桜 (コブクロの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コブクロシングル
初出アルバム『NAMELESS WORLD
B面 今と未来を繋ぐもの
Starting Line
リリース
規格 12cmCDシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2005年11月度月間5位(オリコン)
  • 2005年度年間61位(オリコン)
  • 2006年度年間30位(オリコン)
  • 登場回数66回(オリコン)
  • 2006年度年間1位(着うたフル、オリコン[1]
  • コブクロ シングル 年表
    ここにしか咲かない花
    (2005年)

    (2005年)
    君という名の翼
    2006年
    ミュージックビデオ
    「桜」 - YouTube
    テンプレートを表示

    」(さくら)は、2005年11月2日発売されたコブクロの12枚目のシングル桜ソングの1つとされる。

    概要[編集]

    前作「ここにしか咲かない花」以来約半年ぶりのシングル。インディーズ時代の2000年にリリースした『Root of my mind』収録曲を再収録した。

    コブクロのシングル作品では「」に次いで2番目の売上を記録している。第47回日本レコード大賞・金賞(現・優秀作品賞)を受賞(大賞は倖田來未の「Butterfly」)。いわゆる「賞レース」ではこれが初の受賞となる。

    2007年3月18日から2010年3月1日までJR西日本 東海道本線JR神戸線さくら夙川駅の列車到着時のチャイムに採用され[2]、高校の国語の教科書にも掲載されている。

    収録曲[編集]

    全曲編曲:コブクロ

    1. 作詞・作曲:小渕健太郎, 黒田俊介
    2. 今と未来を繋ぐもの
      作詞・作曲:小渕健太郎
    3. Starting Line
      作詞:小渕健太郎, 黒田俊介, 21STREETリスナーの皆さん / 作曲:小渕健太郎, 黒田俊介
    4. 桜 (Instrumental)
    5. 今と未来を繋ぐもの (Instrumental)
    6. Starting Line (Instrumental)

    タイアップ[編集]

    今と未来を繋ぐもの
    Starting Line

    収録アルバム[編集]

    今と未来を繋ぐもの
    Starting Line

    収録DVD[編集]

    桜 Spring Package
    DVDを付加した本シングル再発売版。ジャケットもさくらの花が満開のものに変更。再発された廉価版と、収録曲の相違はない。内容は「今と未来を繋ぐもの」がCMソングとなったNTT西日本『DENPO115』のショートムービー、シングル「桜」とアルバム『NAMELESS WORLD』のテレビスポットが収録。CMには天海祐希速水もこみち成海璃子らが出演。

    カバー[編集]

    出典[編集]

    1. ^ “着うた年間ランキング発表!携帯世代にもっともヒットしたのは?”. ORICON STYLE. (2006年12月15日). http://www.oricon.co.jp/news/40333/full/ 2015年5月23日閲覧。 
    2. ^ “著作権料高かった? さくら夙川駅メロディー廃止”. 神戸新聞. (2010年4月14日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002873239.shtml [リンク切れ]

    関連項目[編集]