池谷のぶえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いけたに のぶえ
池谷 のぶえ
本名 池谷 伸枝
生年月日 (1971-05-22) 1971年5月22日(51歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県
身長 158 cm
血液型 A型
ジャンル 女優
活動内容 テレビドラマ舞台
主な作品
テレビドラマ
民王
半分、青い。
中学聖日記
妖怪シェアハウス

映画
ソロモンの偽証
浅田家!
受賞
読売演劇大賞 優秀女優賞
テンプレートを表示

池谷 のぶえ(いけたに のぶえ、1971年5月22日 - )は、日本女優。本名、池谷 伸枝(読み仮名同じ)。茨城県出身。身長158cm。B:111、W:96、H:114cm。体重83kg。血液型はA型。特技はワープロの早打ち、卓球東洋大学社会学部応用社会学科卒業[1]1994年ブルースカイ小村裕次郎らとともに東洋大学演劇サークル「昏々睡々」のメンバーを中心に劇団「猫ニャー」(のちに「演劇弁当猫ニャー」)を旗揚げ。2004年の解散まで看板女優をつとめる[2]。現在はダックスープ所属。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

ラジオCM[編集]

舞台[編集]

猫ニャー[編集]

  • ポセイドンのララバイ(1996年、高田馬場アートボックスホール)
  • ファーブル(1996年、新井薬師ウェストエンドスタジオ)
  • 長そでを着てはこぶ(1997年、池袋シアターグリーン)
  • 不可能美(1997年、代々木フジタヴァンテ)
  • 鳥の大きさ(1997年、高田馬場アートボックスホール)
  • 山脈(1998年、中野ザ・ポケット)※猫ニャー+ナイロン100℃=猫100℃---。名義
  • MY LITTLE MOLERS~もぐらたたきの大きさ(1998年、中野ウェストエンドスタジオ)
  • フォーエバー ビリーブ(1999年、下北沢駅前劇場)- 編集長・母親
  • 弁償するとき目が光る(1999年、池袋東京芸術劇場(小2))- 竹下カナエ
  • パンダ致死量、6L(1999年、代々木フジタヴァンテ)- ヤスコ
  • 拙者ムニエル プレゼンツ「猫演劇フェスティバル」(2000年、三鷹市芸術文化センター・星のホール)- ママ、松田ほか
  • 夜の墓場で運動(2000年、新宿THEATER/TOPS)- 看護婦、理子の母
  • 将来への不安 Z-2000/ファーブル・ミニ(2000年、新宿シアターモリエール)- 子供、ヤクザ姉さん/ファーブルおばあさん

演劇弁当猫ニャー[編集]

  • 猫型物語(2001年、下北沢駅前劇場)- スパイになりたい主婦、アゴをはじく監督ほか
  • コスモ☆プロジェクト(2002年、池袋東京芸術劇場(小2))- コスモ・プロジェクト総司令官
  • 応急エステティック(2002年、新宿スペース・ゼロ)- 小谷シノブ
  • 弁償するとき目が光る(2003年、下北沢本多劇場)- 竹下カナエ
  • たびだち(2004年、中野ウェストエンドスタジオ)- 園長

外部公演[編集]

