逃げるは恥だが役に立つ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
逃げるは恥だが役に立つ
Szégyen a futás, de hasznos.
ジャンル ラブコメ
漫画
作者 海野つなみ
出版社 講談社
掲載誌 Kiss
レーベル KC Kiss
発表号 2012年12号 - 2013年6号
2013年6月号 - 2017年2月号
巻数 既刊8巻(2016年10月現在)
テレビドラマ
演出 金子文紀土井裕泰石井康晴
制作 TBS
放送局 TBS系列
放送期間 2016年10月11日 - 12月20日
話数 全11話
テンプレート - ノート

逃げるは恥だが役に立つ』(にげるははじだがやくにたつ、Szégyen a futás, de hasznos.)は、海野つなみによる日本漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2012年22号より連載を開始[1][2]し、2017年2月号まで連載された[3]。単行本は2016年10月現在既刊8巻[4]。略称は「逃げ恥」(にげはじ)。2016年にテレビドラマ化。

概要[ソースを編集]

海野にとっては『回転銀河』以来の現代もので、主人公二人の“契約結婚”を軸に、様々な男女間の社会問題を織り交ぜたラブコメディとなっている。タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざ「Szégyen a futás, de hasznos.」[5]の和訳で「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」の意。各話サブタイトルもことわざである[6]

2015年、第39回講談社漫画賞・少女部門受賞[7]

2016年10月11日から12月20日まで、同作を原作とするテレビドラマが放送された(詳細後述)。

制作の背景[ソースを編集]

海野は過去の連載作品でネタのストックを一つずつ消化していたが、残っているネタが少なくなってきた。残っているネタは、ミツバチを擬人化した近未来SFファンタジーというものだった。それは、神様である人間が住む神殿に仕える蜜の一族の話で、内容が過激であったため、担当者と女性誌より青年誌向けだと話していた。普段の妄想で考えているネタを話している中で、契約結婚が話題に上がった。そして、なんとなく本作の制作に至った。海野にとって現代ものは、2009年まで連載していた『回転銀河』以来だが、それは『Kiss』本誌ではなく、増刊での不定期連載であり、20代以上が読者層の『Kiss』で正統派な現代ものを連載するのは、『デイジー・ラック』以来、12年ぶりである[8]

海野は単行本3巻のあとがきに「演劇でいうエチュード(即興劇)みたいな感じで描いているので、先のことはよくわかりません」と書いている。いつもは最後までプロットを練ってから連載を始めるため、そういった連載の仕方は作者にとって初の試みである。海野曰く、それは、ラストを考えないで連載を始めたら最初の4話で終わりになり、山場のエピソードを描くことが出来なかった『デイジー・ラック』のトラウマが原因である[9]

あらすじ[ソースを編集]

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりは、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が折りよく家事代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、週1回の仕事を取り付けてくる。

気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は「雇用主従業員」という関係の契約結婚という道を選ぶ。

結婚式も挙げず事実婚という体で周囲への挨拶を乗り切ったみくりと平匡だが、2人のよそよそしさをいぶかしむ平匡の同僚・風見涼太沼田、みくりの叔母・土屋百合の目をごまかすため「ハグの日」を設けるなどして周囲に親近感を醸し出そうとするうちに、2人の間に本当の恋愛感情が芽生え…

登場人物[ソースを編集]

森山 みくり(もりやま みくり)〔25〕
就職活動で内定がもらえず就職浪人の道を選び大学院へ進学するが、再び全滅。派遣社員となるも、派遣切りに遭う。求職中の娘を見かねた父に紹介され、父の元部下・津崎の家事代行サービスを請け負う。
大学では心理学を学び、大学院で臨床心理士の資格を取得した。妄想癖が少々あり、自分の現状を「徹子の部屋」や「情熱大陸」風に妄想する。
津崎と「契約結婚」し、家事全般を請け負う「住み込みの家政婦」になる。
小賢しい性格であることを自覚しており、そのことが様々な面でのトラウマとなっている。
名前の由来は植物の「ミクリ」(実栗)から。兄の「ちがや」(茅)を含め、みくり側の親族の名前はすべて植物に由来している[10]
津崎 平匡(つざき ひらまさ)〔36〕
みくりの父の元部下。京都大学出身のシステムエンジニア
以前より家事代行業者に清掃などの家事を依頼していたが、最近の担当者の仕事ぶり(ゴミ箱を漁られたり、大雑把な掃除の仕上がりなど)に不満を覚えていた。業者を替えようと検討していたところ、みくりの父に求職中のみくりを半ば強引に捻じ込まれ、当初は渋々受け入れた。
高熱で苦しんでいた時に、みくりの細やかな気遣いと優しさに触れ、癒される。みくりの提案した“契約結婚”に賛同し、みくりの「雇用主」となる。
みくりと出会うまで女性経験の無い“高齢童貞[11]で、本人曰く「プロの独身」。
名前の由来は魚の「ヒラマサ」から[10]
風見 涼太(かざみ りょうた)〔27〕
津崎の同僚。いわゆる「イケメン」だが、結婚にメリットを見出せない性格で、女性と交際をしても長続きしない。
土屋 百合(つちや ゆり)〔52〕
みくりの母方の伯母。独身。化粧品会社勤務。みくりが幼い頃に「伯母さん」と呼んだらショックを受けたため、それ以来「百合ちゃん」と呼ばれている。みくりと仲が良いが、その兄の事が嫌いで彼を名前で呼ばない。
美人で仕事が出来るため、若い頃は男性にはそれなりにモテたものの、結局男性経験の無いまま閉経を迎えた“高齢処女[11]
沼田(ぬまた)
津崎の同僚。ゲイ?の気があるような言動をする。
風見と共に新婚の津崎家を訪問した際、ゲリラ豪雨で電車が止まったため津崎家に一泊し、こっそり覗いた寝室がシングルベッドだったことから、津崎とみくりの関係を訝しむ。

書誌情報[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

逃げるは恥だが役に立つ
We married as a job !
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2016年10月11日 - 12月20日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 金子文紀
土井裕泰
石井康晴
原作 海野つなみ
脚本 野木亜紀子
プロデューサー 那須田淳
峠田浩
宮崎真佐子
出演者 新垣結衣
星野源
大谷亮平
古田新太
石田ゆり子
藤井隆
真野恵里菜
オープニング チャラン・ポ・ランタン
「進め、たまに逃げても」
エンディング 星野源
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回、第10回、最終回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
第8話は「明治安田生命2016サッカーJリーグ チャンピオンシップ・決勝第1戦)」(19:00 - 21:20)中継のため、23分繰り下げ(22:23 - 23:17)。
テンプレートを表示

