暴行 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
暴行
The Outrage
監督 マーティン・リット
脚本 マイケル・カニン
原作 芥川龍之介
マイケル・カニン(原作戯曲)
フェイ・カニン(原作戯曲)
黒澤明(オリジナル脚本)
橋本忍[1](オリジナル脚本)
製作 A・ロナルド・ルービン
マーティン・リット[1]
出演者 ポール・ニューマン
エドワード・G・ロビンソン
クレア・ブルーム
音楽 アレックス・ノース
撮影 ジェームズ・ウォン・ハウ
編集 フランク・サンティロ
製作会社 MGM
マーティン・リット・プロダクションズ
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年10月8日
日本の旗 1964年12月26日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

暴行』(ぼうこう、The Outrage)は、1964年製作のアメリカ映画である。黒澤明監督の『羅生門』を忠実に翻案し、アメリカ西部を舞台に展開するミステリアスな人間ドラマである。『長く熱い夜』、『ボクサー』などのマーティン・リット監督の異色作。

マイケルフェイのカニン夫妻による『羅生門』を舞台化した脚本[2]をもとに、マイケル・カニンが脚本を執筆した。

あらすじ[編集]

南西部のとある鉱山町の駅で、牧師とペテン師と探鉱者の3人が昨日の町であったある事件の裁判について語り出す。その事件とは、無法者として悪名高いフアン・カラスコが南部の名士であるウェイクフィールド大佐を刺し殺し、その妻ニナを犯したというものだった。

裁判において、カラスコは決闘の上での殺害であったと述べる。一方、ニナは不甲斐ない夫を自分が刺したと告白する。そして大佐は、シャーマンである老インディアンを通じ、自ら命を絶ったのだと主張する。三者の言い分はそれぞれ大きく異なるものであった。

最後に、実は事件を目撃していたという探鉱者が語り始める。しかしその内容は、さらにいずれの証言とも異なるものであった。

キャスト[編集]

備考[編集]

1959年にブロードウェイで上演された原作舞台劇には、クレア・ブルームが映画で演じた役に相当する役で出演している他、山賊役にロッド・スタイガー、その他にオスカー・ホモルカエイキム・タミロフなどが出演している[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b クレジットなし。The Outrage (1964) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年5月16日閲覧。
  2. ^ a b Rashomon” (英語). IBDB. 2013年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]