松野宏軌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松野 宏軌(まつの こうき、まつの ひろき 1925年7月9日 - 没年月日不明[1])は、日本映画監督・テレビディレクターである。岡山県都窪郡清音村(現・総社市)の生まれ。本名は松野 博(まつの ひろし)。

来歴・人物[編集]

1944年、浪速工業高等専門学校を卒業。学生時代から映画好きで、1950年松竹京都撮影所に入社。演出部に配属され、助監督として伊藤大輔成瀬巳喜男野村芳太郎大曽根辰保に師事。1964年菊池靖と共同で『続道場破り・問答無用』で監督に昇格。その後『いも侍』シリーズを手がけたが、邦画の斜陽化もあり1973年にフリーに。それと前後してテレビ映画の演出も手がけ始め、『鞍馬天狗』(MBS)、『必殺シリーズ』(ABC)など、主に時代劇を手がけた。

私生活では1960年10月に結婚。日本映画監督協会公式サイトの物故会員欄に名前が記載[1]されており、現在は故人と思われる。

監督作品[編集]

映画[編集]

  • 続道場破り・問答無用(1964年菊池靖と共同)
  • いも侍シリーズ
    • いも侍・蟹右衛門(1964年)
    • いも侍・抜き打ち御免(1965年
  • 殴りこみ侍(1965年)
  • 侠勇の花道・ドス(1966年
  • 日本一のマジメ人間(1966年)
  • 吸血髑髏船1968年

テレビ[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b 松野宏軌日本映画監督協会、2015年12月16日閲覧。

関連項目[編集]