2016年10月11日から12月20日までTBS系「火曜ドラマ」枠において新垣結衣の主演で放送[12][13]。タイトルロゴにはハンガリー語の "Szégyen a futás, de hasznos." ではなく、"We married as a job!"(英語で「私たち、仕事として結婚しました!」の意)と記されている。

横浜市が特別協力しており[14]、横浜を舞台に描かれる[15]

キャスト[ソースを編集]

主要人物[ソースを編集]

森山 みくり〔25→26〕
演 - 新垣結衣
1990年9月8日生まれ[16]。真面目で頑張り屋な性格。家事全般が得意なのは掃除のパートで働いていた母譲りのところがある。
津崎 平匡〔35→36〕
演 - 星野源[17][18]
1980年11月9日生まれ[19]。 IT企業「3Iシステムソリューション」に勤務。山口出身。人付き合いが得意でなく一人でいるのが気楽な性格だが、みくりの距離感をわきまえた態度と仕事ぶりを認めている。
風見 涼太〔32〕
演 - 大谷亮平(中学時代:青木綾平
津崎の後輩。自分の時間を大切にする性格のため、結婚には否定的。みくりからは「自分の時間だけでなく、相手の過ごす時間もしっかり考えられるタイプ」と言われている[20]
沼田 頼綱
演 - 古田新太
IT企業「3Iシステムソリューション」に勤務(津崎の上司)。百合とは飲み仲間。クックパッドでは「ハートフル坊主」という名前でレシピを投稿している料理上手。地獄耳。
土屋 百合〔49〕
演 - 石田ゆり子
みくりの伯母で桜の姉。通称「百合ちゃん」。外資系の化粧品会社「ゴダールジャパン」に勤務。最終話で部長になる。みくり曰くギリギリ20代の時、幼い頃のちがやに「一生結婚出来ない」と言われ、現在に至るまでずっと独身のキャリアウーマン。 [21]

3Iシステムソリューションズ[ソースを編集]

日野 秀司〔40〕
演 - 藤井隆
津崎の同僚。明るく常識的な性格で妻子持ちであり、休日には家族サービスを欠かさない2人の子どもを持つ父。

ゴダールジャパン [ソースを編集]

梅原 ナツキ
演 - 成田凌
百合の部下。どこか不思議な雰囲気のあるイケメン。同僚の柚とは犬猿の仲であったが、彼女が帰国子女であり、更にそれを言い訳にせず仕事に取り組んでいることを知って彼女を認めるようになった。最終回でゲイであることを柚にカミングアウトする。
堀内 柚
演 - 山賀琴子
百合の部下。恋に仕事に一生懸命で、若いうちにたくさんの男と付き合いたいと思っている前向きなイマドキ女子。第7話で帰国子女であることが判明した。

みくりの家族[ソースを編集]

森山 栃男
演 - 宇梶剛士
みくりの父。定年退職し第2話より妻・桜と一緒に館山に移住した。
森山 桜
演 - 富田靖子
みくりの母。百合の妹。23歳の時にみくりを出産した。
森山 ちがや
演 - 細田善彦(第2・8話)
みくりの兄。妹と違い、言動に配慮がない。
森山 葵
演 - 高山侑子(第2・8話)
みくりの義姉(ちがやの妻)。

平匡の家族[ソースを編集]

津崎 宗八
演 - モロ師岡(第2・5話)
平匡の父。
津崎 知佳
演 - 高橋ひとみ(第2・4・5・8話)
平匡の母。

その他[ソースを編集]

田中 安恵
演 - 真野恵里菜
みくりの親友。元ヤンキーで一児の母。愛称は「やっさん」。
山さん
演 - 古舘寛治
沼田の行きつけのバー「山」のマスター。
竹中 道彦
演 - 高橋洋
渡辺 一馬
演 - 葉山奨之
星 怜二
演 ‐ 清水優
茉菜
演 - 古畑星夏
田島 良彦
演 ‐ 岡田浩暉(第3・4・9・10話)
ゴダールジャパンの取引先(百合の大学時代のゼミの同期)。イケメン。
里中 仁美
演 ‐ 中島ひろ子(第6・9話)
「ゴダールジャパン」のコンプライアンス部所属の社員(百合の同期)。既婚者。
仲居さん
演 - 宍戸美和公(第6話)
みくりと平匡が泊まった修善寺温泉の旅館の仲居。
旅館のフロントマン
演 - 高崎二郎(第6話)
みくりと平匡が泊まった修善寺温泉の旅館のフロント。
カヲル
演 - 小柳友(第6話)
みくりが高校時代につきあっていた元彼。
リリカ
演 - 美沙玲奈(第6話)
カヲルの現在の彼女。
田中 多恵子
演 ‐ 小貫加恵(第7話)
安恵の祖母。八百屋「八百安」を経営。
神原
演 ‐ 横田栄司(第8・9話)
「3Iシステムソリューションズ」社長。
五十嵐 杏奈
演 - 内田理央(第9・10・最終話)
津崎が勤める会社の取引先で働いているOL。ニックネームはポジティブモンスター。
加茂中
演 - 橋爪淳(第9話)
「ゴダールジャパン」首都圏本部長。
重森部長
演 ‐ 日向丈(第9話)
加茂中の部下。
日野 登志子
演 - 乙葉(最終話)
日野の妻。一男一女の母。
実際の夫婦でもある藤井との共演は事前予告のないサプライズ演出だった。脚本の野木亜紀子曰く「無理言って出てもらった」とのこと[22]

スタッフ[ソースを編集]

放送日程[ソースを編集]

各話 放送日 サブタイトル[25] 演出 視聴率[26] 備考
第1話 10月11日 プロの独身男と秘密の契約結婚 金子文紀 10.2%[27] 15分拡大
第2話 10月18日 秘密の契約結婚!波乱の両家顔合わせ 12.1%[28]
第3話 10月25日 一番好きです!契約妻の突然の告白 土井裕泰 12.5%[29]
第4話 11月01日 私、恋人を作ろうと思います! 13.0%[30]
第5話 11月08日 ハグの日始めました! 石井康晴 13.3%[31]
第6話 11月15日 温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ 金子文紀 13.6%[32]
第7話 11月22日 あのキスのあとさき 13.6%[33]
第8話 11月29日 離婚と実家と運命の相手 石井康晴 16.1%[34] 23分繰り下げ
第9話 12月06日 あの人に好きだよと言われる3日前 金子文紀 16.9%[35]
第10話 12月13日 恋愛レボリューション2016 石井康晴 17.1%[36] 15分拡大
最終話 12月20日 夫婦を超えてゆけ 金子文紀 20.8%[37] 15分拡大
平均視聴率 14.5%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

TBS系列各局の他、アメリカ合衆国カナダプエルトリコ等を放送地域とするNHK国際放送テレビジャパンが、2017年1月11日(現地時間)から放送開始。放送時間は毎週水曜日アメリカ東海岸時間22:15-、同西海岸時間19:15-[38]

