土井裕泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
どい のぶひろ
土井 裕泰
生年月日 (1964-04-11) 1964年4月11日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県
職業 映画監督演出家
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
ドラマ
愛していると言ってくれ
真昼の月
ビューティフルライフ
GOOD LUCK!!
空飛ぶ広報室
眠りの森
S -最後の警官-
コウノドリ』シリーズ
重版出来!
逃げるは恥だが役に立つ
カルテット
映画
いま、会いにゆきます
涙そうそう
ハナミズキ
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜
映画 ビリギャル

土井 裕泰(どい のぶひろ、1964年4月11日 - )は、TBSテレビ(旧TBSエンタテインメント)・制作1部所属のテレビドラマ演出家映画監督広島県広島市、現在の中区鉄砲町出身[1]

来歴[編集]

CMディレクターの高田雅博広島学院中学・高校の同級生で、在学中に8ミリ映画を学園祭に出品して腕を競ったり、共同制作もした。子供の頃から映画館に通いつめたが、最も影響を受けた映画は、同郷の長谷川和彦監督『太陽を盗んだ男』だという[1]早稲田大学政経学部卒業。早大時代は劇研に所属、山の手事情社の初期メンバーとして舞台に出演した。同時期に所属した役者に池田成志清水宏らがいる。

大学卒業後、TBSに入社した[1]。以降、テレビドラマの話題作を多数演出する[1]。「TBSのエースディレクター」と言われている。

代表作にドラマ『愛していると言ってくれ』、『ビューティフルライフ』、『GOOD LUCK!!』、『逃げるは恥だが役に立つ』、『カルテット』、映画『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』などがある。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

太字はメイン演出担当または単発ドラマ

映画[編集]

受賞歴[編集]

書籍[編集]

共著
  • 映画の言葉を聞く 早稲田大学「マスターズ・オブ・シネマ」講義録(2018年3月24日、フィルムアート社) ISBN 978-4845917105

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]