橋本忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はしもと しのぶ
橋本 忍
橋本 忍
キネマ旬報社『キネマ旬報』2月上旬号(1967)より
生年月日 (1918-04-18) 1918年4月18日
没年月日 (2018-07-19) 2018年7月19日(100歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神崎郡鶴居村(現・神崎郡市川町鶴居)
死没地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
職業 脚本家映画監督
配偶者 あり
著名な家族 橋本信吾(長男)
橋本綾(長女)
主な作品
映画
羅生門』 / 『生きる』 / 『七人の侍
真昼の暗黒』 / 『張込み』 / 『ゼロの焦点
切腹』 / 『霧の旗』 / 『白い巨塔
上意討ち 拝領妻始末』 / 『日本のいちばん長い日』 / 『現代任侠史
日本沈没
砂の器』 / 『八甲田山』 / 『八つ墓村
テレビドラマ
私は貝になりたい
 
受賞
ブルーリボン賞
脚本賞
1950年羅生門
1956年真昼の暗黒
1958年張込み』、『鰯雲
1962年切腹
1966年白い巨塔
その他の賞
キネマ旬報ベスト・テン
脚本賞
1958年隠し砦の三悪人』、『夜の鼓』、『張込み
1960年黒い画集 あるサラリーマンの証言』、『悪い奴ほどよく眠る
1966年白い巨塔
1967年上意討ち 拝領妻始末』、『日本のいちばん長い日
1974年砂の器
毎日映画コンクール
脚本賞
1952年生きる
1956年真昼の暗黒
1958年張込み』、『鰯雲』、『夜の鼓
1960年黒い画集 あるサラリーマンの証言』、『いろはにほへと
1966年白い巨塔
1974年砂の器
勲四等旭日小綬章1991年
テンプレートを表示

橋本 忍(はしもと しのぶ、1918年大正7年)4月18日[1] - 2018年平成30年)7月19日[2])は、日本脚本家映画監督兵庫県神崎郡鶴居村(現・神崎郡市川町鶴居)に生まれる[1]

脚本家の橋本信吾、橋本綾は実子。

経歴[編集]

家業は小料理屋で、芝居好きの父親から影響を受ける。大鉄教習所卒業後、国鉄に勤務[3]

1938年に応召、鳥取歩兵四十連隊に入隊(階級は一等兵)するも粟粒性結核に罹り、永久服役免除され療養生活に入る。1939年岡山県の療養所にて[4][5]、隣にいた兵士の読んでいた『日本映画』という映画の本を読み、シナリオに興味を持ち、隣の兵士に「日本で一番偉い脚本家は誰か」と訊ねたところ「伊丹万作」と返ってきたため、脚本家を志す。

1942年、療養所を退所して郷里に帰った後に執筆したシナリオ『山の兵隊』を伊丹本人に送ったところ、思いがけず返信があり、以降、姫路市の軍需会社に勤務しながら、伊丹の「唯一の脚本家としての弟子」としてシナリオの指導を受ける[1]1946年の伊丹死去の、翌年(1947年)の一周忌の折りに、伊丹夫人より佐伯清監督を紹介される[6]

1949年、サラリーマン生活のかたわら、芥川龍之介の短編小説『藪の中』を脚色した作品を書く。社用で上京した際に佐伯に渡していた脚本が、黒澤明の手に渡り映画化を打診される。黒澤から長編化するよう依頼され、芥川の短編小説『羅生門』も加えて加筆。最終的に黒澤が修正して完成させた脚本を基に、翌1950年に黒澤が演出した映画『羅生門』が公開され、橋本忍は脚本家としてデビューした。同作品はヴェネツィア国際映画祭グランプリを受賞するなど高い評価を受けた。1951年に退社して上京し専業脚本家となる[7]

以後、黒澤組のシナリオ集団の一人として、小国英雄とともに『生きる』、『七人の侍』などの脚本を共同で執筆する[1]。しかし、黒澤映画への参加は1960年の『悪い奴ほどよく眠る』で終わっており、あとはその10年後に『どですかでん』で1度だけ復帰する。その後、橋本は日本を代表する脚本家の一人として名声を高めることとなる。代表作に挙げられる『真昼の暗黒』、『張込み』、『ゼロの焦点』、『切腹』、『霧の旗』、『白い巨塔』、『上意討ち 拝領妻始末』、『日本のいちばん長い日』、『日本沈没』などの大作の脚本を次々と手がけ[1][8]、論理的で確固とした構成力が高い評価を得る。

