五社英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ごしゃ ひでお
五社 英雄
本名 五社 英雄 (ごしゃ えいゆう)
生年月日 (1929-02-26) 1929年2月26日
没年月日 (1992-08-30) 1992年8月30日(満63歳没)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督脚本家
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1959年 - 1992年
主な作品
映画
三匹の侍』/『御用金』/『人斬り
雲霧仁左衛門』/『闇の狩人
鬼龍院花子の生涯
極道の妻たち』/『吉原炎上
テレビドラマ
トップ屋』/『三匹の侍
雪之丞変化』/『新三匹の侍

五社 英雄(ごしゃ ひでお、1929年2月26日 - 1992年8月30日)は、東京都出身の映画監督脚本家。本名読み:ごしゃ えいゆう。明治大学商学部卒業。

ニッポン放送プロデューサー、フジテレビ映画部長、五社プロダクション社長を務めた。

人物・来歴[編集]

テレビドラマ『刑事』や『ジキルとハイド』ではプロデュースも担当。原作・脚本・監督をこなす映画監督でもあった。『ひらけ!ポンキッキ』の企画にも携わっており、企画書を提出した。『三匹の侍』は放送後に映画化され、続編も作られるほどの人気作となった。

テレビ出身の映画監督の先駆けとして活動していくが[1]夏八木勲主演に据えた西部劇タッチのアクション時代劇映画牙狼之介』と『牙狼之介 地獄斬り』では[2]、斬られた時の効果音の開発や鉄身を使って刃引きはしてあるものの重量は真剣と同じものを使用[1]。夏八木は「鉄身は『パシャーン』といい音がして、火花が散ることもあった」と証言しており、それまでの様式美的な殺陣とは対極的なリアル感を表現していく[1]

1980年に銃刀法違反の容疑で逮捕され、フジテレビを依願退職。オファーされていた映画『魔界転生』の監督もなくなり[3]、妻にも逃げられた[4]。生活していくため「五社亭」という店名の飲み屋の開店の準備をしていたが、それを見かねた岡田茂佐藤正之の尽力により映画界に復帰した[5][6][7]。活動再開第1作が『鬼龍院花子の生涯』である。

『鬼龍院花子』『陽暉楼』『』は、宮尾登美子とのコンビ作品で「高知三部作」と呼ばれた。

1985年、五社プロダクションを設立。

映画『世界最強のカラテ キョクシン』(1985年、極真映画製作委員会)の総監修や、映画『陽炎II KAGERO』(1996年、松竹・バンダイビジュアル)の脚本監修も手がけていた。後年、二代目彫芳の手により刺青を全身に彫ったことを娘に明かした。安藤昇とは親友。

1992年8月30日呼吸不全のため死去。『新三匹の侍』の企画段階で、五社自ら安藤をレギュラーに推薦して起用した。

根強いファンに支えられながらも映画賞には縁が薄く、キネマ旬報ベストテンには一度も入賞しなかった。

また、『陽暉楼』では日本アカデミー賞において、監督・脚本・主演男優・助演男優・助演女優の主要5部門で最優秀賞を独占しながら、作品部門では優秀賞(上位5作品)に漏れるという珍記録を作っている。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

※記載がないものはフジテレビで放送。

映画[編集]

監督

※は脚本を兼務

原案・脚本
  • 陽炎2(1996年、バンダイ / 松竹) ☆脚本監修

その他[編集]

作詞
テレビ時代劇『新三匹の侍』(1970年、フジテレビ・松竹制作)主題歌。

参考文献[編集]

  • 『さよならだけが人生さ - 五社英雄という生き方』五社巴 ASIN 4062063611

脚注[編集]

  1. ^ a b c 春日太一「夏八木勲さん 五社監督と「刀を当てる」殺陣の流儀を貫いた」、『週刊ポスト』2013年4月26日号、NEWSポストセブン、2013年5月13日2013年7月14日閲覧。
  2. ^ あの人に会いたい File No.369 夏八木勲(なつやぎ いさお)1939~2013. 2013年10月12日放送. 2013年10月13日閲覧。
  3. ^ 「あなたは魔界を信じますか? 角川春樹 山田風太郎 特別対談」、『パンフレット魔界転生』、角川映画東映1981年6月6日、 23頁。
  4. ^ "女優 夏目雅子 笑顔に秘められた執念". 邦画を彩った女優たち. 2013年4月18日放送.
  5. ^ キネマ旬報』2011年7月上旬号、p62-63
  6. ^ 山口猛(編)『映画美術とは何か:美術監督・西岡善信と巨匠たちとの仕事』平凡社、2000年、p221
  7. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 文化通信社、2012年、p172-181
  8. ^ 当時はフジテレビの映画部長と言う立場にあり、ライバル局の日本テレビでドラマの演出をする事はなかった。とは言え、放送局のディレクターが劇画作品に原作者として携わる事は、当時としてはまだ珍しかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]