渥美清の泣いてたまるか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
泣いてたまるか > 渥美清の泣いてたまるか

渥美清の泣いてたまるか』(あつみきよしのないてたまるか)は、1966年から放映された連続テレビドラマ『泣いてたまるか』の渥美清主演バージョンの作品群を指す。

概要[編集]

この作品は、毎回脚本家が変わり、渥美清も毎回違う役柄で出演するというコンセプトで始まった『泣いてたまるか』が正式タイトルである。DVDや渥美主演作品のみの放送がされるようになって「渥美清の」という角書きがつけられた(肺病の後遺症で体力がもたず、青島幸男中村嘉津雄と隔週交代で出演していた時期もある)。

その中でも、山田洋次が脚本を手がけた最終話の「男はつらい」という回を、山田本人が気に入り、渥美清の代表作である『男はつらいよ』の連続テレビドラマ化および映画化につながっている。ちなみに、後に諏訪博を演じる前田吟もこの回に出演した。

今では有名な俳優や女優が脇役として出演したこと、有名な脚本家が多数手がけていたこと、渥美清の独特な雰囲気と演技力の相乗効果で人気だったことは元より、作品としても素晴らしい出来と評されている。渥美は、寅さん風のアウトロー的な役はもちろん、トラックドライバー役、実直な教師役や平のサラリーマン役、更には偽傷痍軍人役等、多岐に渡る役柄を演じきり、役者としての懐の深さを見せた。

西田敏行はこの作品でデビューした。ちなみにこの作品から約20年後に、西田敏行バージョンの『泣いてたまるか』が放送された。

2005年-2006年にかけて、デアゴスティーニ・ジャパンより、隔週にわたって解説書付DVDが発売された(全27巻・54話)。またサンマーク出版から2005年に全5巻でシナリオ集が刊行された。

2015年1月から、無料衛星放送では初めてTwellVにて毎週土曜13:45-15:45にハイビジョン・リマスター版で抜粋ではあるが放送。 また2016年3月からも放送が決定(BS12「泣いてたまるか」)。 地上波では2015年10月から千葉テレビ放送にて毎週水曜20:00-21:00に同様のハイビジョン・リマスター版を放送。こちらは渥美以外の主演回も放送する。

主な出演者[編集]

(毎回変わる。詳細は「作品一覧」を参照のこと)

天知茂イーデス・ハンソン京塚昌子黒柳徹子関敬六前田吟小松方正加藤剛笠置シヅ子左卜全左幸子市原悦子栗原小巻東野英治郎石橋蓮司藤山寛美田中邦衛渡辺篤名古屋章西田敏行吉行和子森川信藤田弓子宮本信子浜村純中村玉緒津坂匡章沢田雅美悠木千帆ミスター珍

作品一覧[編集]

外部リンク[編集]

TBS 日曜20時枠
前番組 番組名 次番組
FBIアメリカ連邦警察(第1シーズン)
(1965.12.5 - 1966.4.10)
泣いてたまるか
(1966.4.17 - 1968.3.31)
抜かれてたまるか
(1968.4.7 - 1968.9.29)