1958年、KRT(現・TBS)の芸術祭参加ドラマ『私は貝になりたい』の脚本を手がける。上官の命令で、米兵捕虜を刺殺しそこなった二等兵が、戦犯として死刑に処せられる悲劇を描いたこのドラマは大好評となり、芸術祭賞を受賞した。翌1959年自身が監督して映画化し、監督デビューも果たす。しかし、作品中に登場する遺書が加藤哲太郎による『狂える戦犯死刑囚』のそれと酷似していたことから、加藤に原案者としてのクレジットを入れるよう要求されるも、橋本は『週刊朝日』からの引用であると主張し拒否、その上「このまゝ沈黙して呉れるなら十万円を出します。それは私のポケットマネーであって原作料ではない」と突き放したとされる。その後も加藤に連絡なく再放送が行われたことから、加藤は刑事告訴状東京地検に提出したが、起訴はされなかった[注釈 1]

1968年、『太平洋の地獄』執筆のため、米国ロサンゼルスに長期滞在。東京へ帰った4日後にソ連モスクワで開催された映画同盟とのシンポジウムに参加。

1973年、それまで配給会社主導で行われていた映画制作の新しい可能性に挑戦するため、「橋本プロダクション」を設立、松竹野村芳太郎東宝森谷司郎、TBSの大山勝美などが参加し、映画界に新風を吹き込む。1974年に第1作として山田洋次との共同脚本で『砂の器』を製作、原作者の松本清張に原作を上回る出来と言わしめる傑作で、興行的にも大成功をおさめ、その年の映画賞を総なめにした。

続いて1977年に、森谷司郎監督、高倉健主演で『八甲田山』を発表し、当時の配給記録新記録を打ち立てる大ヒットとなった。わずか3ヵ月後に松竹で公開された『八つ墓村』(脚本担当)もこれに迫る数字をはじき出し、この年の橋本はまさに空前絶後の大ヒットメーカーぶりを示す[8]。 数年前の『日本沈没』をあわせて、日本映画史上高額配収ランキング上位に橋本作品がずらりと並ぶという壮観を呈することになる(ちなみに、その殆どが田中友幸プロデュース作品であった)。『八つ墓村』は、この当時人気だった東宝╱角川春樹事務所金田一耕助シリーズ(監督:市川崑、主演:石坂浩二)が綿密に構成された「合理的な謎解き」を前面に出していたのに対して、オカルティズム色を強く出した作品となった。 以後、1980年代まで脚本執筆、映画制作と精力的に活動した。

しかし1982年、脚本だけでなく製作、原作、監督もこなした東宝創立50周年記念映画『幻の湖』が、わずか1週間で興行打ち切りという憂き目にあう[8]。その後も2本の脚本を書いたが、体調不良もあり、以後は事実上引退した状態が続いた。しかし体調回復に伴い、2006年に黒澤明との関係を語った著書『複眼の映像 私と黒澤明』を発表した。そして、2008年中居正広主演でリメイクされることになった劇場版『私は貝になりたい』で、自らの脚本をリライトした[8]2000年、故郷である兵庫県市川町に「橋本忍記念館」がオープンした。

2018年7月19日9時26分、肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去[9]。100歳没。

米国の映画芸術科学アカデミーは、2019年開催の第91回アカデミー賞において、逝去した映画人を悼む“In Memoriam”(イン・メモリアム)のコーナーで、橋本を追悼した[10][11][12]

脚本の完成度の高さ、そのスタンスから同業者に最も尊敬されている脚本家の一人であり、その影響は日本にとどまらず、世界中の製作者にも影響を与えている。

人物[編集]

暗い部屋で長年作業をしていたため、強い光に当たると眩暈がする職業病を持ち、番組出演でも配慮される。「漢字が混ざるとイメージが固定されるので」と、単独執筆の場合、脚本はすべてカナタイプ[注釈 2]を使用して、片仮名でタイプしていた。このため現場のスタッフは脚本を読むのが大変だったという[13]

競輪ファンとして有名で、昭和40年代頃から50年代にかけては特別競輪決勝のTV中継にゲストとしてたびたび姿を見せており[14]寺内大吉と共に『論客』として競輪界への提言や出版物への寄稿なども行っていた。

その他[編集]

黒澤映画に三船敏郎が出演しなくなったことについて、最後となった『赤ひげ』が直接の原因ではなく、そういうことにならないといけない事情が、それ以前から積み重なっていたと思うと語った。具体例として、『蜘蛛巣城』撮影のエピソードをあげている。加えて黒澤映画は撮影期間が長く、その間、別な仕事をすれば数本分のギャラが入るから、黒澤明自身もそのことをよくわかっていたと語った。結果として両者の関係が『赤ひげ』で最後になったことは、二人にとっても不幸であったと語っている[15]