製作[ソースを編集]

脚本は、『図書館戦争』『重版出来!』など原作ものの実写化に定評がある野木亜紀子[39][40]。野木と主演の新垣がタッグを組むのは『空飛ぶ広報室』、『掟上今日子の備忘録』に続いて3作目[41]。プロデューサーの峠田浩によると、以前手掛けた『コウノドリ』と同様、分かりやすいテーマ、一言でくくれるドラマを目指して制作された。ただ狭まった見方をされる恐れがあるため、異質な言葉を組み合わせた「社会派ラブコメディ」というコピーを付けた。ドラマの根本にあるのは原作同様、仕事でも人間関係でも「誰かに必要とされたい」という今の若者たちの切実な気持ちである[42]

配役[ソースを編集]

那須田淳プロデューサーは主人公の森山みくり役に新垣を起用した理由について、「抜群のコメディセンス」と「演技力」を挙げている。原作を読み進めている内から新垣がみくり役に相応しいと考えており、新垣が持ち前の明るさとコメディエンヌぶりで、たくさんの笑いと共感、勇気と元気を届けてくれる次の展開が待ち遠しくなる楽しいドラマにしてくれるという期待を込めて、起用した。また、原作者の海野つなみももし漫画が実写化した場合に主人公は誰が良いかと友人たちと妄想する中で、「みくりちゃんは新垣結衣ちゃんとかどう?」「ガッキーがやってくれるなら百点でしょ!」と話していたため、本当に新垣に決まったときはとても嬉しかったという[43][44]。新垣はドラマ出演の依頼を受けて、原作漫画を読んだとき、契約結婚という今までになかった話にスポットを当てている点や就職難や働く女性が結婚できない現状など現代問題を取り上げている点が面白く感じた[45]。津崎平匡役には、今作がラブコメディ初挑戦となる星野が起用された。星野に出演依頼がきたのは2015年頃、『コウノドリ』の撮影が終了したときで同ドラマの那須田プロデューサーと峠田浩プロヂューサーに声をかけられた[46]。峠田プロデューサーは星野を起用した理由について、「津崎の真面目でウブで不器用だけど、かわいらしさも同居している絶妙な空気を出していただけるのは星野さんしかいない」と説明している[47][48]

津崎の後輩の風見涼太役には、韓国で俳優として活動してきた大谷亮平が抜擢された。大谷にとって日本の連続テレビドラマのレギュラー出演はこれが初であった。風見は一見飄々としていて、何を考えているか分からないが、内にはしっかりとした芯を持っているという難しい役どころである。様々な俳優が候補に挙がる中で、視聴者に出来る限り先入観を持たずニュートラルな形で見て入り込んで欲しいという思いが制作陣にあった。そんな時に、プロデューサー陣は大谷と会った。第一印象は「かっこいい」であったが、大谷の自然な振る舞いや柔らかな内面に魅力を感じ、風見の持つ独特の空気を表現できるのではないかと考え、大谷の起用を決めた[49]。みくりと津崎の仲を詮索するゲイの沼田頼綱役に古田新太が起用された。沼田は原作でも人気のあるキャラクターで、それぞれの登場人物を引き立たせるスパイス潤滑油の役割を果たしている。ムードメーカーでありながら、一方ですごく繊細な一面を持っており、峠田プロヂューサーは、その複雑怪奇な沼田を誰が演じられるのか不安に思っていたが、古田が決まったと聞き、頭の中で自然と生き生きとした沼田が浮かび、その心配が全くなくなったという[49]。みくりの叔母でキャリアウーマンの土屋百合役には、石田ゆり子が起用された。峠田プロデューサーの話によれば、原作で大人の女性の一面と少女のような一面を持つ土屋を読んでいるとき、自然と石田が思い浮かんだという[49]

その他、津崎の同僚・日野秀司役に藤井隆、みくりの父親の森山栃男役に宇梶剛士、みくりの母親の森山桜役に富田靖子、みくりの親友で元ヤンキーの田中安恵役に真野恵里菜、百合の会社の部下の梅原ナツキ役に成田凌、堀内柚役に「ミス・オブ・ミス・キャンパス2016」で、今回がドラマデビューとなる山賀琴子が配役された[49][50]

音楽[ソースを編集]

音楽は、末廣健一郎MAYUKOが共同で担当。

オープニングテーマは、姉妹ユニットチャラン・ポ・ランタンの曲「進め、たまに逃げても」が起用された。「ファンタジーのような手探り感のある、そんな世界観を引っ張っていくオープニングテーマ」として、彼女らに依頼された[51]。曲はドラマの台本と原作の漫画を読んだ2人が、ドラマのために書き下ろしたもので、主人公・森山みくりの思いを歌った応援ソングに仕上がっている[52][53]

主題歌には、津崎平匡役を演じる星野が歌う「」が起用された。峠田浩プロヂューサーは「2人(みくりと津崎)の恋が深まったり、すれ違ったり、そんなムズムズする気持ちを明るくも切なく表現してくれるのはアーティスト星野源」だと俳優として星野をキャスティングした時から感じており主題歌も依頼した。星野の話によると、「恋」は「踊りたくてムズムズする、生活を基にしたラブソング」である。星野はこの曲を「新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます。」と語っている[47]。なお、「恋」はオリコンチャートで最高2位[54]Billboard JAPAN Hot 100では2週連続首位[55]を獲得した。『第67回NHK紅白歌合戦』での星野の出場曲となった他、2017年の第89回選抜高等学校野球大会入場行進曲にも選ばれている[56]

コラボレーション[ソースを編集]

  • クックパッドにおいて「逃げ恥@TBSのキッチン」のアカウントで公式サイトが開設されており、ドラマでみくりが作った料理レシピを紹介している[57]

パロディ・オマージュ[ソースを編集]

原作同様、テレビ番組のパロディオマージュがちりばめられている。特に、ドラマスタッフが過去に関わった番組のパロディが多用されている[58]

みくりと平匡の妄想シーンでの使用
その他のオマージュ

テレビ番組以外では、第5話の放送日が2016年アメリカ合衆国大統領選挙開票日にあたったこともあり選挙活動(街頭演説・政見放送など)のパロディ[72]、第10話で乙女ゲーム風の演出がなされたシーンが挿入されている[73]

『プロフェッショナル仕事の流儀』『2355』『真田丸』がパロディの題材となったNHKは、情報番組『あさイチ』の中で、当番組のパロディをして返している[注 2]。また、原作者の海野つなみが2016年12月19日の同番組にゲストの一人として出演したほか、2016年11月24日放送の『クローズアップ現代+』で「恋人いらないってホント? 出現! “いきなり結婚族”」のテーマで本ドラマ(の原作)を取り上げ、インタビューに答えた[75]。さらには、同年の第67回NHK紅白歌合戦(星野が本ドラマの主題歌「恋」を歌うことがアナウンスされている)では、新垣が本ドラマでの活躍を理由に審査員に選出されている[76]

