リカ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リカ
著者 五十嵐貴久
発行日 2002年2月
発行元 幻冬舎
ジャンル ホラーサスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 381
コード ISBN 4-344-00150-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

リカ』は2002年幻冬舎から刊行された五十嵐貴久小説及びそのシリーズ。2003年2019年にはテレビドラマも製作されていた。

概要[編集]

出会いサイトで知り合った雨宮リカという怪物のような女性にストーキングされ追い詰められるサラリーマンの姿を描いたホラーサスペンス小説。

2001年第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した著者のデビュー作で、2002年2月に単行本が発売された。なお、選考時のタイトルは『黒髪の沼』。2003年に文庫本が発売され、単行本には未収録だったエピローグが収録されている。その後2013年に約11年ぶりの続編『リターン』を刊行。その後『リバース』をはじめとした、リカの過去やリカの事件に巻き込まれた人間に焦点を当てた文庫オリジナルの『リカ・クロニクル』シリーズが刊行されている。

あらすじ[編集]

印刷会社「東洋印刷社」に勤めるサラリーマン・本間隆雄は、家族を愛しながらも、かつて後輩が勧めた出会いサイトの魅力に嵌り、インターネット上で交わされる女性とのやり取りに興じる日々を送っていた。

ある時、本間は自身の昇進を機に、出会いサイトの中で知り合った「リカ」に携帯番号を教え、コンタクトを取ろうとする。それを機に本間は、リカから執拗に電話を受け、嫌気が差した本間は新しく携帯を変えて関係を絶つ。だが、リカは本間の想像を超えたストーキングを開始し、居所をリカに突き止められた本間は、リカの常軌を逸した手段に精神的にも追い詰められてしまう。本間の周りの人間がリカの犠牲にさらされたとき、本間はリカとの対峙を決意する。

登場人物[編集]

本間 隆雄
印刷会社「東洋印刷社」の営業部副部長(作中で専任部長に昇進)。妻と娘を愛する良き家庭人だが、坂井に出会いサイトを勧められたのを機に、出会いサイトにのめりこんで行く。出会いサイト内では「本田たかお」というハンドルネームを使用している。物語はエピローグを除いて本間の視点で進行する。
雨宮 リカ
本間と出会いサイトで知り合った女性。サイトの文面上では職業は看護婦(現:看護師)で性格は臆病で優柔不断な女性だと本間に分析されていた。だが本性は歪んだ自尊心の持ち主で、相手の意もおかまいなしに一方的に好意を抱き、異常な方法で追い詰めていく。異様にやせ細った体型で体臭はきつい、だが声だけは綺麗という特徴を持つ。ある病院で看護婦をしていた時、そこの医者に好意を抱いた末に殺害した可能性がある。
坂井 政司
大手総合出版社「蒼星社」の編集者をしている本間の後輩。本間に出会いサイトの存在を教え、その世界に引き込んだ張本人。自身も出会いサイトを通じて女性と出会うことに興じている。
原田 信也
「原田探偵事務所」所長の探偵で本間の大学時代の友人。探偵事務所を開く以前は刑事をしていた。パソコンや個人情報の危険性を熟知し、出会いサイトに嵌った本間に呆れながらも、本間の依頼を受け、リカの素性を探る。
菅原 忠司
警視庁の刑事。肩書きは警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査一係担当係長、階級は警部補。原田の警察時代の先輩で30年以上の経験を持つベテラン。この第1作より時系列が前後の作品でもリカが関与する事件の捜査を担当したり、後輩の刑事に人格的に影響を与えたりするなど、このクロニクルシリーズの影の主役ともいえる存在。

刊行情報[編集]

  • 『リカ』幻冬舎、2002年2月。ISBN 978-4-344001-50-3 
  • 『リカ』幻冬舎文庫、2003年10月。ISBN 978-4-344404-39-7  

リカ・クロニクルシリーズ[編集]

