関沢新一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せきざわ しんいち
関沢 新一
生年月日 (1920-06-02) 1920年6月2日
没年月日 (1992-11-19) 1992年11月19日(72歳没)
出生地 京都府の旗京都府
死没地 東京都渋谷区南平台町
国籍 日本の旗 日本
職業 脚本家、作詞家、鉄道写真家、監督、漫画家
ジャンル テレビドラマ、映画
活動期間 1949年 - 1992年
配偶者 関沢政子(妻)
テンプレートを表示

関沢 新一(せきざわ しんいち、1920年6月2日 - 1992年11月19日)は、日本脚本家作詞家写真家

人物・来歴[編集]

京都府出身。脚本家として東宝の娯楽映画を多数執筆[1]。『モスラ』『キングコング対ゴジラ』などの特撮もの、『暗黒街の対決』『独立愚連隊西へ』『国際秘密警察 火薬の樽』などのアクションもので、軽快なテンポと洒落た台詞回しを活かした作品を世に出した。

東宝専属であったが、「動画映画のホンを書きたい」と会社側に熱望し、東映動画で2本の脚本を執筆している。 ゴジラ映画の脚本執筆は『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』までであるが、その後もプロットを提供し、「東宝チャンピオンまつり」を支えた。作詞家としても著名であり、第7回日本レコード大賞昭和40年)を受賞した美空ひばりの「」、ミリオンセラーを記録した都はるみの「涙の連絡船」など、今なお歌い継がれているものも多い。コロムビア以外の会社では「良池まもる」のペンネームを使用することもあった。日本電波映画では脚本は『アゴン』のみだが、『ジャングルプリンス』の原作や『坊主拳法』や『姿三四郎』などの日本電波映画作品の主題歌の作詞も手がけており、前述の「柔」も同名ドラマの主題歌である。

ウルトラシリーズ」などで知られる脚本家、金城哲夫の師匠でもある。

晩年は鉄道写真家としても活躍。鉄道模型の愛好家でもあり、線路が自宅の中を一周するHOゲージの大型レイアウトを製作、龍角散のCMでは本人とともに撮影されている。キネマ旬報社SLブーム時に創刊した雑誌『蒸気機関車』の初代編集長も務めている。

戦前の一時期、京都新聞漫画を連載していたこともあった。

渋谷で旅館を経営しており、その一室を自身の仕事部屋にしていた[2]

1992年11月19日午前10時に自宅で心筋梗塞のため死去。72歳没[3]

作風[編集]

テンポのよい掛け合いのような台詞回しは、「もともと関西出身ということもあり、漫才が根底になっている」と自ら述べている[要出典]。文芸部時代に脚本家と携わることが多かった東宝プロデューサーの田中文雄は、関沢について明るい人物であり、脚本もパーツ単位で組み替えられるカラッとした作りであったと証言している[4]。書籍『ゴジラ大全集』では、同時期に東宝特撮で活躍した馬淵薫(木村武)が「ネガ」であるのに対し、関沢は「ポジ」であると評している[1]

特技監督の中野昭慶は、関沢の脚本は社会問題を取り入れてもっともらしく作るのがうまかったと評している[2]。一方で、格闘シーンはト書きで「大格闘よろしく」と書いてあるのみだったと証言している[2]

主な作品[編集]

映画脚本[編集]

テレビ脚本[編集]

作詞[編集]

監督[編集]

著作[編集]

  • 『滅びゆく蒸気機関車―関沢新一写真集』正・続(さあ行こう俺たちの美しいやつ "LET'S START MY HANDSOME BOY!") ノーベル書房、1968、1969年
  • 『汽車がゆく、だから僕も… : ある機関車ファンの華麗な体験』 毎日新聞社、1969年
  • 『鉄道写真 花あるレールの記録』ノーベル書房、1969年
  • 『滊車―関沢新一写真集』1974年、世紀社出版

出演[編集]

CM[編集]

テレビ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 西亀元貞と共同。
  2. ^ 斯波一絵と共同。
  3. ^ 原作。脚本は福田純
  4. ^ 原作(福島正実と共同)。脚本は山浦弘靖、福田純。

出典[編集]

  1. ^ a b ゴジラ大全集 1994, p. 130, 「図説東宝特撮映画 CHAPT.1 脚本」
  2. ^ a b c 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, p. 96, 「東宝チャンピオンまつりスペシャルインタビュー 中野昭慶」
  3. ^ 「「柔」、「涙の連絡船」作詞」 読売新聞1992年11月21日朝刊31面
  4. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 74, 「ゴジラ復活までの道程 田中文雄」

参考文献[編集]

  • 桂千穂編著 『にっぽん脚本家クロニクル』 (対談「オバケ映画と言われても荒唐無稽が好きだった」を収録) ISBN 4882968010
  • 竹内博(編集)『東宝特撮怪獣映画大鑑』朝日ソノラマ、1989年。ISBN 4-257-03264-2
  • 田中文雄『神を放った男 映画製作者田中友幸とその時代』キネマ旬報社、1993年。ISBN 4-87376-070-4
  • テレビマガジン特別編集 誕生40周年記念 ゴジラ大全集』構成・執筆:岩畠寿明(エープロダクション)、赤井政尚、講談社、1994年9月1日。ISBN 4-06-178417-X
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2
  • 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』電撃ホビーマガジン編集部、KADOKAWAアスキー・メディアワークス)〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年11月29日。ISBN 978-4-04-866999-3

外部リンク[編集]