また、ドラマのダイジェスト版のナレーションを『新世紀エヴァンゲリオン』で声優を務めていた三石琴乃緒方恵美がそれぞれ担当した[77][78]

恋ダンス[ソースを編集]

エンディングで、出演者らが主題歌「恋」のPVのダンスを踊っている。振り付けはPerfumeなどの振付師として有名なMIKIKOが担当している。物語の舞台となる星野が演じる津崎平匡の家を舞台に、新垣、星野、石田、大谷、古田が可愛らしい振りを次々披露している。特に可愛らしい動きの新垣に対し、星野は役柄とはギャップのある切れのある動きを披露している[79]。11月27日には、藤井、真野、成田、山賀が踊る別バージョンが公式サイトで公開された[80]。かつて自身のギャグやヒット曲『ナンダカンダ』などでダンスを見せていた藤井の切れのある動き、アイドルとして活動していた真野の安定的なダンスに注目が集まった[81][82]。2016年12月9日放送の『ぴったんこカン・カン』に石田がゲスト出演した際に、司会のTBSアナウンサーの安住紳一郎と星野と3人で踊る「ぴったんこカン・カン」バージョンが制作され、ドラマの公式サイトで公開された[83]。また、第10話のエンディング映像には安住も出演し、NGバージョンなどが収められた特別バージョンが放送された[84]

この通称「恋ダンス」は約1分ほどの長さだが、企画立ち上げから完成まで約3か月かかった。曲は主題歌の「恋」が使用されているが、峠田プロデューサーは曲作りに対して制約を付けたくなかったものの、星野には「踊れるようにイメージしています」と伝えていた。星野自身もそういうものをやりたいと考えており、制作陣と星野の思いが一致して企画は上手く運んだ[85]。「恋ダンス」は初回放送前よりドラマの公式InstagramYouTubeにてイントロ部分が公開され話題になっていたが、初回放送後には更に大きな反響を呼んだ。新垣の動きから、そのブレイクのきっかけとなったポッキーのCMを彷彿とさせる[79]という意見が聞かれた。2016年10月13日に期間限定で、エンディングで披露されている“恋ダンス”映像のフルバージョンが、TBSのYouTube公式チャンネルにて公開された。“恋ダンス”と第2話予告の動画は10月18日23:59の公開終了時に再生回数約609万回を記禄。TBS公式YouTubeチャンネルにおいて最高視聴回数となった。視聴者からの要望に応え、ドラマの第3話予告とともに“恋ダンス”がフルバージョンで再公開された[86]。また、同ドラマを放送しているJNN系列各局も、自社のアナウンサーや出演者を起用し、「恋ダンス」を踊っている動画を放送したり、ネットに配信している[87][88][89][90]

ネット上では「恋ダンス」を踊る様子を撮影し、その動画(いわゆる「踊ってみた」動画)をYouTube、Twitter、Instagramなどに投稿するブームが起こった[91]。エキサイトニュースのライターである小西りえこも、このブームは2014年AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」のそれを思い起こさせると指摘している[92]。有名人もこのブームに反応した。ドラマ出演者の山賀は新バージョンが公開される前に、自身のInstagramに個人的にダンス動画を投稿[91]。ダンスボーカルグループDa-iCE工藤大輝和田颯[91]フェアリーズ野元空林田真尋[91]GEM小栗かこ熊代珠琳[93]はプロのパフォーマーならではの切れのある動きでダンスを再現[91]。それとは対照的に、サバンナ高橋茂雄千鳥のノブが振付の特徴は捉えているものの、完璧とは程遠いゆるいダンスを踊る動画を投稿した[94]。その他、乃木坂46井上小百合堀未央奈[95]、元アイドリング!!!のメンバーで新垣の事務所の後輩でもある菊地亜美大川藍[96]吉本新喜劇メンバー(センターは酒井藍[97]などが披露した。このほかにもJNN系列各局のアナウンサーらによる「恋ダンス」動画もその局ごとに公開され、毎日放送MBSテレビ)バージョンではMBSのマスコットキャラクター「らいよんチャン」の着ぐるみ人形が「恋ダンス」をアナウンサーたちと踊る動画が公開された。駐日アメリカ合衆国大使キャロライン・ケネディ大使がサンタクロースのコスプレをして、米国大使館、米国総領事館の外交官、職員らと踊った「恋ダンス【アメリカ大使館・領事館バージョン】」を披露。アメリカ大使館公式YouTubeで公開した[98]。投稿動画ではないが、フリーアナウンサー夏目三久も自身がメインを務める情報番組『あさチャン!』において、「恋ダンス」の人気を伝えるニュースの中で、踊りを披露[99]フィギュアスケート羽生結弦がフィギュアスケートGPシリーズカナダ大会に出場した際、会場入りする時に人差し指を立てる「恋ダンス」の特徴的な振りをしながら移動し、その様子が同局のスポーツ番組『S☆1』で放送されると注目を集めた[100]。その後、織田信成が羽生、田中刑事宮原知子と恋ダンスを踊る動画を投稿した[101]


TBS 火曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
せいせいするほど、愛してる
(2016.7.12 - 2016.9.20)
逃げるは恥だが役に立つ
(2016.10.11 - 2016.12.20)
カルテット
(2017.1.17 -〈予定〉)

評価[ソースを編集]

ドラマは放送開始以来11回の放送ですべて視聴率が前回を上回り、原作と合わせて「社会現象化した」との評価が複数ある[102][103]

ラブコメディとしてとらえた場合の評価については、スポーツニッポンがデータニュース社のテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」の結果を引用し、視聴者がみくりと平匡の重要な場面でのすれ違いにイラ立ちを感じているのではなく、応援しつつ楽しんでいることを指摘。近年のドラマに見られるような激しい展開とは相反し、恋愛ドラマの王道である“じれったさ”を穏やかに表現している点が要因の一つに挙げられるとしている[104]。また日刊スポーツは、「フジテレビ火曜10時ドラマ関西テレビ制作)からの撤退」「ビデオリサーチ社による関東地区の視聴率調査方法の変更[注 3]」「地方局が視聴率をけん引したローカルパワー」「『重版出来!』の高評価と野木亜紀子の脚本[注 4]」「恋ダンス」の5つの要因を挙げ、加えてこつこつと情報リリースを欠かさずネットやSNSを盛り上げ続け、押し売り感のない自然なブーム化もすっきりしていたと指摘している[105]

