足立区立第二中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
足立区立第二中学校
Adachi-second J.H.S.jpg
閉校から約1年後の様子(2006年3月撮影)
国公私立 公立学校
設置者 足立区
設立年月日 1947年
閉校年月日 2005年3月31日
所在地 120-0023
東京都足立区千住曙町34-12
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

足立区立第二中学校(あだちくりつ だいにちゅうがっこう)は、かつて東京都足立区千住曙町にあった公立中学校。略称は足立二中(あだちにちゅう)。

少子化ドーナツ化現象私立中学校への進学者増加に伴う公立中学校への進学者減少などの理由により学区内の生徒数が減少し、全校生徒が127人と少なくなったため、2005年平成17年)3月末に閉校した。ともに閉校となった足立区立第十六中学校と統合した、足立区立千寿桜堤中学校が別の所在で新設された。

テレビドラマ『3年B組金八先生』で、舞台となる「東京都区立桜中学校」の外観として当校が使用されたことでも知られてもいる。

沿革[編集]

  • 1947年4月1日 - 開校。当初は本校を旭小学校内、分校を柳原小学校内に設置される。
  • 1950年9月11日 - 千住曙町(閉校までの場所)に木造校舎が完成する。
  • 1959年1月1日 - 校歌が完成する(作詞:石田波郷、作曲:渡邊浦人)。
  • 1963年5月10日 - 体育館が完成する。
  • 1963年5月6日 - 学校給食を開始する。
  • 1971年頃 - 屋上プールなどを備える鉄筋校舎が完成する。以降、閉校までほぼ同じ姿だった。
  • 2005年3月31日 - 閉校。同時期には閉校式・お別れ会も催され、生徒・卒業生・地域住民などが別れを惜しんだ。
    • 閉校後しばらくはそのままの状態となっていたが、一時は校庭の貸出利用も行っていた。
  • 2006年3月 - 足立区から学校法人三幸学園に対して、当校の敷地(土地)については定期借地権により無償貸与、建物・工作物・立木については無償譲渡された。のちにクレーン等の大型重機が入り施設の改修や増設工事が行われ、2007年(平成19年)4月に東京未来大学が同地に開校した。

校章[編集]

はばたいた翼の中に「中」の文字をあしらったシンプルなデザインだった。外側の羽は鳩の羽をイメージしたもので、「鳩のように礼儀正しく責任感の強い生徒になれ」との意味が込められている。

交通[編集]

撮影地として[編集]

『3年B組金八先生』の撮影は廃校後に製作されたスペシャル11『未来へつなげ 3B友情のタスキ』(2005年12月30日放送)まで使われたほか、東京未来大学への転用にともなう改修工事が着工されるまでの間は様々な映像作品の撮影に使用された。

一例として、バラエティ番組『水10!ワンナイR&R』内で放送されたドラマ『もんじゃろ学園物語』のオープニング映像では当校が使用されており、3年B組金八先生を模した演出がなされている。このほか、コブクロの楽曲『』のプロモーションビデオや、テレビドラマ『アンフェア』などでも使用されている。

関連項目[編集]