清水有生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 有生(しみずゆうき、男性、1954年6月13日[1] - )は、日本脚本家東京都杉並区出身[1]。日本脚本家連盟理事、日本放送作家協会理事[2]。 

来歴[編集]

1972年東京都立北高等学校卒業[2]。地方公務員となり1974年板橋区役所に入区し、福祉事務所でケースワーカーとして10年間勤務した後、1984年に退職[2]1987年に「正しいご家族」がTBS第1回シナリオ大賞を受賞したことをきっかけに脚本家デビュー[2]。以後はシナリオライターとして朝の連続テレビ小説シリーズの『あぐり』、『すずらん』の脚本などを執筆[2]1998年橋田賞受賞。

2005年の『3年B組金八先生』第7シリーズの第11回からはスタッフとの確執で降板した[3]原作者の小山内美江子に代わって脚本を務め、以降『ファイナル』までのすべてのエピソードを執筆した。

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

漫画原作[編集]

  • TODOを待ちながら -型破りカウンセラー物語-(作画・ひきの真二、1997年 - 1999年、全2巻)
  • すずらん(作画・いがらしゆみこ 1999年 全2巻)

小説[編集]

  • すずらん(2000年、角川出版)

舞台[編集]

ハロー!プロジェクト

脚注[編集]

  1. ^ a b 清水有生のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 清水有生 プロフィール”. システムブレーン. 2018年4月10日閲覧。
  3. ^ 小山内美江子「原作者・脚本家が怒りの訣別宣言 「金八先生」をTBSが殺した!」『週刊文春』2416(2007年3月1日)号、文藝春秋、28 - 31頁
  4. ^ 清水有生 (2011年8月12日). 明日の光をつかめ2|脚本家、清水有生さん. (インタビュー). 東海テレビ.. http://tokai-tv.com/asupika2/interview/06.php 2018年4月10日閲覧。 
  5. ^ 山本奈朱香 (2019年1月17日). “親への憧れなんて…虐待された子と向き合うドラマに関心”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM1H3V00M1HUTFL008.html 2019年1月20日閲覧。 

外部リンク[編集]