ハナミズキ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハナミズキ
Hanamizuki
監督 土井裕泰
脚本 吉田紀子
製作 八木康夫
製作総指揮 濱名一哉
出演者 新垣結衣
生田斗真
蓮佛美沙子
ARATA
木村祐一
松重豊
向井理
薬師丸ひろ子
音楽 羽毛田丈史
主題歌 一青窈ハナミズキ
撮影 佐々木原保志
編集 穂垣順之助
配給 東宝
公開 日本の旗 2010年8月21日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 28億3000万円[1]
テンプレートを表示

ハナミズキ』は2010年8月21日東宝系で公開の日本映画

概要[編集]

一青窈の代表曲である「ハナミズキ」をモチーフにした10年の時をかける純愛ラブストーリー。監督は『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』の土井裕泰。主演は『恋空』の新垣結衣[2][3]生田斗真向井理木村祐一松重豊は2008年に放送されたドラマ『ハチミツとクローバー』でも共演している。

ロケ地は北海道東京ニューヨークカナダと渡り、撮影期間は約半年間にも及ぶ。

キャッチコピーは「君と好きな人が、百年続きますように」、「『恋空』と『涙そうそう』のスタッフが贈るこの夏No.1泣けるラブストーリー」。

2010年8月14日よりコラボレーションとしてアサヒ飲料十六茶』CMで新垣結衣が出演、撮影を振り返るトークといった内容[4]。CMナレーションはTBSアナウンサー安住紳一郎

全国310スクリーンで公開され、2010年8月21、22日初日2日間で興収3億9,921万2,600円、動員は30万1,275人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[5]。同じ監督作品で興収30億円を記録した『涙そうそう』との興収対比でも102%となる。また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第7位になっている。公開第9日目には動員101万157人、興収12億8,314万1,110円となり早くも動員100万人を突破している[6]。最終的な興行収入は27.4億円を記録する大ヒットとなった。

ストーリー[編集]

夢のために東京の大学受験を目指す紗枝と漁師の家業を継ぐ為に励んでいる康平は奇妙な縁から出会いお互い想い合うようになる。しかし東京に上京した紗枝と釧路に残った康平は遠距離恋愛を始めるも、それぞれのすれ違いから別れを選ぶことになってしまう。そしてそれぞれの道を進む2人は再び出会うこととなった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

一青窈

主なロケ地[編集]

主人公紗枝の家オープンセット
湯沸岬灯台
北海道・釧路市
東京
ニューヨーク
カナダ・ノバスコシア州

エピソード[編集]

  • 主演の新垣結衣は電話での別れのシーンで入り込みすぎて、カットになっても涙が止まらずしばらくセットから出られなかったという。
  • 新垣結衣は撮影の合間に英語の猛特訓をし、約3分に及ぶ英語スピーチの長台詞は現地エキストラからも素晴らしいと絶賛された。
  • 作中で使われた英語の絵本The Three Little Pigs 3匹の子ぶた』は、新垣結衣自身が描いており、出来が素晴らしかったことから実際に出版された(mpiISBN 978-4896433890)。
  • 漁師役となる生田斗真は撮影前に北海道入りし地元漁師から漁を教わっており、漁師になれるとまで言われるほどに練習に励んだ。また地元漁師から成功祈願に生田斗真に大漁旗が贈られている。
  • TBSラジオでは、2010年8月から9月まで、一部番組の交通情報で楽曲「ハナミズキ」のインストゥルメンタルBGMとして使用していた。
  • 本作より、TOHOシネマズ日劇スクリーン2系作品がユナイテッド・シネマ札幌でも上映されるようになった(札幌東宝公楽が閉館したためこの劇場に集約されている)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]