中川晴之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかがわ はるのすけ
中川 晴之助
生年月日 (1931-01-02) 1931年1月2日
没年月日 (2018-11-25) 2018年11月25日(87歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府
職業 演出家、映画監督
ジャンル 特撮、テレビドラマ
活動期間 1961年 - 2018年
著名な家族 中川一政(父)
中川安奈(娘)
栗山民也(娘婿)
千田是也(叔父、岳父)
中川陽介(甥)
テンプレートを表示

中川 晴之助(なかがわ はるのすけ、1931年1月2日 - 2018年11月25日)は、東京放送(TBS、現・東京放送ホールディングス / TBSテレビ)演出部、映画部に所属した監督、テレビディレクター。

略歴[編集]

1955年(昭和30年)、東京放送の前身であるラジオ東京(KRT)に入社。1985年(昭和60年)、テレパックへ出向。晩年まで東京放送ホールディングス社友であった。

2018年11月25日に肺炎のため死去。87歳没[1]

エピソード[編集]

1966年(昭和41年)、1月より放映開始された円谷特技プロダクション制作の特撮テレビ番組『ウルトラQ』の、怪獣カネゴンが登場する話「カネゴンの繭(まゆ)」を監督。この話を含め、同番組では主に子供が主人公の3話を担当し、人間のエゴ偏見を無邪気でひたむきな子供の目線で寓話的に描いた[2]。『ウルトラQ』は全編が映画用の35mmフィルムで撮影されたが、「カネゴンの繭」ではTV用16mmフィルムのつもりでキャメラを回し続け、他の監督から「フィルム喰いのハルゴン」と渾名を付けられた[3]

この『ウルトラQ』に前後して、渥美清主演のテレビドラマ泣いてたまるか』第1話を監督している[4]

主な監督作品[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元TBS演出家 中川晴之助さん死去、87歳”. 毎日新聞 (2019年2月20日). 2019年2月20日閲覧。
  2. ^ この3作品には各々独自のテーマ音楽が新調されており、構成でも「育てよ!カメ」はシリーズ中唯一テロップが子供の落書き風の手書きだったり、「鳥を見た」はシリーズ中唯一エンドロールだったり、「カネゴンの繭」では唯一レギュラー出演者が1人も登場しないなど、共に異色作となっている。
  3. ^ 円谷プロダクション監修「本編撮影 撮影」『改訂増補版 全ウルトラマン特撮研究』勁文社、2000年10月10日、ISBN 4-7669-3560-8、98頁。
  4. ^ 『泣いてたまるか』はTBS日曜夜8時の番組であり、放送スタートは同夜7時の『ウルトラQ』において1966年4月10日に「カネゴンの繭」が放送された翌週の4月17日だった。
  5. ^ ファーストシーンから渥美清が殺人容疑の被告人という、これもシリーズ中異色のシリアスな法廷ドラマであり、それに合わせテーマ曲が深刻な調子の別アレンジになっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]