宮本信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みやもと のぶこ
宮本 信子
宮本 信子
本名 池内 信子(旧姓:宮本)
生年月日 (1945-03-27) 1945年3月27日(77歳)
出生地 日本の旗 日本北海道小樽市[1]
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 157cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1963年 -
配偶者 伊丹十三(1969年 ‐ 1997年)[1]
著名な家族 池内万作(長男)
佐々木勝彦(再従兄)
事務所 東宝芸能
公式サイト https://miyamoto-nobuko.jp
主な作品
テレビドラマ
映画
舞台
『港町十三番地』
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
第11回『マルサの女
優秀主演女優賞
第8回『お葬式
第12回『マルサの女2
第14回『あげまん
第16回『ミンボーの女
第20回『スーパーの女
第21回『マルタイの女
優秀助演女優賞
第13回『あ・うん
第31回『眉山-びざん-
第35回『阪急電車 片道15分の奇跡
その他の賞
テンプレートを表示

宮本 信子(みやもと のぶこ、戸籍:池内 信子[2]、旧姓:宮本、1945年3月27日[1][3] - )は、日本女優歌手北海道小樽市生まれ[3]愛知県名古屋市育ち[4][5]愛知淑徳高等学校卒業[3][1]。夫は伊丹十三。長男は池内万作。所属事務所東宝芸能[2]1990年から)。俳優の佐々木勝彦は再従兄[注 1]

来歴[編集]

1963年、高校卒業後、文学座附属演劇研究所に入所[3][1]

1964年木村功が中心メンバーの劇団青俳に入団後にフリーとなる。

NHKドラマ「あしたの家族」(1965年1967年)で共演した俳優・伊丹十三と交際に発展、1969年1月に結婚[1]した。子どもが3歳頃よりおおよそ2年間、毎日自作の物語を作って聞かせていた[6]。子育てが一段落した1984年に夫の伊丹が監督した映画『お葬式』に主演してブレイク。以降の伊丹十三監督映画に全て出演、作品ごとに多彩で多様なキャラクターを演じ、国内の映画賞を多数受賞した。伊丹は「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」と、「お葬式」に起用したと述べている[7]

1997年の伊丹との死別を機にジャズシンガーとしての活動を開始。2005年2月にライヴ・アルバム『Jazz in Tokyo Live@Toranomon Nobuko Miyamoto』をリリースした[8]

伊丹の自殺以降は映画への出演を控えていたが(「映画館に入るのも恐くなった」という)、2007年に『眉山-びざん-』で実に10年ぶりの映画出演を果たす。

2011年、『阪急電車 片道15分の奇跡』で第36回報知映画賞助演女優賞を受賞[9]

2014年紫綬褒章受章[10]