  • 『リターン』幻冬舎 2013年6月 /幻冬舎文庫 2015年11月
    • 第1作から10年後を舞台に、リカを追跡する2人の女刑事を描いた直接の続編。後述する映画の原作。
  • 『リバース』幻冬舎文庫 2016年10月
    • 裕福な医師一家に潜む闇を、住込み家政婦が恩人への手紙の形式で描く、雨宮リカ誕生のプロローグ。
  • 『リハーサル』幻冬舎文庫 2019年2月
    • 第1作でも途中触れられる、リカが関与した花山病院での若い副院長殺害の全容が詳細に明かされる。
  • 『リメンバー』幻冬舎文庫 2019年12月
    • リカ事件の心理感染とみられる連続殺人を中心に、『リカ』『リターン』の登場人物のその後を描く。
  • 『リフレイン』幻冬舎文庫 2021年3月
    • リカが在籍した看護学校の火災事故までを、生存者の手記や事故の雑誌記事からの引用の形で進行。
  • 『リセット』幻冬舎文庫 2022年7月
    • リカを養子として迎えた一家に秘められた怖ろしい秘密と、転入先の高校で起こる連続不審死を描く。
シリーズの時系列

過去から『リバース』→『リセット』→『リフレイン』→『リハーサル』→『リカ』→『リターン』→『リメンバー』の順。ただ『リフレイン』はこれまでのリカシリーズの総集編も兼ねてある為か、話の核となる火災事故の前後の出来事を扱っている描写がある。また同じく『リフレイン』では、事件の起きた年が微妙に違っているなど(『リターン』で1作目の出来事が2002年12月に起こっていることが判明しているが、『リフレイン』では2000年に起こったとされている)、若干の齟齬がみられている。

テレビドラマ[編集]

2003年のテレビ朝日制作の単発ドラマ、2019年の東海テレビ制作の連続ドラマ共に共同テレビジョン(共テレ)が携わっている。

2003年版[編集]

2003年3月1日に「土曜ワイド劇場」枠で「土曜ワイド劇場25周年記念特別企画」として放送された。

キャスト(2003年版)[編集]

スタッフ(2003年版)[編集]

2019年版[編集]

リカ
ジャンル 連続ドラマ
原作 五十嵐貴久
『リハーサル』、『リカ』『リバース』
企画 市野直親(東海テレビ
栗原美和子共同テレビ
脚本 リカ
牟田桂子(第1部)
嶋田うれ葉(第2部)
リカ~リバース~
本田隆朗
演出 リカ
松木創(共同テレビ
菊川誠(共同テレビ)
下向英輝(共同テレビ)
リカ~リバース~
松木創(共同テレビ)
出演者 高岡早紀
音楽 戸田有里子
セブンゲート
【リカ~リバース~】
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
シリーズ数 2
製作
プロデューサー リカ
栗原美和子(共同テレビ)【企画・プロデュース】
河角直樹(東海テレビ)
芳川茜(共同テレビ)
リカ~リバース~
松崎智宏(東海テレビ)
芳川茜(共同テレビ)
制作 東海テレビ放送
製作 共同テレビジョン
放送
放送チャンネルフジテレビ
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2019年10月5日 - 2019年11月30日
放送時間土曜 23:40 - 翌 0:35 
放送枠オトナの土ドラ
放送分55分
回数8回
公式サイト
リカ
出演者高岡早紀
小池徹平(第1部)
大谷亮平(第2部)
夏菜
徳永えり(第2部)
柏原収史(第2部)
西岡徳馬(第1部)
ナレーター吉本実憂
エンディング倖田來未STRIP
放送期間2019年10月5日 - 2019年11月30日
放送時間土曜 23:40 - 翌 0:35
放送枠オトナの土ドラ
放送分55分
回数8
公式サイト
リカ〜リバース〜
出演者高岡早紀
浅香航大
福田麻由子
山口まゆ
田辺桃子
小田井涼平純烈
エンディングFAKY「99」
放送期間2021年3月20日 - 2021年4月3日
放送時間土曜 23:40 - 翌 0:35
放送枠オトナの土ドラ
放送分55分
回数3
公式サイト

特記事項:
第2話は令和元年東日本台風(台風19号)関連の特設ニュースの為、5分繰り下げ放送(23:45 - 0:40)。
第3話は定刻放送予定だったが『SMBC日本シリーズ2019第1戦・ソフトバンク×巨人』中継の65分延長(18:30 - 21:59)の為、繰り下げ日曜日になってからの放送(0:45 - 1:40)。
第4話は『土曜プレミアム 三度目の殺人』(21:00 - 23:30、フジテレビ制作)の為、日曜日になってからの放送(0:00 - 0:55)。
11月2日は『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』のため休止。 
テンプレートを表示

