時代をつくった男 阿久悠物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
時代をつくった男 阿久悠物語
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:18 - 23:18
放送期間 2017年8月26日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
製作総指揮 福士睦(チーフプロデューサー)
演出 菅原伸太郎
脚本 松田裕子
プロデューサー 加藤正俊
難波利昭
岩間玄(協力プロデューサー)
出演者 亀梨和也
松下奈緒
田中圭
八嶋智人
加藤シゲアキ
音声 解説放送ステレオ二重音声放送
字幕 あり
時代設定 昭和時代、戦後期

特記事項:
解説放送あり
テンプレートを表示

時代をつくった男 阿久悠物語(じだいをつくったおとこ あくゆうものがたり)は2017年8月26日21:18 - 23:18に日本テレビ系『24時間テレビ40「愛は地球を救う」』内で放送された単発ドラマである。

昭和を代表する作詞家阿久悠の半生を描いたドラマであり、主演は亀梨和也、その妻を演じるのは松下奈緒

平均視聴率は25.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[1]

あらすじ[編集]

深田公之は、広告代理店宣弘社」の社員時代、会社には内緒で放送作家アルバイトを始め、その頃から「阿久 悠」(あくゆう)のペンネームを使い始める。その間に、会社同僚の雄子と出逢い、交際を経て、1964年昭和39年)に結婚する。その後、宣弘社を退職してプロの放送作家に転向した阿久は、作詞家としての活動も開始し、数々のヒット曲を世に送り出す。

1971年(昭和46年)、阿久のもとに、日本テレビのプロデューサー・池沢に声を掛けられ、新番組の立ち上げに加わった。その新番組とは「テレビ局からスターを発掘する」という内容のオーデション番組で、番組のタイトルは『スター誕生!』に決まり、阿久も審査員として出演し、森昌子ピンク・レディーといった人気歌手を発掘させた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]

24時間テレビのドラマスペシャルでは闘病記や障害者のノンフィクション作品がドラマ化されることが通例であり、原作付きではない著名人の生涯が取り上げられたのは今回が初めてであった[3][4]

本作放送翌日(8月27日)の『24時間テレビ40・PART5』(6:55 - 11:17)内において、11:00頃から姉妹企画「阿久悠メドレー」を『24時間テレビ』会場のステージで行った(例年はドラマのモデルとなった人物のドキュメンタリーが放送される時間帯である)。紹介された曲は次の通り。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 亀梨和也主演「阿久悠物語」平均視聴率、歴代3位タイの25.6% 瞬間最高も28.0% スポーツ報知 2017年8月28日
  2. ^ yae_1005の2017年8月26日のツイート2017年9月2日閲覧。
  3. ^ 1989年の第12回ではアニメスペシャルで手塚治虫の生涯が取り上げられている(手塚治虫物語 ぼくは孫悟空)。
  4. ^ 闘病記や障害者を扱わないドラマも今回が初。

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 24時間テレビ』内ドラマ
前番組 番組名 次番組
時代をつくった男
阿久悠物語
(2017年)