コンテンツにスキップ

常田富士男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ときた ふじお
常田 富士男
本名 常田 富士男
生年月日 (1937-01-30) 1937年1月30日
没年月日 (2018-07-18) 2018年7月18日(81歳没)
出生地 日本の旗 日本長野県下高井郡上木島村(現・木島平村
死没地 日本の旗 日本東京都
職業 俳優・声優、歌手、ナレーター
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台・アニメ
活動期間 1960年代 - 2018年
活動内容 1960年 劇団青年劇場結成
配偶者 あり
著名な家族 倉崎青児(息子)
主な作品
テレビドラマ
バス通り裏
源義経
五番目の刑事
高原へいらっしゃい
混浴露天風呂連続殺人シリーズ
バラエティー番組など
巨泉・前武のゲバゲバ90分!!
アテレコ
まんが日本昔ばなし
 
受賞
第4回日本アニメ大賞 声優部門特別演技賞
第30回モービル児童文化賞
テンプレートを表示

常田 富士男(ときた ふじお、1937年昭和12年〉1月30日[1] - 2018年平成30年〉7月18日[2])は、日本俳優声優歌手、ナレーター。本名同じ[1]。個性派の怪優として知られた。また歌手として、ビートルズを題材としたカルトGSのレコードも発表している。長男に俳優の倉崎青児がいる[3][4]

経歴

[編集]

長野県下高井郡上木島村(現・木島平村)で生まれ、定職を持たぬ父とともに東京浅草横浜静岡九州を転々とし[5]、小学3年時より熊本県阿蘇郡南小国町で育つ[6]。中学を卒業すると親元を離れ、熊本県立済々黌高等学校定時制に通う[5]

高校卒業後、上京して劇団民藝養成所へ入所[5]。養成所を出た後は、劇団員にならず、1960年米倉斉加年岡村春彦らと劇団青年劇場を結成[5]黒澤明監督作品『天国と地獄』(1963年)と『赤ひげ』(1965年)に出演。

バス通り裏』や『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』への出演で知られた。また、1970年には「私のビートルズ」を発表している[7]。同曲は深夜放送を中心としたラジオでもオンエアされた。1972年にはドラマ『木枯し紋次郎』にゲスト出演し、中村敦夫と共演している[8]。また1973年には映画『股旅』で萩原健一と共演した。

1975年から1994年までは『まんが日本昔ばなし』で語りとすべての登場人物の声を市原悦子と2人のみで長年に渡って演じた[注 1]

1977年、「まごころの政治」を掲げて保谷市長選に立候補し、中村敦夫らの応援を受けるが、革新統一候補である都丸哲也に敗れ落選した。

1986年、第4回日本アニメ大賞声優部門特別演技賞を受賞。1995年、第30回モービル児童文化賞を受賞。

2018年7月18日午後頃、脳内出血のため東京都内の病院で死去。81歳没。関係者によれば、亡くなる数か月前から入院療養していたとのことである[2][9]

市川崑に重用され、10本以上の作品に出演した。

雑記

[編集]

ムーンライダーズの曲「ニットキャップマン」に名前が登場する。

出演

[編集]

演劇

[編集]

テレビドラマ

[編集]

映画

[編集]

テレビアニメ

[編集]

劇場アニメ

[編集]

人形劇

[編集]

ディスコグラフィ

[編集]

シングル

[編集]
  • 私のビートルズ(1970年) - 「私のビートルズ」を発表している[7]
  • 2001年生まれのフランケンシュタイン 「おはよう!こどもショー」内
  • ゴリラの一郎 花とさけ 「ソング・オブ・カリキュラマシーン」所収(1974年)
  • トッピンからげて逃げられて(1983年)

アルバム

[編集]
  • 常田富士男 民話の世界(1997年、日本馬主連合会) - 朗読[13]

ラジオ

[編集]

バラエティ・情報番組

[編集]

鉄道車内放送

[編集]

CM

[編集]

テレビCM

[編集]

注記がないCMはすべてナレーションのみ。顔出し出演のCMも混在する。

ほか

ラジオCM

[編集]
  • トヨタ自動車
    • 「カローラ」(1976年)
  • 霊友会
    • 「常田富士男のいんなあ・とりっぷ ラジオエッセイ」(1992年)
  • 磯部ガーデン
    • 「ホテル磯部ガーデン」(1995年)
  • 塚本産業

備考

[編集]

常田は1990年にTBS系列で放送したスペシャル番組『プロ野球かわら版』(司会:上岡龍太郎)のコーナー、「嗚呼いにしえの名作珍プレー」でナレーションを務め、プロ野球選手(監督・コーチを含む)を下記などに例えた。同コーナーは昔ばなしのようなナレーション[注 7]となっていたため、常田がナレーションを務めたテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』(MBS / TBS系列)のオープニングテーマ、「にっぽん昔ばなし」も一部のシーンでBGMとして使用された[注 8]

常田の例え(※ナレーションより。一部選手は省略)

上記の他、敬遠球のホームランを「玉手箱」(柏原純一#プロ入り後を参照)、金玉に打球が当たった内野手を「曲芸師」、センターゴロを「[注 12]、間抜けなプレーを「トリプルプレー」、他球場で同じようなシーンが起こったことを「隣村」、打球を見失った外野手を横目に三塁ベースを蹴って本塁へ走る走者を「飛脚」と表現した。

