福澤武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福澤 武(ふくざわ たけし、1932年9月4日 - )は、日本の実業家三菱地所名誉顧問。元社長、会長等を歴任。日本国際フォーラム顧問。交詢社副理事長。福澤諭吉曾孫

人物[編集]

東京都出身。諭吉の次男・福澤捨次郎時事新報社長)を祖父、捨次郎の子・福澤時太郎の次男として生まれる[1]。小学校5年のとき肺結核を患い[2]慶應幼稚舎を卒業後は療養生活に入ったため、中学・高校へは行けなかった[3]。23歳の時に病状が少しずつ快方に向かい、独学で大検を取り慶應義塾大学法学部に入学[4]。1961年に同大学を卒業し、三菱地所入社[5]。長く営業部門を歩みさまざまな実績を残す。1994年からは同社代表取締役社長を務め、2001年に同社代表取締役会長、2007年からは同社取締役相談役を務めている。

就職活動時は、結核の既往症があるだけで入社試験でハネられていたが[6]、三菱地所は結核歴についてや新卒入社時に28歳であるということを全く問うことはなく、他の入社試験が全滅だっただけに、同社から内定の電話がかかってきたときは本当にうれしかったと回想している[7]

経歴[編集]

  • 1932年 東京都出身
  • 1961年 慶應義塾大学法学部卒業、三菱地所株式会社 入社
  • 1994年 三菱地所株式会社 代表取締役社長
  • 2001年 三菱地所株式会社 代表取締役会長
  • 2007年 三菱地所株式会社 取締役相談役
  • 2015年 三菱地所株式会社 名誉顧問

受賞歴[編集]

  • 2016年 第10回後藤新平賞[8]

脚注[編集]

  1. ^ 「私の履歴書-福澤武(2)」日本経済新聞2016年4月2日付。
  2. ^ 「私の履歴書-福澤武(8)」日本経済新聞2016年4月8日付。
  3. ^ 「私の履歴書-福澤武(11)」日本経済新聞2016年4月12日付。
  4. ^ 「私の履歴書-福澤武(15)」日本経済新聞2016年4月16日付。
  5. ^ 長老の智慧 福澤 武 その1【全4回】 「エゴイストになれ」 忘れえぬ療養所での言葉」『東洋経済オンライン』、東洋経済新報社、2009年3月13日、2013年3月17日閲覧。
  6. ^ 「私の履歴書-福澤武(17)」日本経済新聞2016年4月18日付。
  7. ^ 長老の智慧 福澤 武 その2【全4回】 結核で6年遅れて入社 1年目から自分流貫く」『東洋経済オンライン』、東洋経済新報社、2009年3月20日、2013年3月17日閲覧。
  8. ^ 後藤新平賞に福澤武氏 来月9日授賞式 東京

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
髙木丈太郎
三菱地所社長
第5代: 1994年 - 2001年
次代:
髙木茂