福澤克雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福澤 克雄(ふくざわ かつお、1964年(昭和39年)1月17日[1] - 、53歳)は、TBSテレビ・制作1部所属のテレビドラマディレクター演出家映画監督。元・ラグビー選手。

人物[編集]

東京都生まれ。福澤諭吉玄孫である[2][3]。諭吉の次男・福澤捨次郎時事新報社長)を曾祖父、福澤時太郎を祖父とし、時太郎の子である福澤和子の子である。叔父に和子の弟の福澤武三菱地所会長)、親族に福澤幸雄(レーサー)などがいる。幼稚舎から大学まで慶應義塾で過ごした。慶應義塾大学法学部卒業[4]

2003年(平成15年度)、『さとうきび畑の唄』で文化庁芸術祭大賞(テレビ部門)を受賞した[5]

2013年(平成25年度)、『半沢直樹』の演出で東京ドラマアウォード2014で監督賞、作品賞グランプリ、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞[6]

2015年(平成27年度)、『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』で文化庁芸術祭優秀賞(テレビ部門)を受賞。

2016年、『下町ロケット』で第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞[7]

ドラえもんの「ジャイアン」にちなんだ「ジャイさん」が愛称[1]

来歴・略歴[編集]

学生時代まではラグビーの有名選手であった。慶應義塾幼稚舎(小学校)から始め、その後慶應義塾普通部(中学校)、慶應義塾高等学校慶應義塾大学と一貫して続けた[2]。特に、慶應義塾高等学校蹴球部(高校ラグビー部)在籍時は、ラグビー高校日本代表にも選ばれた。

慶應義塾體育會蹴球部(大学ラグビー部)在籍中は上田昭夫監督の下、1985年全国大学ラグビーフットボール選手権大会で優勝、同年の大学日本一と社会人日本一が対戦し、真のラグビー日本一を決める日本ラグビーフットボール選手権大会においてはトヨタ自動車(現在チーム名・トヨタ自動車ヴェルブリッツ)を破り 慶應史上初のラグビー日本一に輝いた。

また個人としては、大学時代に関東代表、学生日本代表、日本代表A(23歳以下日本代表)にも選ばれ、また190cm100kgと日本人離れした体格を持っていた。

大学卒業後は富士フイルムに入社するも、映画・テレビドラマに関わりたいという夢を捨てきれず、1989年東京放送TBSテレビ)に中途採用[4]。入社早々、ドラマ部に配属され『3年B組金八先生』シリーズ、『砂の器』、『さとうきび畑の唄』、『華麗なる一族』など、数多くのテレビドラマの演出を手掛ける[8]。特に『3年B組金八先生』では、第5シリーズから第7シリーズまで35本の演出を手掛け「金八」人気の再燃に貢献した。

日経エンタテインメント!』の調査によると 2007年現在、福澤は日本で最も視聴率を獲得するドラマディレクターとされている。特に自ら原作権を獲得して、企画した[要出典]『半沢直樹』が平成ドラマ1位の視聴率を獲得し、社会現象を起こした。

2005年に、2006年1月に東宝系の劇場で公開予定だった映画『涙そうそう』の監督を担当していたが、撮影中に病気で倒れて入院し降板した[9][10]。これにより制作が延期された。結局、監督を土井裕泰に代えて制作を再開、2006年9月30日に映画は公開された(涙そうそうプロジェクトを参考)。

2008年11月22日劇場公開の映画『私は貝になりたい』で監督を務める。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b TBS ドラマ 『 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 』|本日のジャイさん vol.01, 2009年5月21日
  2. ^ a b 『半沢直樹』成功要因に福澤諭吉・玄孫の大胆かつ繊細演出も, 週刊ポスト2013年8月9日号
  3. ^ 最高視聴率を更新したドラマ「半沢直樹」 4つの見どころ (2) 人民日報 2013年8月5日
  4. ^ a b 監督も想定外!「半沢直樹」メガヒットの裏側 なぜ、銀行ドラマが視聴率30%を叩き出せたのか?、『東洋経済オンライン』 2013年8月12日
  5. ^ 平成15年度(第58回)芸術祭賞一覧, 文化庁
  6. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.47』、角川マガジンズ、 3-10頁。
  7. ^ 第87回ドラマアカデミー賞”. webザテレビジョン. KADOKAWA. 2016年1月10日閲覧。
  8. ^ 【ヒットで振り返る2007年:テレビ編】視聴者の“二極化”に対応できた番組がヒットした、『日経トレンディネット』 2007年12月25日
  9. ^ 黒田昭彦,速報!ドラマ情報2005年 9月号 映画版難航でTBS「涙そうそう」, All About
  10. ^ 前田有一, 『涙そうそう』55点(100点満点中)