2019年10月5日から11月30日まで、東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送[1][2]。小説シリーズの中から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作とする2部構成。ホラーサスペンスではあるがドラマ全体的に過度に刺激的な要素はある程度抑えられ、同時にリカや他の人物の心理面を強調して描いた、東海テレビお得意の「ドロドロ愛憎劇」の様相も呈している。

キャッチコピーは「私といっしょにいるの幸せでしょ?」。

キャスト(2019年版)[編集]

自称28歳。原作小説での身体的な特徴(長髪、長身で体臭がきつい、等)は殆どカットされ、代替として左腕に十字の痣があるという設定が加えられた。この痣は普段はファンデーションで隠しているが、リカの感情の昂ぶりによって黒や薄紅色に光る。性格は基本的に「運命の人」に対して献身的な態度を見せるが、自分の思い通りにいかないことがあるとすぐ舌打ちをする癖があり、自分の邪魔をする人間に対し小さい声で「死ねばいい」とつぶやく事がある。その一方で幼い頃に母親に虐待され家族の愛も知らずに育ったため(前出の痣もその時の虐待のものらしい)、その影響からか第1部では師長の藤鐘に対し娘に対してもっと丁寧に接してほしいと抗議する描写があり、第2部でも原作や原作続編『リメンバー』とは違い、父母が別居していていじめられていた本間の娘・亜矢に対し優しく接している。また蒐集癖もあり、運命の人に関連する物品(第1部では手術用のゴム手袋やペアン鉗子等)をハーバリウムに入れて保存していた。

第1部[編集]

『リハーサル』がベース。前出の藤鐘の母子のエピソードが追加されているほか、第2部でも登場する丘留千秋の設定の変更(原作では丘留陽子の名で大学を出たばかりの受付係。ドラマでは既婚者)、そして原作では酸鼻な幕切れだった第1部ラストの描写が、深夜枠とはいえテレビドラマとして放送可能なレベルに抑制されている。

第2部[編集]

第1部から3年後を描く。小説第1作がベースだが、次の点で設定が大幅に原作と異なっている。

本間の勤務先と役職(映画会社「宝映」のプロデューサー)
本間の家庭の状況(妻が自分自身の不倫で娘共々家を出て行っている)
本間がマッチングアプリ(原作での出会い系サイト)に登録した理由(映画の仕事でのリサーチの為、「作家・神宮寺たかお」のハンドルネームで登録)
原田と菅原の関係(菅原と原田が警察時代の同期で、菅原の年齢も原田と同年代になっている。菅原は後述する続編映画には登場しない)
リカが本間の個人情報を知る方法(第1部の後離婚し、宝映に再就職した金沢(丘留)千秋を介して入手)

スタッフ(2019年版)[編集]

放送日程(2019年版)[編集]

話数 放送日 サブタイトル[4] ラテ欄[5] 演出 視聴率[6]
第1部
第1話 10月05日 あなたは運命の人 あなたが私の運命の人…
自称28歳狂気の"純愛モンスター"が
周囲を破滅に追い込む!
松木創 2.7%
第2話 10月12日 これは私たちだけの秘密 これはふたりの愛の絆!
戦慄の罠が男を追いつめる恐怖の手術室!
運命の暗転…
菊川誠 3.6%
第3話 10月20日(日) 鈍感な女…死ねばいい! ストーカー女は許せない!
交際の噂に追い込まれる副院長!
愛の狂気に断末魔の叫びが響く
3.1%
第4話 10月27日(日) 私の何がいけなかったの! 第1部最終回狂気の愛が暴走!
衝撃と戦慄のクライマックスがあなたを襲う!
松木創 2.9%
第2部
第5話 11月09日 やっと出会えた…運命の人 第2部スタート純愛モンスター復活!
今度こそ見つけた運命の人! 絶対離さない
松木創 3.6%
第6話 11月16日 私、いいお母さんになるから! 私いい奥さんになるわ!
暴走するストーキングに
周囲の全て悪夢に堕ちていく!
下向英輝 2.9%
第7話 11月23日 リカはストーカーなんかじゃない! ストーカーなんかじゃない!
エスカレートする執着の悪夢 家族に魔の手が迫る
松木創 3.8%
最終話 11月30日 もうあなたしかいないの… もうあなたしかいないの…
戦慄のサイコスリラー完結! 史上最恐の結末に仰天
4.1%
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

2021年版[編集]

