Jupiter (平原綾香の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jupiter
平原綾香シングル
初出アルバム『ODYSSEY
B面 蘇州夜曲
リリース
規格 マキシシングル
音楽配信
録音 2003年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ドリーミュージック
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2004年2月度月間1位(オリコン)
  • 2004年度年間3位(オリコン)
  • 平原綾香 シングル 年表
    Jupiter
    (2003年)
    明日
    2004年
    テンプレートを表示

    Jupiter」(ジュピター)は、2003年12月17日に発売された日本の歌手平原綾香の最初のシングルであり、デビュー曲名である。発売元はドリーミュージック

    解説[編集]

    • グスターヴ・ホルストの「木星」(管弦楽組曲『惑星』の第4曲)の主題の1つをモチーフにして吉元由美が詞を付けたものである。当初はノンタイアップだったが、その後はさまざまなテレビ番組やドラマ、CMの挿入歌などに使われる。
    • CDデビューにあたって、ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを提案したのは平原自身である。また、歌詞の一部には、平原綾香自らが書いた言葉“私の両手で何ができるの?”“ありのままでずっと愛されている”“いつまでも歌うわあなたのために”などが織り込まれている。
    • また、この歌詞はフジテレビで放映された「ザ・ノンフィクション『短い命を刻む少女:アシュリーの生き方』」[1]に影響をうけている。
    • 新潟県中越地震の際、被災者を勇気付ける応援歌として新潟県内のラジオ局で多くリクエストされた。また、被災翌年の2005年より長岡まつり大花火大会で打ち上げられている復興祈願花火『フェニックス』ではこの曲がBGMとして使われている。ただしこの曲は約6分だが『フェニックス』の打ち上げ時間に合わせて約3分に短縮されている。2005年8月3日(花火大会2日目)には平原自身が来場し、花火大会に先立ってこの曲をライブで歌った。また2011年の東日本大震災直後にも、「FNS音楽特別番組」での歌唱など、リクエストの多い曲となった。
    • 2006年5月28日シングルCDの出荷枚数が100万枚を突破し、着うた等のダウンロード件数は160万件を突破するなどロングセラーとなっている。オリコン週間チャートで1位を獲得せずにデビュー曲がミリオン突破したのは、倉木麻衣の「Love, Day After Tomorrow」以来7年ぶりの記録となった。
    • 2007年12月31日に行われた第58回NHK紅白歌合戦では、長岡市山古志地区からの中継を交え、「Jupiter」のアレンジバージョンを歌った。
    • この曲のプロモーションビデオは、平原が当時在学していた洗足学園音楽大学川崎市)の前田ホールで撮影された。
    • 2016年8月6日川崎市等々力陸上競技場で行われたJリーグ川崎フロンターレの試合では、宇宙関連企画としてハーフタイムに、この曲が本人によりスタジアムのトラック上で歌われた。

    収録曲[編集]

    1. Jupiter
      作詞:吉元由美/作曲:G. Holst/編曲:坂本昌之
    2. 蘇州夜曲
      作詞:西條八十/作曲:服部良一/編曲:小林信吾

    採用実績[編集]

    • 公共広告機構(現:ACジャパン)「臨時キャンペーン・災害支援『できること』篇」CMソング(2005年)
    • 3年B組金八先生(第7シリーズ・2004 - 2005年)(TBS
    • もしもツアーズ(フジテレビ)
    • 地球45億年の奇跡II フードプラネット 食べる惑星(2005年2月21日 - 24日)
    • 復興祈願花火『フェニックス』のBGM(新潟県長岡市『長岡まつり大花火大会』、2005年-)
    • ZERO特別版 NNN総力取材! だれもひとりじゃないスペシャル(日本テレビ)(2006年12月28日)※本人が生出演で歌った。
    • 仙台放送 - デジタル放送用のオープニング
    • tvk「sakusaku」エンディングテーマ(2004年1月度)
    • テレビ東京系「地球VOCE」テーマソング(2011年5月)

    カヴァー[編集]

    Jupiter

    関連項目[編集]