北村龍平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きたむら りゅうへい
北村 龍平
北村 龍平
本名 北村 龍平
生年月日 1969年5月30日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
血液型 O型
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1997年 -
事務所 ノトリアス
公式サイト 北村龍平オフィシャルサイト

北村 龍平(きたむら りゅうへい、1969年5月30日 - )は、DGA(全米映画TV監督組合)に所属する日本人映画監督大阪府生まれ。血液型O型ハリウッドのエージェントはICMパートナーズ(ICM)。かつて東京都内に製作会社ナパーム・フィルムズを主宰していたが、渡米後は個人事務所ノトリアスを基軸としている。現在はロサンゼルスに在住。

来歴[編集]

大阪の高校中退後、17歳でオーストラリアへ渡り、スクール・ オブ・ビジュアル・アーツ映画科に入学。卒業制作の短編映画『EXIT -イグジット-』が高い評価を受け、年間最優秀監督賞を受賞する。帰国後映画以外の職に就きながら1995年に映像集団ナパームフィルムズを結成、自主制作映画『DOWN TO HELL』が第1回インディーズムービー・フェスティバルでグランプリを受賞し、渡部篤郎主演で『ヒート・アフター・ダーク』を製作し監督デビューする。その後インディーズムービー・フェスティバルのスカラシップ作品として監督した『VERSUS -ヴァーサス-』で名を知られるようになる。その後『あずみ』『ゴジラ FINAL WARS』などの大作を監督する。そのビッグマウスと豪胆な風貌から国内の評価は分かれるが、海外での評価は高く『VERSUS -ヴァーサス-』はかのジャン=リュック・ゴダールも『アワーミュージック』(2004年)に引用したと述べている。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

北村とハリウッド[編集]

  • 新作を選んだ理由について北村は自称アクションフィギュアのコレクターである事をクライブ・バーカーの公式サイトで明かしており、「この20年同じフィギアばかり買っており、新しいアクションヒーローの登場を待望していた。その要素がこの企画にはある」と述べている。
  • 新作『ミッドナイト・ミートトレイン』の脚本改稿過程で、原作者のクライブ・バーカーとの意見の相違がかなり見られたが、北村が自らのアイデアを最後まで押し通し、合意に達したと、バーカー自身の公式ウェブサイトで語っている。北村本人は映画ウェブ「Indiewire.com」でこの件に関し、「原作のクライヴはかなり激怒したが、ヒットさせるため、敢えて自分のアイデアを推した。原作者の云われた通りにやったのでは来た意味がない」と、日本時代と同様、「俺流」を通したと述べている。
  • ハリウッドでの第一作『ミッドナイト・ミート・トレイン』は、配給会社ライオンズゲートの新COOジョセフ・ドレイクの判断により公開を3月から延期。同社で『SAW』『CUBE』シリーズの続編などを手掛けた本作のプロデューサー:ピーター・ブロックとの確執が懸念された。
    • ドレイク率いる新体制のライオンズゲートでは一度は本作の全米規模の配給を中止してDVDスルー作品とすると発表。だが原作者クライブ・バーカー自身による公式サイトでのファンへ呼びかけ、また試写を見た業界人の評判もあり、さらに製作プロダクション:レイクショアエンターティンメントとの配給契約などの事情で、やむなく8月1日に公開を決定。
    • 米国最大の映画データベース:IMDBのプロ版によれば本編は2007年11月時点ですでに完成しており音楽音響部分の改修などを行った2008年3月での編集版が最終形である。
    • 2008年8月1日に全米102館で限定公開。入場料1ドルという地方小都市に展開する格安の劇場チェーン:ダラーシアターでの2週間だけの興行で、製作費1,500万ドル(約15億円)に対し、総興収73,548ドル(約700万円)の結果に終わる。
  • 2009年7月22日に複数の欧米の映画業界紙で北村のハリウッド監督作品第2弾が報じられる。次回作は「ターミネーター」のプロデューサーの一人ゲイル・アン・ハードが企画しているアメコミマグダレーナに監督として契約。

その他[編集]

  • 青春時代に影響を受けた映画は『マッドマックス2』、『ハイランダー』などであり、「ラッセル・マルケイの映像センスとジェームズ・キャメロンの演出力を持つジョン・カーペンターになりたい」という理想を持っていた。出世作である『VERSUS』の設定には『ハイランダー』の影響があると言われている。
  • ハンドヘルド撮影(手持ちカメラ)を極端に嫌い、得意とするアクション・シーンではフィックス撮影、ドーリー撮影を多用する。
  • フランス映画界の巨匠ジャン=リュック・ゴダールの監督作品『アワーミュージック』で北村の『VERSUS -ヴァーサス-』の事が触れられている。
  • デビュー前に『フレディVSジェイソン』という映画の絵コンテを作っていた。奇しくもまったく同じ企画の『フレディVSジェイソン』が公開されたが、北村はその映画を「良かった」と評価した。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]