  • ナイロン100℃ 20th SESSION「ナイス・エイジ」(2000年9月、下北沢本多劇場)
  • うさこF「ジェラシー」(2002年5月、中目黒ウッディシアター)
  • 空飛ぶ雲の上団十郎一座「アチャラカ再誕生」(2002年8月、ラフォーレミュージアム原宿)
  • 裏拙者ムニエル「裏拙者マニア at 上野野音」(2003年8月、上野不忍池水上音楽堂)
  • うさこF「蟻地獄」(2003年9月、ウエストエンドスタジオ)
  • 透明人間の蒸気(2004年3月 - 4月、新国立劇場・中劇場 PLAYHOUSE)
  • 真夏の夜の夢 (2004年5月 - 6月、東京グローブ座)
  • 空飛ぶ雲の上団五郎一座「キネマ作戦」(2004年6月 - 7月、シアターアプル)
  • NODA・MAP 「走れメルス少女の唇からはダイナマイト!」(2004年12月 - 2015年1月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • 「気ままにミッドナイトタイフーン」(2005年3月、三鷹市芸術文化センター 星のホール)
  • KERA・MAP #003「砂の上の植物群」(2005年5月、シアターアプル)
  • 東京タンバリン「Damage」(2006年1月、吉祥寺シアター)
  • 月影十番勝負 第十番SASORIIX「約yakusoku束」(2006年3月、スペース・ゼロほか)
  • シス・カンパニー「獏のゆりかご」(2006年9月、紀伊國屋ホール)
  • ナイロン100℃ 29th SESSION「ナイス・エイジ」(2006年12月、世田谷パブリックシアター)
  • 演劇キックプロデュース 演劇ぶっく社20周年記念公演「レミゼラブ・ル」(2007年4月、シアターアプル)
  • アトリエ・ダンカンプロデュース公演「血の婚礼」(2007年5月 - 6月、東京グローブ座ほか)
  • 劇団、本谷有希子「偏路」(2007年12月、紀伊國屋ホール)
  • 「どん底」(2008年4月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • 「道元の冒険」(2008年7月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • THE SHAMPOO HAT「葡萄」(2008年9月、ザ・スズナリ)
  • 彩の国シェイクスピアシリーズ第21弾「冬物語」(2009年1月 - 2月、彩の国さいたま芸術劇場大ホールほか)
  • ダックスープ プロデュース「この世界から消える魔球」(2009年3月、ザ・スズナリ)
  • 「蜘蛛の巣」(2009年5月 - 6月、ル テアトル銀座ほか)
  • 劇団、江本純子「常に最高の状態」(2009年7月 - 8月、ギャラリーLE DECO)
  • G2 produce「静かじゃない大地」(2009年9月 - 10月、本多劇場ほか)
  • 自転車キンクリートSTORE「富士見町アパートメント」『リバウンド』(2010年2月 - 3月、座・高円寺1)
  • シス・カンパニー公演「2人の夫とわたしの事情」(2010年4月 - 5月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • ダックスーププロデュース「透明感のある人間」(2010年7月、ザ・スズナリ)
  • 大久保佳代子劇団「村娘」(2010年10月、恵比寿エコー劇場)
  • 「黴菌(ばいきん)」(2010年12月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • おにぎり 旗揚げ公演「断食」(2011年1月、座・高円寺1)
  • シス・カンパニー公演「トップ・ガールズ」(2011年4月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • 帝劇グランドロマン 帝劇開場100周年記念公演「風と共に去りぬ」(2011年6月 - 7月、帝国劇場ほか)
  • 「奥様お尻をどうぞ」(2011年7月 - 9月、下北沢本多劇場ほか)- 声の出演
  • 緋田・大堀・本田のビデオ制作CLUB!「ブルースカイ祭り-映画監督ブルースカイ生誕祭り-」(2011年8月13日)
  • 彩の国シェイクスピア・シリーズ第24弾「アントニーとクレオパトラ」(2011年10月 - 11月、彩の国さいたま芸術劇場 大ホールほか)
  • プロペラ犬「ネガヒーロー」(2012年1月 - 2月、CBGKシブゲキ!!)
  • U-1グランプリcase04「宇宙船(スペースシップ)」(2012年4月 - 5月、赤坂RED/THEATER)
  • 「高木珠里の演劇100人組手」(2012年7月14日、北沢タウンホール)
  • 葛河思潮社「浮標」(2012年9月 - 10月、世田谷パブリックシアターほか)