人物[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • あしたの家族(1965年 - 1967年、NHK)- 看護師 役
  • 銭形平次(1967年、フジテレビ) - 早苗 役
  • 泣いてたまるか 第27話・第30話・第47話・第53話(1967年1月1日・22日・6月18日・9月3日、TBS) - 河村節子 役
  • われら弁護士(1968年2月2日 - 10月25日、日本テレビ) - 川口晴子 役
  • 三匹の侍 第5シリーズ 第20話「白い幻花」(1968年2月15日、フジテレビ) - 浪野 役
  • フジ三太郎(1968年10月6日 - 1969年3月30日、TBS) - フジビワ子 役(1話 - 26話まで)
  • 男はつらいよ 第18話(1969年1月30日、フジテレビ) - アケミ 役
  • 鬼平犯科帳 第56話「金太郎そば」(1970年10月27日、テレビ朝日・NET / 東宝) - お竹 役
  • おひかえあそばせ(1971年4月7日 - 9月22日、日本テレビ) - 池西梅子 役
  • 八州犯科帳 第3話「忘れな草に泣く女」(1974年、フジテレビ) - お加乃 役
  • 非情のライセンス 第2シリーズ 第3話「兇悪の序曲」(1974年10月17日、テレビ朝日) - 本多和子 役
  • 必殺からくり人・血風編 第1話「魔窟に潜む紅い風」(1976年10月29日、テレビ朝日) - お国 役
  • 特捜最前線 第5話「行方不明の愛」(1977年5月4日、テレビ朝日)
  • 熱中時代 第2シリーズ 第20話「北野先生お父さんになって」(1980年11月22日、日本テレビ) - 田中布美江 役
  • 森繁久彌のおやじは熟年 第2話(1981年3月26日、テレビ朝日) - 小谷信子 役
  • 連続テレビ小説(NHK)
    • 本日も晴天なり(1981年10月 - 1982年4月) - 桂木トシ江 役
    • まんてん 第25回 - 第49回(2002年10月28日 - 11月25日) - 花山百合子 役
    • どんど晴れ(2007年4月 - 9月) - 加賀美環 役
      • どんど晴れスペシャル「一本桜」(2011年4月24日) - 加賀美環 役
    • あまちゃん(2013年4月1日 - 9月28日) - 天野夏 役 ※ナレーションも兼任
    • ひよっこ(2017年4月3日 - 9月30日) - 牧野鈴子 役
      • ひよっこ2(2019年3月25日 - 28日) - 牧野鈴子 役
  • 北の国から 第4話・第17話(1981年10月30日・1982年2月5日、フジテレビ) - 本多好子 役
  • 悦子逆転(1982年8月2日 - 10月29日、東海テレビ・フジテレビ) - 主演・悦子 役
  • うちの子にかぎって…(1984年8月17日 - 9月21日、TBS) - 池田先生 役
  • 人間の証明(1993年1月8日、フジテレビ) - ヒロイン・八杉恭子 役
  • 風にむかってマイウェイ(1984年11月12日、TBS) - 吉野ミドリ 役
  • 芸者小春の華麗な冒険(1991年4月11日 - 6月20日、テレビ朝日) - 主演・小春 役
  • ゆっくりおダイエット(1994年6月13日 - 7月18日、NHK) - 主演・ひろ子 役
  • 花のれん(1995年1月1日、テレビ東京) - 主演・河島多加 役
  • 旅役者葵長五郎(1995年1月7日、テレビ朝日)
  • 食卓のある風景(1996年10月15日、日本テレビ) - 主演・優子 役
  • 大河ドラマ(NHK)
    • 毛利元就(1997年1月 - 12月) - 妙 役
    • 天地人(2009年1月4日 - 11月22日) - ナレーション
  • ゴミ事件弁護士 梅木桃子の六法全書(1997年2月28日、フジテレビ) - 主演・梅木桃子 役
  • 開局45周年記念 橋田壽賀子スペシャル テレビ、翔んだ(1998年3月16日、日本テレビ)
  • 飛んで火に入る春の嫁(1998年4月15日 - 6月24日、テレビ東京) - 主演・浅野妙子 役
  • さよなら五つのカプチーノ(1998年10月31日、NHK) - 遠藤道子 役[12]
  • 介護福祉士 哀しい嘘(2000年9月5日、日本テレビ) - 主演・桐生真知子 役
  • 火曜サスペンス劇場「考古学者 佐久間玲子」(日本テレビ) - 主演・佐久間玲子 役
    • 第1作(2001年10月23日)
    • 第2作(2002年6月18日)
    • 第3作(2003年11月4日)
  • 貴賓室の怪人(2002年2月5日、日本テレビ) - 船越麗子 役
  • 農家のヨメになりたい(2004年5月24日 - 6月21日、NHK総合) - 小野タマ 役
  • 火曜ドラマゴールデン「カリスマ占い師殺人鑑定」(2006年12月12日、日本テレビ) - 主演・すずこ 役
  • Dr.コトー診療所2006 最終話(2006年12月21日、フジテレビ) - 五島沙知子 役
  • 土曜ワイド劇場「春らん漫!花の京都・熟年探偵団!!」(2007年4月21日、テレビ朝日) - 主演・桜井さくら 役
  • JNN50周年記念ドラマ 天国で君に逢えたら (2009年9月24日、TBS) - 和田みずほ 役
  • 続・遠野物語(2010年12月21日、NHK) - 菊池セツ 役
  • 宮本信子 天才との日々(2012年2月23日、NHK BSプレミアム) - 主演・宮本信子 役
  • 私という運命について(2014年3月23日 - 4月20日、WOWOW) - 佐藤佐智子 役[13]
  • ここにある幸せ(2015年1月16日、NHK福岡) - 福子 役[14]
  • 坊っちゃん(2016年1月3日、フジテレビ) - 清 役
  • 奇跡の人(2016年4月24日 - 6月12日、NHK BSプレミアム) - 都倉風子 役[15]
  • 創立65周年記念スペシャルドラマ 氷の轍(2016年11月5日、朝日放送テレビ) - 兵藤千恵子 役[16]
  • 北斗 -ある殺人者の回心-(2017年3月25日 - 4月22日、WOWOW)- 近藤綾子 役
  • 許さないという暴力について考えろ(2017年12月26日、NHK) - 老婆 役
  • この世界の片隅に(2018年7月15日 - 9月16日、TBS) - 森田イト 役[17]
  • あの家に暮らす四人の女(2019年9月30日、テレビ東京)- 牧田鶴代 役[18][19]
  • 北海道発地域ドラマ 春の翼(2022年5月20日、NHK札幌放送局) - 三浦ハル 役