『逃げ恥』の公式Twitterなどで発信された「ムズキュン」という言葉が話題を集めた。それは、みくりと平匡の2人の恋愛がなかなか進展せず、「じれったくてムズムズするところに胸キュンする」ことを指す造語である[106][107]。更に放送終了後の喪失感を指す「逃げ恥ロス」[注 5]という言葉が登場[110][111][112]

一方、朝日新聞[102]毎日新聞[103]は、本作がテーマの一つとした「労働としての家事」に着目して分析を行っている。朝日新聞は原作者の海野とドラマ版プロデューサーの那須田へのインタビューを通じ、作品を通じて「家事観」や「結婚観」の多様性を伝えたいと考えていたことを紹介し、作品が主婦の家事の価値が注目されるきっかけとなったとしている。また毎日新聞は、竹信三恵子(和光大学教授)の「女性の生きづらさや貧困へのからくりを、構造的かつコミカルに突き放して描かれている点が人気を博したのではないか」や藤田結子(明治大学教授)の「女性が普段感じているモヤモヤを言語化してくれたことが共感を呼んだのだろう」などのコメントなどを通じて、女性にとっての身の回りの社会問題を論文や新聞ではなく漫画やドラマという形で伝えたからこそ共感を得られたのではないかとしている。また、朝日新聞出版のニュースサイト「dot.」は主演の新垣・星野のキュートさに加え、みくりと平匡の関係性、あるいは百合を取り巻く人物による結婚観や女性観を通して描かれる「旧来的な価値観」に対する登場人物の葛藤が、視聴者にとって「人ごと」ではない社会の空気とともにあることが共鳴を生んだと評価している[113]

もっとも、女性学研究家の田嶋陽子は、コメンテーターとして出演している情報番組『白熱ライブ ビビット』の中で感想を求められ、最終話だけ見た感想として「退屈だった」「なんでこんな人工知能みたいな男の人に、こんなにほれるのかわからない」とドラマに否定的なコメントを残している[114][115]