  • Produce lab 89 presents「夜の入り口-村岡希美と池谷のぶえ、倉橋由美子を読む-」 第1弾「大人のための残酷童話」月1リーディング(2012年10月25日・11月22日・12月20日、音楽実験室 新世界)
  • DuckSoup produce「音楽家のベートーベン」(2013年3月、こまばアゴラ劇場)
  • 演劇ユニット酒とつまみ「もうひとり」(2013年5月、OFF OFFシアター)
  • おにぎり「トークトワミー!」(2013年7月、ザ・スズナリ)
  • Produce lab 89「夜の入り口-倉橋由美子を聴く、たしなむ、旅する-」第2シーズン『酔郷譚』(2013年8月22日 - 24日、音楽実験室 新世界)
  • 舞台「私のホストちゃん」(2013年10月 - 11月、青山劇場)
  • 「マクベス Macbeth」(2013年12月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • ジョンソン&ジャクソン「窓に映るエレジー」(2014年7月 - 8月、CBGKシブゲキ!!)
  • Produce lab 89 倉橋由美子翻訳「星の王子さま」の夜 (2014年8月8日、音楽実験室 新世界)
  • パルコ・プロデュース「イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー ~パパと呼ばないで~」(2014年9月 - 10月、PARCO劇場)
  • 青山円形劇場プロデュース「夕空はれて よくかきくうきゃく」(2014年12月、青山円形劇場)
  • 「禁断の裸体-Toda Nudez Sera Castigada-」 (2015年4月、Bunkamuraシアターコクーンほか)
  • 倉橋由美子・倉橋三郎 姉弟展関連企画「倉橋由美子没後 10年記念」朗読会 (2015年、)
  • KERA・MAP「グッドバイ」 (2015年9月- 10月、世田谷パブリックシアターほか)
  • シス・カンパニー公演「才原警部の終わらない明日」 (2015年11月 - 2016年1月、世田谷パブリックシアターほか)
  • 2015/2016 シーズン 鄭 義信三部作 Vol.2「たとえば野に咲く花のように」 (2016年4月、新国立劇場 小劇場 THE PITほか)
  • 葛河思潮社 第五回公演「浮標(ぶい)」 (2016年8月 - 9月、神奈川芸術劇場・大スタジオほか)
  • 遠野物語 奇ッ怪其ノ参」 (2016年10月 - 12月、世田谷パブリックシアターほか)
  • NODA・MAP「足跡姫時代錯誤冬幽霊」 (2017年1月 - 3月、東京芸術劇場 プレイハウス)
  • 「Little Voice(リトル・ヴォイス)」(2017年5月 - 6月、天王洲銀河劇場ほか) - セイディ 役[16]
  • こまつ座 第119回公演「円生と志ん生」 (2017年9月、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA)
  • 「24番地の桜の園」 (2017年11月 - 12月、Bunkamuraシアターコクーンほか)
  • ジョンソン&ジャクソン「ニューレッスン」 (2018年6月 - 7月、CBGKシブゲキ!!ほか)
  • 「ゲゲゲの先生へ」 (2018年10月 - 11月、東京芸術劇場 プレイハウスほか)
  • こまつ座 第125回公演「どうぶつ会議」(2019年1月 - 2月、新国立劇場 小劇場 THE PIT)
  • 劇団「地蔵中毒」第10回公演 無教訓意味なし演劇vol.10「純喫茶"味噌夢"~蜘蛛でもわかるアクリル製色即是空~」(2019年5月5日、千本桜ホール)- アフタートークに出演
  • シス・カンパニー公演「恋のヴェネチア狂騒曲」Il servitore di due padroni (2019年7月、新国立劇場 中劇場)
  • 月影番外地 その6「あれよとサニーは死んだのさ」(2019年12月、ザ・スズナリ)
  • 「お勢、断行」(2020年2月 - 3月、世田谷パブリックシアター※COVID-19感染状況ならびに予防対策のため全公演中止
  • イキウメ「外の道」(2020年5月 - 7月、東京芸術劇場 シアターイーストほか) ※COVID-19感染状況ならびに予防対策のため全公演中止
  • “ねずみの三銃士” 第4回企画公演「獣道一直線!!!」(2020年10月 - 12月、PARCO劇場ほか)
  • シス・カンパニー公演「ほんとうのハウンド警部」(2021年3月、Bunkamuraシアターコクーン)
  • イキウメ「外の道」(2021年5月 - 7月、シアタートラムほか) - 山鳥芽衣
  • いきなり本読み!in 東京建物 Brillia HALL(2021年10月2日、豊島区立芸術文化劇場)
  • ナイロン100℃ 47th SESSION「イモンドの勝負」(2021年11月 - 12月、下北沢本多劇場ほか)
  • 「お勢、断行」(2022年5月 - 6月、世田谷パブリックシアターほか)