受賞[編集]

映画[編集]

脚本作品[編集]

村井淳志『脚本家・橋本忍の世界』(2005 集英社新書)の巻末に、共同脚本家名・シナリオ掲載誌・LD/VHS/DVD化の有無を含めた詳細な作品リストがある

監督作品[編集]

その他の映像作品[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • 私は貝になりたい(現代社、1959年)
  • 悪の紋章(朝日新聞社、1963年 / のち講談社ロマン・ブックス)
  • 独裁者のラブレター(講談社、1969年 / のちロマン・ブックス)
  • 映画「八甲田山」の世界(映人社、1977年)
  • 幻の湖(集英社、1980年 / のち集英社文庫)
  • 戦国鉄砲商人伝(集英社文庫、1988年)
  • 橋本忍 人とシナリオ(シナリオ作家協会、1994年)
  • 複眼の映像-私と黒澤明-(文藝春秋、2006年 / 文春文庫 2010年)
  • 私は貝になりたい(朝日文庫、2008年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現存する1958年版ドラマのVTRには、原作者として橋本と共に加藤の名もクレジットされている。なお1959年、橋本自身のメガホンにより映画化された際には、当初から加藤の名もクレジットされていた(私は貝になりたい#裁判も参照)。
  2. ^ 活字を拾う和文タイプライターではなく、欧文タイプライターの活字をカタカナとし、1キーの打鍵で1文字打てるようにしたもの。手書きよりも速いうえ、耳で聞いてわかる文章(口語)にしやすい利点があった。同業の依田義賢も活用したという(梅棹忠夫『知的生産の技術』岩波新書、137頁)。
  3. ^ 監督は中川晴之助。 同シリーズ中唯一の脚本担当回で、渥美清がシリアスな役を演じた法廷ドラマ

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, p. 541, 「特撮映画スタッフ名鑑」
  2. ^ 橋本忍さんが死去 脚本家、黒沢監督の「羅生門」など 日本経済新聞 2018/7/20 2:00
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報[要文献特定詳細情報]
  4. ^ 読売新聞 2017年3月24日 夕刊9面 「レジェンド」 脚本家 橋本忍 ひたすら書く 忍耐の黒子(武田裕芸)
  5. ^ 橋本忍「第1章 『羅生門』の生誕 傷痍軍人療養所の戦友」 『複眼の映像-私と黒澤明-』文藝春秋、2006年6月25日、12頁。ISBN 4-16-367500-0 
  6. ^ 伊丹への師事の経位については『複眼の映像』より[要ページ番号]
  7. ^ 『羅生門』執筆の経緯については『複眼の映像』より[要ページ番号]
  8. ^ a b c d 「『日本沈没』資料館」 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日、166頁。ISBN 978-4-86491-013-2 
  9. ^ 脚本家の橋本忍さん死去 「七人の侍」黒澤8作品に参加 - 朝日新聞デジタル 2018年7月20日
  10. ^ 編集部・市川遥 (2019年2月25日). “アカデミー賞で高畑勲監督、橋本忍さん追悼”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 2019年3月10日閲覧。
  11. ^ Ryo Uchida (2019年2月25日). “【第91回アカデミー賞】注目すべき5つの瞬間、司会者不在は意外と好評!…映画人を追悼する“In Memoriam” 今年は高畑勲監督、脚本家の橋本忍さんら”. シネマカフェ. 株式会社イード. 2019年3月15日閲覧。
  12. ^ 外部リンクに映像
  13. ^ 川北紘一 著「第5章 パニック映画大ブーム 『日本沈没』『ゴジラ対メカゴジラ』『ノストラダムスの大予言』」、武富元太郎・小沢涼子(映画秘宝編集部) 編 『特撮魂 東宝特撮奮戦記』洋泉社、2010年1月22日、102-103頁。ISBN 978-4-86248-515-1 
  14. ^ 月刊競輪 井上和巳のバンクのつぶやき
  15. ^ 松田美智子「三船敏郎の栄光とその破滅」(月刊文藝春秋 2013年11月号) より、改訂され『サムライ 評伝三船敏郎』(文藝春秋、2014年)[要ページ番号]
  16. ^ 「長年の苦労報われて… 喜びの秋の叙勲受章者(都内関係、敬称略)」『読売新聞』1991年11月3日朝刊
  17. ^ ドラマ ナタを追え - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

参考文献[編集]

外部リンク[編集]