玉川勝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉川 勝太郎(たまがわ かつたろう)は、浪曲名跡

初代[編集]

玉川 勝太郎1881年3月10日 - 1926年6月24日)本名は鈴木鎌治郎。

東京府東京市本所区(現在の東京都墨田区)の生まれ。青木昇の弟子で、故あって青木勝太郎から玉川勝太郎となった。小音ながら新内調の節で、「越後伝吉」や「天保水滸伝」など侠客物を得意にし、「玉川勝太郎の浪花節を有するは実に東京の誇りなり」(樋口罔象もうしょう による賛辞)とまで讃えられる。向島言問に寄席「玉川亭」を経営するが失敗し、喉を痛めて千葉県市川に隠棲する。

主な弟子[編集]

2代目[編集]

玉川勝太郎(二代目)

二代目玉川勝太郎(1896年5月1日 - 1969年8月13日)本名は石渡金久。

東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)の生まれ。浪曲好きの父の影響で、17歳で初代に入門し玉川次郎、兄弟子の玉川太郎(のちの小金井太郎)とともに「玉川の両翼」と称される。一時「玉川教風」[1]を名乗り、1932年に2代目勝太郎を襲名。師匠譲りの関東節任侠物を磨き上げ、『清水次郎長伝』『国定忠治』などを十八番にした。

中でも『天保水滸伝』(正岡容作)の外題付け「♪ 利根の川風、袂に入れて…」の名調子は、レコードに吹き込まれて一世を風靡した。その長く尾をひいて歌う哀調の節は、勝太郎が自宅で飼っていたローラーカナリアの鳴き声にヒントを得て作られたものである[2][3]

1964年の帝国劇場で娘婿の福太郎に勝太郎を譲って「玉川勝翁」を名乗り引退、新作にも挑戦した。極度の近視、かつ巨躯で、数々の逸話がある。1969年に脳軟化症で死去。

妻は曲師で玉川花江。

主な弟子[編集]

3代目[編集]

三代目玉川勝太郎(1933年5月20日 - 2000年10月4日)本名は石渡栄太郎(2代目の娘婿)。

東京・日本橋生まれ。1947年わかの浦孤舟に入門し[4]、翌年2代目玉川勝太郎門下に移り、「桜丸」から初代福太郎を名乗る。1964年に3代目勝太郎を襲名し、玉川一門のお家芸とも言える任侠物を継承。浪曲不振の時代にあって、日本テレビ「お昼のワイドショー」にて市井の人物の半生を取り上げ浪曲化するコーナー「人間シリーズ」を担当するなど、現代性を足した持ち味であった。1989年文化庁芸術祭賞受賞。1994年には日本浪曲協会会長。2000年に肝臓癌で死去。

主な弟子[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「実録 浪曲史」によれば、頭を丸め、たすきを掛け、数珠を持った僧侶姿で「日蓮記」を読んでいたという。ラジオ初放送もその「日蓮記」であった。
  2. ^ 『独習で上達する浪曲の習い方』 広沢竜造編より
  3. ^ 『浪花節一代』 玉川勝太郎自身の一文より
  4. ^ 「実録 浪曲史」P.323