神崎郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兵庫県神崎郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)
1.市川町 2.福崎町 3.神河町

神崎郡(かんざきぐん)は、兵庫県播磨国)の

人口40,633人、面積330.69km²、人口密度123人/km²。(2021年10月1日、推計人口

以下の3町を含む。

郡域[編集]

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記3町のほか、下記の区域にあたる。

  • 姫路市の一部(香寺町各町・豊富町各町・山田町各町・船津町・砥堀・仁豊野)
  • 朝来市の一部(生野町栃原・生野町川尻)

歴史[編集]

神崎郡(第1次)[編集]

古代の神崎郡が市川を境に神東郡神西郡に分割された。

神崎郡(第2次)[編集]

1.大山村 2.粟賀村 3.川辺村 4.瀬加村 5.田原村 6.八千種村 7.船津村 8.山田村 9.豊富村 10.砥堀村 11.香呂村 12.中寺村 13.福崎村 14.甘地村 15.鶴居村 16.寺前村 17.長谷村 18.越知谷村(紫:姫路市 黄:朝来市 桃:福崎町 赤:市川町 橙:神河町)

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年以前 旧郡 明治29年4月1日 明治29年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
神西郡 長谷村 長谷村 長谷村 昭和30年3月31日
大河内町
昭和32年4月1日
朝来郡生野町に編入
平成17年4月1日
朝来市の一部
朝来市

大河内町 平成17年11月7日
神河町
神河町
寺前村 寺前村 寺前村
多可郡 越知谷村 越知谷村 越知谷村 昭和30年3月31日
神崎町
神東郡 大山村 大山村 大山村
粟賀村 粟賀村 粟賀村
川辺村 川辺村 川辺村 昭和30年7月25日
市川町
市川町 市川町
瀬加村 瀬加村 瀬加村
神西郡 甘地村 甘地村 甘地村
鶴居村 鶴居村 鶴居村
福崎村 大正14年12月1日
町制
福崎町 昭和31年5月3日
福崎町
福崎町 福崎町
神東郡 田原村 田原村 田原村
八千種村 八千種村 八千種村
砥堀村 昭和8年4月1日
姫路市に編入
昭和21年3月1日
姫路市の一部
姫路市 姫路市 姫路市
山田村 山田村 山田村 昭和31年4月3日
神南町
昭和33年1月1日
姫路市に編入
船津村 船津村 船津村
豊富村 豊富村 豊富村
神西郡 香呂村 香呂村 昭和29年3月31日
香寺町
香寺町 平成18年3月27日
姫路市に編入
中寺村 中寺村

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治29年(1896年)4月1日
郡山軍助 明治41年(1908年)10月21日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典』28 兵庫県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1988年9月1日。ISBN 4040012801

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- (不明) (第1次)
次代:
神東郡神西郡
先代:
神東郡・神西郡
行政区の変遷
1896年 - (第2次)
次代:
(現存)