代前半には「レージィ・ギター」「踊れツイスト」「ツイストNo.1」「ママのツイスト」「24000のキッス」などのヒット曲を連発し、「ツイスト男」の異名で当時のツイスト・ブームを牽引した。

1962年、人気絶頂の中で歌手引退を表明し渡辺プロ社長の渡辺晋の反対を押し切って退社、同年文芸プロダクションにんじんくらぶに入り、俳優へ転身する。演技を基礎から学ぶため文学座の研究生を経て、1966年には劇団欅の結成に参加した。1976年からは劇団雲劇団欅の統合により誕生した劇団昴に所属し、主に翻訳劇などで活躍したが、2006年に退団した。

歌手としての実績を買われてミュージカルなどの舞台に立つ一方、悪役から刑事までこなす俳優として、映画やテレビドラマでも数多くの作品で活躍した。その特異な存在感で怪優としての再評価も高く、1986年には第12回菊田一夫演劇賞[9]2003年には第38回紀伊國屋演劇賞個人賞[10]を、2005年には第45回ACC CMフェスティバル演技賞[11]を受賞している。

生前はかつての所属事務所の同業他社のライバル会社であるホリプロに所属していた。過去に渡辺プロダクションに所属していた人物のホリプロ移籍は非常に珍しい事例である。

2020年9月20日未明、東京都中野区の自宅で帰宅した息子が死んでいた藤木を発見した[5][6]。80歳没。

出演[編集]

※「 - 」は役名

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ウェブドラマ[編集]

音楽作品[編集]

※ 記載なし以外は、すべてテイチクレコード。

シングル[編集]

  • 24000のキッス/悲しき少年兵(1961年5月、NS-416)
  • 小さな悪魔/なみだのダンス(1961年、NS-446)
  • 涙のムーディー・リヴァー/ホワット・アイ・セイ(1961年、NS-483)
  • ルイジアナ・ママ/アダムとイブ(1961年、NS-493)
  • トゥナイト/情熱の瞳(1961年、NS-511)
  • ツイストNo.1/アモール(1961年、NS-527)
  • ツイスト・フラ・ベイビー/ワン・モア・チャンス(1961年、NS-536)
  • ママのツイスト/聖者のツイスト(1962年、NS-545)
  • キッスイン・ツイスト/忘れておくれ(1962年、NS-560)
  • レイジー・ギター/踊れツイスト(1962年、NS-568)
  • アディオ・アディオ/君と僕のメロディ(1962年、NS-621)
  • 涙を、獅子のたて髪に/私を捨ててしまってくれ/地獄の恋人(1962年、NS-632)
  • ボサノバでキッス(ボサ・ノバNo.1)/ブラウン・スキン・ガール(1962年、NS-661)
  • 24000回のキッス'87/24000回のキッス'87(カラオケ)(1987年9月、RE-785)

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  • 藤木孝のヒットナンバー(1962年、NL-1209)

オムニバス・アルバム[編集]

  • 60ポップス・オン・パレード(1970年、ST-341-2)-「24,000のキッス」「ツイスト・ナンバー・ワン」「ツイスト・フラ・ベイビー」「キッシン・ツイスト」「ママのツイスト」「アダムとイブ」「小さい悪魔」の7曲を収録。
  • 究極のレトロ~ゴールデン60’sコレクション~テイチクGUYS編(1987年11月21日、30CH-283)-「24,000のキッス」「ツイスト・ナンバー・ワン」「ツイスト・フラ・ベイビー」「キッシン・ツイスト」「ママのツイスト」「アダムとイブ」「小さい悪魔」「サレンダー」「涙のムーディー・リバー」「悲しき少年兵」「ルイジアナ・ママ」「ワン・モア・チャンス」「ホワッド・アイ・セイ」の13曲を収録。
  • 青春POPS’50~’60 恋の片道切符(1998年7月24日、 キングレコード、KICS-80002)
  • 青春POPS’50~’60 電話でキッス(1998年7月24日、 キングレコード、KICS-80003)-「悲しき少年兵」を収録。
  • クリスマス・ア・ゴー・ゴー(2000年11月22日、TECN-25685)-「聖夜」を収録。
  • 東京ビート・アンソロジー Vol.1 ~Rock’n Days 1956-1962(2001年11月21日、TECN-25733)-「ホワット・アイ・セイ」「ツイストNo.1」「踊れツイスト」の3曲を収録。
  • 60’Sグラフィティー(2008年3月10日)-「24000のキッス」「ツイストNo.1」を収録。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 【訃報】“ツイスト男”&“怪優”が逝く”. テレビ朝日 (2020年9月20日). 2020年9月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  2. ^ 藤木孝について 映画データベース”. allcinema. 2020年9月20日閲覧。
  3. ^ a b 藤木孝(ふじきたかし)の解説”. goo人名事典. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  4. ^ a b 藤木 孝|日本タレント名鑑”. VIPタイムズ社. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  5. ^ a b "俳優・藤木孝さん死去 80歳 大河ドラマ「太平記」「新選組!」に出演". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 20 September 2020. 2020年9月20日閲覧
  6. ^ a b "藤木孝さん死去 80歳 大河「太平記」など出演". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 20 September 2020. 2020年9月20日閲覧
  7. ^ 藤木 孝(フジキ タカシ)”. ホリプロ. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  8. ^ 玉川学園同窓会事務局だより No.8”. 玉川学園同窓会. 2018年11月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月28日閲覧。
  9. ^ 俳優の藤木孝さん、自宅で死亡 「新選組!」などで活躍”. 朝日新聞デジタル (2020年9月20日). 2020年9月20日閲覧。
  10. ^ 紀伊國屋演劇賞 第31回〜”. 紀伊國屋書店. 2020年9月20日閲覧。
  11. ^ 贈賞式・記念パーティ”. 2020年9月20日閲覧。
  12. ^ BENT ベント”. PARCO STAGE. パルコ. 2019年5月28日閲覧。
  13. ^ キャスト情報”. 舞台「野球」飛行機雲のホームラン オフィシャルホームページ. 2018年5月18日閲覧。
  14. ^ 『ジ・アート・オブ シン・ゴジラ(別冊・完成台本)』庵野秀明(企画・責任編集)、カラー、2016年、人-13頁。ISBN 978-4-905033-08-0
  15. ^ 「仮面ライダーアマゾンズ完結編」特報公開!美月や七羽さんも続投、脚本は高橋悠也”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年2月3日). 2018年2月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]