映画[編集]

舞台[編集]

  • 油屋おこん(1998年、京都南座)
  • うさぎ一座物語(1999年、大阪松竹座)
  • 雪やこんこん (1999年、こまつ座)
  • あげまん(2000年、中日劇場)
  • 紙屋町さくらホテル(2001年、新国立劇場)
  • おやすみの前に(2002年5月、PARCO劇場)
  • 港町十三番地(2003年3月 - 4月、芸術座)
  • 港町十三番地(2004年7月、梅田コマ劇場)
  • 眉山-びざん-(2007年、明治座)

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

  • 都会の二つの顔(1963年) ※ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞・芸術祭奨励賞
  • 鳥の名前の少年 あるいは、ある小惑星探査機の冒険(2011年12月24日) - ナレーション

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

  • ハウスジャワカレー(1970年) - 伊丹十三と共演
  • 味の素「マヨネーズDo」 - 伊丹十三と共演
  • ツムラ - 伊丹十三と共演
  • 納豆・金のつぶシリーズ(2000年 - 2002年)
  • 資生堂 プリオール - 原田美枝子と共演

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 父が佐々木の父である俳優の千秋実と従兄弟。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.67.
  2. ^ a b 宮本信子”. 東宝芸能オフィシャルサイト. 2022年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e プロフィール”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  4. ^ ひとりごと 宮本信子”. ZAKZAK. 2014年4月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月28日閲覧。
  5. ^ タンポポだより 「・・・紋別・ホワイトコンサート・・・」”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  6. ^ 長新太アンコール 伊丹十三「長さん賛」より
  7. ^ 伊丹『「お葬式」日記』287p
  8. ^ CD・DVD”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  9. ^ 宮本信子「新しい何か始まる予感」…第36回報知映画賞” (日本語). シネマ報知. 報知新聞社 (2011年11月29日). 2012年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月29日閲覧。
  10. ^ 「春の褒章 684人23団体」『読売新聞読売新聞社、2014年4月29日、東京朝刊、30面。
  11. ^ 「あまちゃん」ブームで評価を上げたイノッチの“受ける力””. 楽天WOMAN (2013年10月7日). 2014年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  12. ^ NHKドラマ館 さよなら五つのカプチーノ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  13. ^ 永作博美、女ざかりの10年を演じる 脚本読んで「泣きました」”. ORICON NEWS. 2022年2月19日閲覧。
  14. ^ 松田翔太、初のNHKドラマ主演決定! 宮本信子とラブラブに!?|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年2月19日閲覧。
  15. ^ 銀杏BOYZ ・峯田、連ドラ初主演 麻生久美子と13年ぶり共演”. ORICON STYLE (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  16. ^ 柴咲コウ、冬の釧路に20日間“缶詰め” ドラマ撮影で孤独と向き合う”. ORICON NEWS. 2022年2月19日閲覧。
  17. ^ “ドラマ「この世界の片隅に」追加キャストに二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月4日). https://natalie.mu/eiga/news/285004 2018年6月4日閲覧。 
  18. ^ ドラマスペシャル あの家に暮らす四人の女”. テレビ東京. 2019年10月1日閲覧。
  19. ^ “中谷美紀・吉岡里帆・永作博美・宮本信子が一つ屋根の下 ドラマSPで共演”. シネマトゥデイ. (2019年8月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110548 2019年10月1日閲覧。 
  20. ^ 丸刈りの役所広司主演『聯合艦隊司令長官 山本五十六』に超豪華キャスト続々決定!”. シネマトゥデイ. 2022年8月4日閲覧。
  21. ^ 岡田惠和×峯田和伸「いちごの唄」映画キャストに清原果耶、蒔田彩珠、岸井ゆきのなど”. ほんのひきだし (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  22. ^ 志村けん:菅田将暉と山田洋次監督作でW主演 永野芽郁、宮本信子も 松竹映画100周年記念作「キネマの神様」” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2022年2月19日閲覧。
  23. ^ 芦田愛菜&宮本信子、58歳差の親友に!『メタモルフォーゼの縁側』で再共演|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年2月19日閲覧。
  24. ^ "池田エライザ、田中圭×犬童一心監督「ハウ」に参加! 石田ゆり子がナレーションを担当". 映画.com. カカクコム. 31 May 2022. 2022年5月31日閲覧
  25. ^ 妻夫木聡『STAND BY ME』“大人のび太”続投 宮本信子がおばあちゃん役”. ORICON NEWS. オリコン (2020年7月27日). 2020年7月27日閲覧。
  26. ^ 是枝裕和「真実」日本語吹替版も公開決定、宮本信子、宮崎あおい、佐々木みゆが参加”. 映画ナタリー. 2019年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]