宮本信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやもと のぶこ
宮本 信子
本名 池内 信子(旧姓:宮本)
生年月日 (1945-03-27) 1945年3月27日(76歳)
出生地 日本の旗 日本北海道小樽市[1]
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 157cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1963年 -
配偶者 伊丹十三(1969 ‐ 1997年)[1]
著名な家族 池内万作(長男)
佐々木勝彦(再従兄)
事務所 東宝芸能
公式サイト https://miyamoto-nobuko.jp
主な作品
テレビドラマ
映画
舞台
『港町十三番地』
 
受賞
日本アカデミー賞
第8回 優秀主演女優賞
お葬式
第11回 最優秀主演女優賞
マルサの女
第12回 優秀主演女優賞
マルサの女2
第13回 優秀助演女優賞
あ・うん
第14回 優秀主演女優賞
あげまん
第16回 優秀主演女優賞
ミンボーの女
第20回 優秀主演女優賞
スーパーの女
第21回 優秀主演女優賞
マルタイの女
第31回 優秀助演女優賞
眉山-びざん-
第35回 優秀助演女優賞
阪急電車 片道15分の奇跡
その他の賞
テンプレートを表示
宮本信子

宮本 信子(みやもと のぶこ、戸籍:池内 信子[2]、旧姓:宮本、1945年3月27日[1][3] - )は、日本女優歌手北海道小樽市生まれ[3]愛知県名古屋市育ち[4][5]愛知淑徳高等学校卒業[3][1]。夫は伊丹十三。長男は池内万作。所属事務所東宝芸能[2]1990年から)。俳優の佐々木勝彦は再従兄(父が佐々木の父である俳優の千秋実と従兄弟)

来歴[編集]

1963年、高校卒業後、文学座附属演劇研究所に入所[3][1]

1964年木村功が中心メンバーの劇団青俳に入団後にフリーとなる。

映画『日本春歌考』での共演が縁で、1969年に伊丹と結婚[1]した。子どもが3歳頃よりおおよそ2年間、毎日自作の物語を作って聞かせていた[6]。子育てが一段落した1984年に夫がメガホンを取った『お葬式』に主演してブレイク(以降の伊丹作品には全て出演)。続く『マルサの女』で大ブレイク。作品ごとに多彩で多様なキャラクターを演じ、美人役からブサイク役までをこなす演技力で、国内の映画賞を多数受賞。

伊丹は「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」と、「お葬式」に起用したと述べている[7]

1997年の伊丹との死別を機にジャズシンガーとしての活動を開始。2005年2月にライヴ・アルバム『Jazz in Tokyo Live@Toranomon Nobuko Miyamoto』をリリースした[8]

伊丹の自殺以降は映画への出演を控えていたが(「映画館に入るのも恐くなった」という)、2007年に『眉山-びざん-』で実に10年ぶりの映画出演を果たす。

2011年、『阪急電車 片道15分の奇跡』で第36回報知映画賞助演女優賞を受賞[9]

2014年紫綬褒章受章[10]

人物[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系列[編集]

TBS系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 油屋おこん(1998年、京都南座)
  • うさぎ一座物語(1999年、大阪松竹座)
  • 雪やこんこん (1999年、こまつ座)
  • あげまん(2000年、中日劇場)
  • 紙屋町さくらホテル(2001年、新国立劇場)
  • おやすみの前に(2002年5月、PARCO劇場)
  • 港町十三番地(2003年3月 - 4月、芸術座)
  • 港町十三番地(2004年7月、梅田コマ劇場)
  • 眉山-びざん-(2007年、明治座)

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

  • 都会の二つの顔(1963年) ※ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞・芸術祭奨励賞
  • 鳥の名前の少年 あるいは、ある小惑星探査機の冒険(2011年12月24日) - ナレーション

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

  • ハウスジャワカレー(1970年) - 伊丹十三と共演
  • 味の素「マヨネーズDo」 - 伊丹十三と共演
  • ツムラ - 伊丹十三と共演
  • 納豆・金のつぶシリーズ(2000年 - 2002年)
  • 資生堂 プリオール - 原田美枝子と共演

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.67.
  2. ^ a b 宮本信子”. 東宝芸能オフィシャルサイト. 2014年4月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e プロフィール”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  4. ^ ひとりごと 宮本信子”. ZAKZAK. 2014年4月28日閲覧。
  5. ^ タンポポだより 「・・・紋別・ホワイトコンサート・・・」”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  6. ^ 長新太アンコール 伊丹十三「長さん賛」より
  7. ^ 伊丹『「お葬式」日記』287p
  8. ^ CD・DVD”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  9. ^ 宮本信子「新しい何か始まる予感」…第36回報知映画賞” (日本語). シネマ報知. 報知新聞社 (2011年11月29日). 2012年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月29日閲覧。
  10. ^ “紫綬褒章に羽生選手・宮本信子さん・玉三郎さん”. 読売新聞. (2014年4月28日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140427-OYT1T50118.html 2014年4月28日閲覧。 
  11. ^ 「あまちゃん」ブームで評価を上げたイノッチの“受ける力”アサ芸プラス、2013年10月7日
  12. ^ NHKドラマ館 さよなら五つのカプチーノ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  13. ^ 銀杏BOYZ ・峯田、連ドラ初主演 麻生久美子と13年ぶり共演”. ORICON STYLE (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  14. ^ “ドラマ「この世界の片隅に」追加キャストに二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月4日). https://natalie.mu/eiga/news/285004 2018年6月4日閲覧。 
  15. ^ ドラマスペシャル あの家に暮らす四人の女”. テレビ東京. 2019年10月1日閲覧。
  16. ^ “中谷美紀・吉岡里帆・永作博美・宮本信子が一つ屋根の下 ドラマSPで共演”. シネマトゥデイ. (2019年8月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110548 2019年10月1日閲覧。 
  17. ^ 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. 2016年9月7日閲覧。
  18. ^ 岡田惠和×峯田和伸「いちごの唄」映画キャストに清原果耶、蒔田彩珠、岸井ゆきのなど”. ほんのひきだし (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  19. ^ 妻夫木聡『STAND BY ME』“大人のび太”続投 宮本信子がおばあちゃん役”. ORICON NEWS. オリコン (2020年7月27日). 2020年7月27日閲覧。
  20. ^ 是枝裕和「真実」日本語吹替版も公開決定、宮本信子、宮崎あおい、佐々木みゆが参加”. 映画ナタリー. 2019年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]