ラジオ[編集]

WEB[編集]

WEB CM[編集]

  • 幸楽苑

その他[編集]

受賞歴[編集]

  • 第28回読売演劇大賞 優秀女優賞受賞(舞台『獣道一直線!!!』にて)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Alumuni Today”. 2020年8月15日閲覧。
  2. ^ "私は俳優に向いてない。それでも俳優を続ける理由とは? ――俳優・池谷のぶえさんの原点回帰". LINK@TOYO. 東洋大学. 27 February 2019. 2022年4月6日閲覧
  3. ^ a b “『妖怪シェアハウス』続編&映画化決定 小芝風花「とにかくパワーアップしています!」”. Real Sound映画部 (blueprint). (2022年1月21日). https://realsound.jp/movie/2022/01/post-951726.html 2022年1月21日閲覧。 
  4. ^ “望月歩、映画『妖怪シェアハウス』で小芝風花の恋のお相手「本当に凄い方」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月12日). https://news.mynavi.jp/article/20220412-2319767/ 2022年4月12日閲覧。 
  5. ^ "水川あさみ、監督デビュー作の主演は夫・窪田正孝 『MIRRORLIAR FILMS』S4の詳細発表". Real Sound. blueprint. 20 June 2022. 2022年6月20日閲覧
  6. ^ "「MIRRORLIAR FILMS」第4弾監督は、池田エライザ、齊藤工、藤井道人、水川あさみ、ムロツヨシら9名! 伊藤沙莉、窪田正孝らが出演". 映画.com. カカクコム. 20 June 2022. 2022年6月20日閲覧
  7. ^ 松本まりか、毎熊克哉らが特殊メイクで大変身 小芝風花主演『妖怪シェアハウス』追加キャスト発表”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (2020年6月27日). 2020年6月26日閲覧。
  8. ^ “滝沢カレン、Kaito「逃げ恥」新春SPゲストキャスト「まさか自分が出演できるなんて」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年11月24日). https://hochi.news/articles/20201123-OHT1T50168.html 2020年11月24日閲覧。 
  9. ^ "オカルトの森へようこそ:堀田真由主演のWOWOWドラマ "怪しげな"ポスタービジュアル公開". MANTAN WEB. 株式会社MANTAN. 16 June 2022. 2022年6月16日閲覧
  10. ^ "伊藤沙莉さんNHKドラマ初主演!特集ドラマ「ももさんと7人のパパゲーノ」制作開始". 1 June 2022. 2022年6月1日閲覧
  11. ^ ““トラベルナース”岡田将生דスーパーナース”中井貴一の場面写真公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年9月22日). https://news.mynavi.jp/article/20220922-2460036/ 2022年9月22日閲覧。 
  12. ^ “HUGっと!プリキュア:俳優・野間口徹がえみるの父に 池谷のぶえ、霜月紫も出演”. MANTANWEB. (2018年5月12日). https://mantan-web.jp/article/20180511dog00m200056000c.html 2018年5月12日閲覧。 
  13. ^ ふしぎ駄菓子屋 銭天堂”. NHKアニメワールド. NHK. 2020年7月27日閲覧。
  14. ^ 『映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』キャスト&スタッフ解禁”. 東映まんがまつり公式. 2020年3月26日閲覧。
  15. ^ 映画『100日間生きたワニ』公式サイト”. 2021年3月10日閲覧。
  16. ^ “大原櫻子主演「リトル・ヴォイス」、追加キャストに山本涼介&池谷のぶえ”. ステージナタリー. (2016年11月9日). http://natalie.mu/stage/news/208541 2016年11月9日閲覧。 

外部リンク[編集]