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ ハート型のつり革自体は『ごめんね青春!』放送より前の2010年から実存している(伊豆箱根鉄道駿豆線運用車両のすべてのつり革のうち1両の1箇所だけ)[68]
  2. ^ 2016年12月7日放送回のネギの特集で、星野源の「恋」を流し、雨宮萌果アナウンサーが「このネギは初めてだが役に立つ」とコーナー名を紹介。コーナー名のテロップも『逃げ恥』のタイトルロゴと酷似していた。司会の井ノ原快彦から「タイトルをさ微妙に変えてもさ、曲流しちゃってるんだからもうダメだよ、パクリだから」とツッコミを受けつつ、雨宮アナウンサーは恋ダンスのポーズをしながら「クイズ『ねぎはじ』」とVTR振りを行った[74][60]
  3. ^ 2016年10月3日からビデオリサーチ社の関東地区の視聴率調査が変わり、調査世帯数を900に拡大の上、従来のリアルタイム視聴率に加え、タイムシフト視聴率ならびに総合視聴率の調査を開始した。録画している人が多いドラマコンテンツは録画視聴の目玉であり、『逃げ恥』もリアルタイム視聴率よりタイムシフト視聴率の方が多かった[105]
  4. ^ 漫画を原作とする『重版出来!』は2016年4月期にTBSで放送された。平均視聴率は8%だったが、面白さや見ごたえは高く評価され、次々とドラマ賞を獲得。初回視聴率は9.2%、最終回は8.9%と最初に見てくれた視聴者を最後まで掴んだことは制作の自信にもなった。その『重版出来!』の脚本を担当したのが、『逃げ恥』の野木亜紀子だった[105]
  5. ^ ロスは文字通り「喪失」を意味するが、インターネット上では「好きなアニメやドラマが終わってしまった後の喪失感」を表す言葉として定着している。元々はペットロス症候群に由来する呼称であり、NHKの連続テレビ小説あまちゃん』の放送終了後に生まれた「あまロス」、『あさが来た』放送後の「五代(ディーン・フジオカ)ロス」などが有名である[108][109]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 『逃げるは恥だが役に立つ』第1話”. 海野つなみ*Information (2012年11月10日). 2013年8月10日閲覧。
  2. ^ 海野つなみ新連載「逃げるは恥だが役に立つ」Kissで開幕”. コミックナタリー (2012年11月9日). 2013年8月10日閲覧。
  3. ^ 「逃げるは恥だが役に立つ」本編完結! 百合ちゃんの番外編は4月号に登場”. コミックナタリー (2016年12月24日). 2016年12月24日閲覧。
  4. ^ a b Kiss|逃げるは恥だが役に立つ|既刊コミック|講談社コミックプラス”. 2016年10月13日閲覧。
  5. ^ 後書き 海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』 第1巻 p.164 - p.165
  6. ^ 『逃げるは恥だが役に立つ』第2話”. 海野つなみ*Information (2012年12月10日). 2013年8月10日閲覧。
  7. ^ 講談社漫画賞が決定!シドニアの騎士、逃げ恥、七つの大罪、弱虫ペダル”. コミックナタリー (2015年5月12日). 2016年10月1日閲覧。
  8. ^ 海野つなみ. 海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」インタビュー. インタビュアー:坂本恵. コミックナタリー.. http://natalie.mu/comic/pp/uminotsunami 2016年閲覧。... 
  9. ^ 海野つなみ. 海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」インタビュー 2ページ. インタビュアー:坂本恵. コミックナタリー.. http://natalie.mu/comic/pp/uminotsunami/page/2 2016年閲覧。... 
  10. ^ a b 単行本第1巻の後書きから。
  11. ^ a b 処女・童貞4割超え時代の理想か?──ガッキーが可愛すぎる「逃げ恥婚」とは”. 講談社コミックプラス. 講談社 (2016年10月13日). 2016年12月28日閲覧。
  12. ^ “ガッキー、“雇われ妻”役で連ドラ主演「今の時代を象徴のようなドラマ」”. サンケイスポーツ. (2016年7月27日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160727/geo16072702170002-n1.html 2016年7月27日閲覧。 
  13. ^ “火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』新垣結衣が主演”. TBSホット情報 (TBSテレビ). (2016年7月27日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201607271057.html 2016年7月28日閲覧。 
  14. ^ “[www.city.yokohama.lg.jp/bunka/miryoku/fc/publish.html フィルムコミッション支援作品の公開放映情報]”. 横浜フィルムコミッション. 横浜市文化観光局. 2016年12月23日閲覧。
  15. ^ 逃げ恥横浜巡りキャンペーン、火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』公式サイト、TBSテレビ、2016年10月4日閲覧。
  16. ^ 第2話の転居届の生年月日欄より。
  17. ^ “35年間恋愛ゼロ男!星野源、初挑戦ラブコメでガッキーと契約結婚”. サンケイスポーツ. (2016年8月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160817/geo16081705020010-n1.html 2016年8月17日閲覧。 
  18. ^ “『逃げるは恥だが役に立つ』“契約夫”役に星野源、主題歌も”. TBSホット情報 (TBSテレビ). (2016年8月17日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201608171118.html 
  19. ^ 第7話の転居健康保険被扶養者(異動)届の生年月日欄より。
  20. ^ 第2話より。
  21. ^ 第2話でのみくりの発言から
  22. ^ “乙葉「逃げ恥」サプライズ出演「とても緊張しました」 藤井隆とオフショット公開”. モデルプレス. (2016年12月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1648338 2016年12月23日閲覧。 
  23. ^ “「逃げるは恥だが〜」OPテーマにチャラン・ポ・ランタン”. TBSホット情報. (2016年9月21日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201609211208.html 2016年9月21日閲覧。 
  24. ^ “星野源が新垣結衣と契約結婚!?ドラマ「逃げ恥」出演&主題歌も担当”. 映画ナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/eiga/news/198417 2016年8月17日閲覧。 
  25. ^ “TBSオンデマンド エピソードリスト”. TBS. (2016年10月27日). https://tod.tbs.co.jp/program/12445 2016年10月27日閲覧。 
  26. ^ 全放送回と平均の出典。逃げるは恥だが役に立つ -スポニチ Sponichi Annex 芸能、2016年10月12日参照。
  27. ^ “ガッキー主演「逃げるは恥だが役に立つ」2桁発進10.2%”. スポニチアネックス. (2016年10月12日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000089-spnannex-ent 2016年10月12日閲覧。 
  28. ^ “ガッキー主演「逃げ恥」第2話12.1%!TBS火ドラ歴代最高”. スポニチアネックス. (2016年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/19/kiji/K20161019013563910.html 2016年10月19日閲覧。 
  29. ^ “ガッキー主演「逃げ恥」右肩上がり12.5% 「恋ダンス」話題でTBS火ドラ最高更新”. スポニチアネックス. (2016年10月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/26/kiji/K20161026013601100.html 2016年10月26日閲覧。 
  30. ^ “ガッキー主演「逃げるが恥―」第4話も視聴率アップ!右肩上がりの13.0%”. スポーツ報知. (2016年11月2日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161102-OHT1T50078.html 2016年11月2日閲覧。 
  31. ^ “新垣結衣と星野源「逃げ恥」最高続く13.3%”. 日刊スポーツ. (2016年11月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1735599.html 2016年11月9日閲覧。 
  32. ^ “新垣結衣と星野源「逃げ恥」上昇止まず13.6%”. 日刊スポーツ. (2016年11月16日). http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1738391_m.html 2016年11月16日閲覧。 
  33. ^ “「逃げ恥」第7話は13.6% 右肩上がりストップも好調キープ!”. スポニチアネックス. (2016年11月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/24/kiji/K20161124013776410.html 2016年11月24日閲覧。 
  34. ^ “「逃げ恥」20分遅れも大幅UP 自己最高16.1% 1週おいて再上昇”. スポニチアネックス. (2016年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/30/kiji/K20161130013815570.html 2016年11月30日閲覧。 
  35. ^ “「逃げ恥」第9話16.9%!また自己最高更新 一度も数字落とさず”. スポニチアネックス. (2016年12月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/07/kiji/K20161207013863030.html 2016年12月7日閲覧。 
  36. ^ “「逃げ恥」第10話17.1%!最終回前にまた自己最高 最終回大台視野”. スポニチアネックス. (2016年12月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/14/kiji/K20161214013902670.html 2016年12月14日閲覧。 
