松本留美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつもと るみ
松本 留美
本名 諸角 留美
生年月日 (1949-02-24) 1949年2月24日(70歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 女優
活動期間 1967年 -
著名な家族 高田宗彦(父)
主な作品
テレビドラマ
春の坂道
パパはニュースキャスター
白線流し

松本 留美(まつもと るみ、1949年2月24日[1][2][3] - )は、日本女優。本名、諸角 留美[3]。旧姓名は芸名と同じ[2]。父親は俳優の高田宗彦[4]

東京都出身[1]玉川大学[2]芸術学部中退[1]劇団雲を経て[1][2]演劇集団 円に所属[1][2][3]

人物・来歴[編集]

1967年、現代演劇協会附属演劇研究所に入所[1]1970年には劇団雲団員に昇格し、1975年からは演劇集団 円に所属[1]

1971年NHK大河ドラマ春の坂道』に、中村錦之介演じる柳生但馬守宗矩の側室である鳥丸順子役で出演[1]。当時の紹介記事では「1年間の長丁場でも体力には自信があります」と述べている[4]

以後、テレビドラマに多数出演。特にTBS系の『花王 愛の劇場』では、『愛の終着駅』(1978年)など多数の作品でヒロイン役を演じた[1]。大半の作品では耐え忍ぶ役柄の女性を演じているが、1980年の『ダンプかあちゃん』では、家計を支えるためにダンプカーの運転手となる女性を演じた。当時の紹介記事では「中年男性からは強く生きてくださいといったファンレターが来たが、今回は今までのエネルギーが爆発した感じですごく楽しい」と述べている[5]

映画には、『さえてるやつら』(1973年)でヒロインを演じたほか、『仁義と抗争』(1977年)に出演した[1]

舞台では、『ロミオとジュリエット』(1970年)で初舞台後は、『夜叉ヶ池』『から騒ぎ』などに出演した[1]

特技は、スキーで、学生時代はスキー部に所属していた[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

関西テレビ

  • 眠狂四郎(1972年)
  • 闇を斬れ 第18話「おんなの罠」(1981年) - とき 役
  • 大奥(1983年) - お須免 役
    • 第27話「塵に咲く花」
    • 第28話「女帝への階段」

東海テレビ

テレビ朝日(NET)

朝日放送

テレビ東京

  • 大江戸捜査網
    • 第154話「血染めの蛇の目傘」(1974年) - お夏 役
    • 第207話「兇悪の侵入者」(1975年) - 村越八重 役
    • 第320話「浮世絵女の秘めた謎」(1977年) - おたみ 役
    • 第368話「高利貸し百一文の陰謀」(1978年) - きく 役
    • 第413話「暗殺者が狙う女の烙印」(1979年) - おもん 役
    • 第521話「にせ小判一万両」(1981年) - お徳 役
    • 第579話「艶花一輪・闇を濡らす赤い殺意」(1983年) - 文字春(おさき)役
    • 第637話「狙撃! 姉様人形は血の匂い」(1984年) - お園 役
    • 新 大江戸捜査網 第10話「涙の子連れ犯科帳」(1984年) - おきぬ 役
  • 眠狂四郎無頼控 第20話「悲怨! 赤いしごきは地獄花」(1983年)

映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画俳優全集 女優編』キネマ旬報社〈キネマ旬報増刊〉、1980年12月31日、614頁。
  2. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、371頁。
  3. ^ a b c 『日本タレント名鑑2017』VIPタイムズ社、2017年、725頁。ISBN 978-4904674086
  4. ^ a b 『毎日新聞』1971年1月17日付朝刊、11面。
  5. ^ a b 『朝日新聞』1980年8月8日付夕刊、7面。
  6. ^ 本橋信宏『60年代 郷愁の東京』(2010年、主婦の友社)82頁。

外部リンク[編集]