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 復活を望む声が多かったため、2005年からはゴールデンタイムで再放送された。
  2. ^ 出演例:「つまった音の物語」(BGMに乗せて「」が付く単語(※納豆など)の発音を解説するコーナー)で語りを担当(顔出し出演)。
  3. ^ ドン松五郎という犬が電車内のマナーの悪い乗客たちに嘆き、最後は吠えて叱り飛ばすと言う内容。ちなみにドン松五郎が映る場面は映画のシネフィルムからの流用である。
  4. ^ リンナイ(同品の製造元)のテレビCMとして放映したことがあった(※ガス会社の社名を写すシーン(CM終盤)は茶碗に盛った白ごはんに差し替え))
  5. ^ 「越前昔ばなし」(アニメ)と「子供の頃の夢」(実写映像)の2編が制作された。
  6. ^ (※びわ湖放送滋賀県)でも当CMを放映したことがある)
  7. ^ (「むかーし、むかし」や「 - そうじゃ」などの語りがある。なお、VTR中にウォーレン・クロマティの映像があるが、このシーンは女性ナレーションが担当した(注:当番組では市原悦子はナレーションを務めてない))
  8. ^ (放送当時、一軍監督を務めていた各監督の現役時代に発生した珍プレーVTRのみ(※星野仙一、山本浩二(元祖ヘディング[野球 1])、野村克也(注:野村は西武在籍時。二塁への送球エラーと本盗のときの捕球ミスがそれに当たる(備考:二盗は前述のエラー、三盗はタッチセーフ(※エラーでははい)、本盗は野村の捕球ミス(野村とバッテリーを組んだ投手は森繁和[野球 2])。島田誠#プロ入り後も参照))
  9. ^ (※松沼博久門田博光を敬遠するシーン(西武VS南海西武ライオンズ球場)。1回表2アウト、ランナー二塁。0ストライク、3ボール)で緩い球をストライクゾーンに投げるシーンも映る)
  10. ^ (※挟殺プレーのこと)
  11. ^ (※ナレーションでは「年貢の取り立て役」と表現)
  12. ^ (※1987年6月16日に開催した中日VS阪神ナゴヤ球場)より(打者:鈴木孝政、中堅手:北村照文))[野球 5]。打者の鈴木は2023年に受けたインタビューで(このプレーが原因で)罰金(10万円)を払ったことを語り、「何を言われても仕方ない」と振り返った[野球 5]。鈴木はこのインタピューで「赤っ恥だった」とも語っている[野球 5]

出典

[編集]

本文

[編集]
  1. ^ a b 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、544頁。ISBN 4-415-00878-X 
  2. ^ a b 俳優・常田富士男さん死去 「まんが日本昔ばなし」」『熊本日日新聞』2018年7月19日。2018年7月19日閲覧。オリジナルの2018年7月19日時点におけるアーカイブ。
  3. ^ 倉崎 青児 -Seiji Kurasaki-”. S&Dプロダクション. 2014年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月19日閲覧。
  4. ^ 有明海に生きて 特設ページ”. イワプロ. 2023年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月19日閲覧。
  5. ^ a b c d 『シネマ個性派ランド』キネマ旬報社、1981年、177-179頁
  6. ^ 「晴れのち夢=俳優・常田富士男さん 郷愁かき立てる味わい深い語り [略歴]」『熊本日日新聞』2006年1月10日 朝刊
  7. ^ a b カルト歌謡カルタ【わ】常田富士男「私のビートルズ」”. 全日本歌謡センター. ジャパンミュージックネットワーク. 2023年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月19日閲覧。
  8. ^ 木枯し紋次郎(木枯し紋次郎(第1部)(1)、誤り…木枯らし紋次郎)”. テレビドラマデータベース. 2022年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月19日閲覧。
  9. ^ 俳優、常田富士男氏が死去 まんが日本昔ばなし」『産経新聞』2018年7月19日。2023年8月19日閲覧。オリジナルの2018年9月30日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ まえがみ太郎”. 日本アニメーション. 2023年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月29日閲覧。
  11. ^ ユニコ 魔法の島へ”. メディア芸術データベース. 2017年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月6日閲覧。
  12. ^ 天空の城ラピュタ”. 金曜ロードシネマクラブ. 日本テレビ放送網. 2016年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月4日閲覧。
  13. ^ 栗毛のおうま」と「義経の神馬」を朗読(※CDアルバム裏面より)。

珍プレー

[編集]
  1. ^ 実は宇野じゃない…山本浩二が「元祖ヘディング男」”. AERA dot.. 朝日新聞出版. p. 1 (2018年3月25日). 2023年9月15日閲覧。 “(※こちらも後楽園球場での出来事。山本のヘディング事件は1981年4月19日の巨人戦、宇野のヘディング事件は1981年8月26日の巨人戦であった)”
  2. ^ 1979年 1イニング3盗塁(サイクルスチール)達成”. ミューゼオ. 2023年9月15日閲覧。
  3. ^ a b 山口真司: “伝説の“宇野ヘディング”で星野仙一はなぜ激怒? 「賭け」に勝った後輩が明かす秘話”. Full-Count(フルカウント). Creative2. 2023年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月15日閲覧。
  4. ^ フルカウント編集部: “【畏敬の念を込めて。2013年に亡くなった戦士たち】激しさと優しさを兼ね揃えたアニマル・レスリーの生き様”. Full-Count(フルカウント). Creative2 (2013年12月7日). 2022年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月25日閲覧。
  5. ^ a b c 山口真司: “勝利投手の賞金を超えた罰金 前代未聞の珍プレー…闘将が激怒した“とぼとぼ走り””. FUll-Count(フルカウント). Creative2 (2023年5月9日). 2023年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月15日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]