  37. ^ “「逃げ恥」最終回は視聴率20.8%!初回から右肩上がり、大台超えで有終の美”. スポニチアネックス. (2016年12月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/21/kiji/20161220s00041000229000c.html 2016年12月21日閲覧。 
  38. ^ おすすめ番組”. TV JAPAN. 2017年1月11日閲覧。
  39. ^ “ガッキーがかわいいだけじゃない! ドラマ『逃げ恥』に光る原作・脚本・配役・TBSの総合力”. マイナビ. (2016年10月25日). http://news.mynavi.jp/articles/2016/10/25/nigehaji/ 2016年11月11日閲覧。 
  40. ^ “『逃げ恥』『重版出来!』…脚本家・野木亜紀子作品にハズレなし 原作モノ実写化で定評”. オリコン. (2016年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2081117/full/ 2016年11月11日閲覧。 
  41. ^ “新垣結衣は『逃げ恥』で“第3のスタートライン”に立った 喜劇女優としてのガッキー”. Real Sound. (2016年10月29日). http://realsound.jp/movie/2016/10/post-3090.html 2016年11月11日閲覧。 
  42. ^ “『逃げ恥』プロデューサーが語る”. 朝日新聞. (2016年12月4日). http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2082404.html 2016年12月4日閲覧。 
  43. ^ “ドラマ「逃げ恥」主演は新垣結衣!海野つなみの妄想キャスティングでも“百点””. ナタリー. (2016年7月27日). http://natalie.mu/comic/news/195970 2016年11月11日閲覧。 
  44. ^ “新垣結衣、“ワケあり新妻”で連ドラ主演「逃げるは恥だが役に立つ」”. モデルプレス. (2016年7月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1600992 2016年11月11日閲覧。 
  45. ^ インタビュー新垣結衣 森山みくり役”. TBS. 2016年閲覧。...
  46. ^ インタビュー星野源さん 津崎平匡役”. TBS. 2016年閲覧。...
  47. ^ a b “ドラマ「逃げ恥」星野源が35年間彼女なしの独身男・平匡役に!主題歌も担当”. ナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/comic/news/198412 2016年11月11日閲覧。 
  48. ^ “星野源、新垣結衣の“契約夫”でラブコメ初挑戦 主題歌も担当〈コメント到着〉”. モデルプレス. (2016年8月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1606404 2016年11月11日閲覧。 
  49. ^ a b c d “ドラマ「逃げ恥」百合ちゃん役は石田ゆり子!風見は大谷亮平、沼田は古田新太”. ナタリー. (2016年8月28日). http://natalie.mu/comic/news/199745 2016年11月11日閲覧。 
  50. ^ ““日本一美しい大学生”、新垣結衣主演「逃げ恥」でドラマデビュー ミス青学からの「シンデレラストーリー」と話題に”. モデルプレス. (2016年10月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1623406 2016年11月11日閲覧。 
  51. ^ “チャランポ、新垣結衣&星野源出演「逃げ恥」でオープニングテーマ担当”. ナタリー. (2016年9月21日). http://natalie.mu/music/news/202585 2016年11月11日閲覧。 
  52. ^ “ガッキー絶賛!チャランポ書き下ろし「逃げ恥」OPテーマ配信で登場”. ナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/music/news/206853 2016年11月11日閲覧。 
  53. ^ “新垣結衣×星野源「逃げ恥」“もう一つ”の曲が「すごい高揚感」と話題”. e-talentbank. (2016年10月27日). http://e-talentbank.co.jp/news/17710/ 2016年11月11日閲覧。 
  54. ^ “恋”. オリコン. (2016年). http://www.oricon.co.jp/prof/324291/products/1197993/1/ 2016年11月11日閲覧。 
  55. ^ “【ビルボード】星野源「恋」、2週連続JAPAN HOT100総合首位”. Billboard JAPAN . (2016年10月26日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/43540/2 2016年11月11日閲覧。 
  56. ^ “星野源「恋」春のセンバツ入場行進曲に決定 「前向きな気持ちになってもらえたら」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2084380/full/ 2017年1月11日閲覧。 
  57. ^ 逃げ恥@TBSの公式キッチン
  58. ^ a b c d e f g h “「逃げ恥」、みくりの“攻めすぎな妄想”を振り返る〈これまでのパロディ〉”. モデルプレス. (2016年11月22日). https://mdpr.jp/news/detail/1638134 
  59. ^ “『逃げ恥』でガッキーが「無職」の妄想 背筋凍る人が続出する悲劇”. T-SITE. (2016年11月30日). http://top.tsite.jp/news/buzz/o/32890651/index 
  60. ^ a b “NHK「あさイチ」での「逃げ恥」パロディに「いいぞもっとやれ」とファンもノリノリ!?”. ダ・ヴィンチ. (2016年12月11日). http://ddnavi.com/news/339464/a/ 
  61. ^ “『逃げ恥』パロディが面白すぎると話題 あの報道番組にガッキーが出演”. しらべぇ. (2016年10月19日). http://sirabee.com/2016/10/19/177375/?utm_source=tsutaya&utm_medium=news&utm_content=relatedLink-4&utm_campaign=20161038212 
  62. ^ “ガッキー、9年前と同じセーラー服姿に「変わらない」「奇跡」”. モデルプレス. (2016年11月9日). https://mdpr.jp/news/detail/1633288 
  63. ^ “「逃げ恥」みくりの“心のベストテン”は平匡さんが独占 視聴者も共感のパロディ”. モデルプレス. (2016年11月22日). https://mdpr.jp/news/detail/1638265 
  64. ^ 現場リポート みくりが…逃げた!?”. 公式サイト. 2016年閲覧。...
  65. ^ “「逃げ恥」ガッキー&星野源の和服姿に悲鳴「叫びながら観てました」”. シネマトゥデイ. (2016年12月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088185 
  66. ^ “新垣結衣×星野源『逃げ恥』今度はあのパロディで“新婚さん”ぶり披露?”. テレビドガッチ. (2016年12月14日). https://dogatch.jp/news/tbs/42239 
  67. ^ “「逃げ恥」瞬間最高はあのパロディシーン22・7%”. 日刊スポーツ. (2016年12月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1754705.html 
  68. ^ いずっぱこ 幸せの“ハートのつり革””. 三島市観光情報. 三島市. 2016年12月23日閲覧。
  69. ^ “ガッキーの不意打ちキス! あの場面に隠された「粋な演出」にファン歓喜”. BuzzFeed. (2016年11月16日). https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/nigehaji?utm_term=.ykWdKGNRB#.xjLMbzoqN 
  70. ^ “逃げ恥最終回“真田丸パロ”に紅白での恋ダンス期待”. 日刊スポーツ. (2016年12月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1754513.html 
  71. ^ “「逃げ恥」最終話でまさかの「真田丸」パロディ 視聴者歓喜「そうきたか」”. モデルプレス. (2016年12月20日). https://mdpr.jp/news/detail/1648081 
  72. ^ “ガッキーが“当選確実” 「逃げ恥」タイムリーな選挙コスプレ”. モデルプレス. (2016年11月29日). https://mdpr.jp/news/detail/1633074 
  73. ^ “『逃げ恥』“平匡の乙女ゲーム”パロディが大好評「このゲーム出してくれ!」”. 日刊大衆. (2016年12月17日). http://taishu.jp/detail/26002/ 
  74. ^ “井ノ原快彦、NHKの堂々過ぎる「逃げ恥」パロディ返しにツッコミ。「パクリだから」原作者からは感謝も”. モデルプレス. (2016年12月7日). https://mdpr.jp/music/detail/1643881 
  75. ^ “「NHKが逃げ恥をぶっ込んでくるとは!」11月24日放送クローズアップ現代+に大反響! 作者・海野つなみ登場にも驚きの声”. ダ・ヴィンチニュース. (2016年11月29日). http://ddnavi.com/news/336989/a/ 2016年12月22日閲覧。 
  76. ^ “紅白であるか「恋ダンス」…ゲスト審査員にガッキー&白組に星野源 局を超えたコラボが話題に”. 産経新聞. (2016年12月22日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161222/ent1612220005-n1.html 2016年12月22日閲覧。 
  77. ^ “逃げ恥、“逃げちゃダメだ!”の「本家、襲来」でコラボ実現へ”. モデルプレス. (2016年12月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1646456 
  78. ^ “「逃げ恥」と『エヴァ』の縁は終わりでなかった! 声優・緒方恵美、「逃げ恥」ダイジェスト特番のナレーション担当”. GYAO!トレンドニュース. (2016年12月17日). http://trendnews.yahoo.co.jp/archives/469138/ 
  79. ^ a b “「逃げ恥」ガッキーの“恋ダンス”が悶絶級「ポッキー以来の衝撃」「可愛すぎるなんてもんじゃない」”. モデルプレス. (2016年10月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1623161 
  80. ^ “「逃げ恥」“恋ダンス”新バージョン公開 藤井隆・真野恵里菜ら登場”. モデルプレス. (2016年11月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1640117 
  81. ^ “藤井隆&真野恵里菜らの“キレキレ恋ダンス”が325万再生突破「ハッピーになれる」の声”. モデルプレス. (2016年11月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1640360 
  82. ^ “「さすがキレキレ」 藤井隆さんなどの“恋ダンス”、公開1日で300万再生突破”. ITmediaニュース. (2016年11月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/28/news115.html 
  83. ^ “TBS安住アナ、星野源&石田ゆり子との“恋ダンス”に挑戦”. 音楽ナタリー. (2016年12月9日). http://natalie.mu/music/news/212437 2016年12月14日閲覧。 
  84. ^ “新垣結衣『逃げ恥』第10話 星野源の「好きの搾取」プロポーズにNG 恋ダンスの“安住アナコラボ”にもツッコミ多数”. T-SITE. (2016年12月13日). http://top.tsite.jp/news/geinou01/i/33671256/ 2016年12月13日閲覧。 
  85. ^ “「逃げ恥」小ネタにも全力「恋ダンス」は星野源と制作陣が思い合致”. スポーツニッポン. (2016年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/01/kiji/K20161101013641030.html 
  86. ^ 「逃げ恥」恋ダンスフルver.再公開、TBS公式YouTube再生記録更新,音楽ナタリー,2016年10月20日
  87. ^ “ついに社長まで!「恋ダンス」系列ローカル局バージョン”. RBB TODAY. (2016年11月25日). http://www.rbbtoday.com/article/2016/11/25/147361.html 
  88. ^ “地元のアナも踊ってる!? 系列ローカル局の美人アナが「恋ダンス」続々アップ”. msnエンタメ. (2016年11月11日). http://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/%e5%9c%b0%e5%85%83%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%82%82%e8%b8%8a%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b-%e7%b3%bb%e5%88%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ab%e5%b1%80%e3%81%ae%e7%be%8e%e4%ba%ba%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%81%8c%e3%80%8c%e6%81%8b%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%80%8d%e7%b6%9a%e3%80%85%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97/ar-AAka7C8 
  89. ^ “ドラマ「逃げ恥~」恋ダンス 地方に負けない!!本家TBSアナも参戦”. 東京中日スポーツ. (2016年11月29日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016112902000185.html 
  90. ^ “地方局でアツい「恋ダンス」面白いのはどこ/コラム”. 日刊スポーツ. (2016年11月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda-b/news/1744527.html 
  91. ^ a b c d e “「逃げ恥」“恋ダンス”踊ってみた動画が一大ブーム キレキレのプロ、完全パロディ…個性溢れる再現続々”. モデルプレス. (2016年10月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1628618 
  92. ^ “「逃げるは恥だが役に立つ」エンディング「恋ダンス」を図解してしみた「浸透力半端な~い!」”. エキサイトニュース. (2016年11月2日). http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20161102/E1478052084400.html 
  93. ^ “話題の“恋ダンス”がアイドルシーンに波及!早くも「うますぎる」と話題の動画が出現”. M-ON!MUSIC. (2016年10月19日). http://www.m-on-music.jp/0000164553/ 
  94. ^ “「逃げ恥」恋ダンス?千鳥・ノブのざっくりコピーが面白い「ガッキーがやるけぇ可愛いんじゃ!」”. モデルプレス. (2016年11月22日). https://mdpr.jp/news/detail/1638158 
  95. ^ “【恋ダンス】乃木坂46井上小百合×堀未央奈の「逃げ恥」恋ダンスが可愛い!「めっちゃ癒された」の声”. モデルプレス. (2016年11月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1638933 
  96. ^ ““恋ダンス”に菊地亜美&大川藍が挑戦!「さすが元アイドル」「2人とも息ピッタリ」と反響”. モデルプレス. (2016年12月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1643586 
  97. ^ “吉本新喜劇バージョン“恋ダンス”が話題「めっちゃ笑った」「完成度高い」”. モデルプレス. (2016年12月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1643580 
  98. ^ キャロライン・ケネディ大使 Twitter 2016年12月20日
  99. ^ “夏目三久 「逃げ恥」の「恋ダンス」披露も、失敗し陳謝”. livedoorニュース. (2016年11月1日). http://news.livedoor.com/article/detail/12224096/ 
  100. ^ “羽生結弦も『逃げ恥』ファン? “恋ダンス”披露にファン騒然「かわいいんだけど!」”. 日刊大衆. (2016年11月4日). http://taishu.jp/detail/25353/ 
  101. ^ “羽生結弦選手も「恋ダンス踊ってみた」 織田信成さん、Twitterで動画公開”. ITmedia. (2016年11月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/28/news153.html 
  102. ^ a b “「逃げ恥」で考えた、結婚って?家事って?愛情って?”. 朝日新聞. (2016年12月23日). http://digital.asahi.com/articles/ASJDP5JJNJDPUTFL01C.html 2016年12月25日閲覧。 
  103. ^ a b “逃げ恥 ドラマ大ヒット 無償の愛…有償の家事?”. 毎日新聞. (2016年12月24日). http://mainichi.jp/articles/20161224/k00/00e/040/150000c 2016年12月25日閲覧。 
  104. ^ “「逃げ恥」ヒットの要因は“じれったさ”穏やかな表現に共感”. スポーツニッポン. (2016年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/21/kiji/20161221s00041000104000c.html 
  105. ^ a b c 梅田恵子 (2016年11月20日). “敵失、新視聴率…「逃げ恥」が引いた5つの幸運”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/1754271.html 
  106. ^ “逃げ恥の視聴者を虜にする「ムズキュン」とは?”. ドワンゴジェイピーニュース. (2016年11月16日). http://news.dwango.jp/2016/11/16/112173/news/ 
  107. ^ “新垣結衣主演の「逃げ恥」 大人気の背景にある「ムズキュン」”. livedoorニュース. (2016年11月17日). http://news.livedoor.com/article/detail/12297435/ 
  108. ^ “「逃げ恥」はなぜヒットした?星野源を素直に愛せない私たちの思いを探ってみた”. ITmedia. (2016年11月22日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1612/22/news033.html 
  109. ^ “間もなく最終回! あなたもきっと陥る「逃げ恥ロス」への備え方”. AERA. (2016年11月13日). https://dot.asahi.com/aera/2016121200218.html 
  110. ^ “『逃げ恥』最終回でロス続出”. 朝日新聞. (2016年11月20日). http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2083378.html 
  111. ^ “『逃げ恥』最終回に大きな反響!早くも「逃げ恥ロス」に陥る人も……!?”. RBBTODAY. (2016年12月21日). http://www.rbbtoday.com/article/2016/12/21/148127.html 
  112. ^ “「逃げ恥」最終回でTwitterにはロス続出 「3ヶ月間、幸せをありがとう」”. ハフィントンポスト. (2016年12月21日). http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/20/nigehaji-loss_n_13753152.html 
  113. ^ 香月孝史 (2016年11月21日). “なぜ「逃げ恥」は“国民的ドラマ”になり得たのか?”. dot.. https://dot.asahi.com/dot/2016122100095.html?page=1 
  114. ^ “田嶋陽子氏、逃げ恥にかみつく「まだこんなことしてんの?」”. デイリースポーツ. (2016年11月21日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/21/0009769016.shtml 
  115. ^ “田嶋陽子氏、逃げ恥感想「人工知能みたい」一同苦笑”. 日刊スポーツ. (2016年11月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1754657.html 

外部リンク[ソースを編集]