2019年版より過去の物語として、『リカ〜リバース〜』のタイトルで2021年3月20日から4月3日まで同じく「オトナの土ドラ」枠にて放送された[7]。ベースとなった小説『リバース』には無かった、雨宮家の双子の母親である麗美の、家庭教師の宗像に対する一方的な片想いが追加された反面、父親・武士の死因や、後に小説シリーズで重要な設定の発端となる結花の病気、そしてそれらによる人間関係の変化など、登場人物の一部設定が変更またはカットされている。

キャスト(2021年版)[編集]

スタッフ(2021年版)[編集]

  • 原作 - 五十嵐貴久『リカ』『リバース』(幻冬舎文庫
  • 脚本 - 本田隆朗
  • 企画 - 市野直親(東海テレビ)
  • 音楽 - 戸田有里子(セブンゲート)
  • 企画・プロデュース - 栗原美和子(共同テレビ)
  • プロデューサー - 松崎智宏(東海テレビ)、芳川茜(共同テレビ)
  • 主題歌 - FAKY『99』(rhythm zone)
  • 挿入歌 - Lil' Fang「人形の家」(rhythm zone)
  • 演出 - 松木創(共同テレビ)
  • 制作著作 - 共テレ
  • 制作 - 東海テレビ

放送日程(2021年版)[編集]

話数 放送日 サブタイトル ラテ欄[8]
第1話 3月20日 バラの咲く家…惨劇の始まり あの純愛モンスター再び! 驚愕の誕生秘話ヤバすぎる母と双子の娘の物語…
第2話 3月27日 相次ぐ悲劇 “幸せ”のミートソース 戦慄のミートソース 1人また1人… 相次ぐ悲劇! 私の幸せは奪わせない…
最終話 4月03日 誠実な愛がほしかっただけ ほしかったのは誠実な愛… 純愛モンスター誕生の結末。すべてが覆るラスト
東海テレビ制作・フジテレビ オトナの土ドラ
前番組 番組名 次番組
それぞれの断崖
(2019年8月3日 - 9月21日)
リカ
(2019年10月5日 - 11月30日)
悪魔の弁護人・御子柴礼司
〜贖罪の奏鳴曲〜

(2019年12月7日 - 2020年1月25日)
その女、ジルバ
(2021年1月9日 - 3月13日)
リカ〜リバース〜
(2021年3月20日 - 4月3日)

映画[編集]

リカ
〜自称28歳の純愛モンスター〜
監督 松木創
脚本 三浦希紗
原作 五十嵐貴久
『リカ』
『リターン』
製作 栗原美和子
山崎淳子
杉本雄介
出演者 高岡早紀
市原隼人
内田理央
尾美としのり
マギー
佐々木希
音楽 戸田有里子
主題歌 FAKY「99」
撮影 白石利彦
編集 安部華子
制作会社 共同テレビジョン
製作会社 映画『リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜』製作委員会
配給 ハピネットファントム・スタジオ
公開 日本の旗 2021年6月18日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5000万円[9]
テンプレートを表示

リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜』(リカ じしょうにじゅうはっさいのじゅんあいモンスター)のタイトルで、2021年6月18日に公開。『リカ』の文庫版エピローグと『リターン』を原作とし、2019年の連続ドラマ版最終回の3年後を描く[10][11]。キャッチコピーは、「惚れたら、死ぬ。」。PG12指定

あらすじ(映画)[編集]

3年前にリカによって拉致され行方不明になっていた本間が、ある山中でトランクケースに詰められた死体となって発見された。リカを追う刑事の奥山はマッチングアプリを使って自らを囮にしてリカをおびき出そうとするが、同じ刑事であり婚約者でもある孝子はリカにのめり込んでいくような捜査方法に不安を隠せずにいた。しばらくして音信不通となり不安を感じた孝子は先輩刑事の尚美と共に奥山の部屋をたずねるが、そこで見たものは変わり果てた奥山の死体だった。リカを逮捕し無念を晴らすため、2人は遺された奥山の携帯からリカへの接触を試みる。

原作との違い(映画)[編集]

  • 原作では尚美視点で話が進行していくが、映画では孝子をメインに進行。ラストのリカとの対決も孝子が務める。
  • 同時に原作冒頭とラストで尚美の人格形成に関わる、先輩刑事・菅原の存在自体をカット。その為映画での冒頭の役割は奥山の後輩である米崎が、ラストでの役割はリカが劇中3Dプリンターで製作した想像の奥山の人形が担当。
  • 孝子の恋人である奥山は特に人格背景がなかった原作とは違い、映画では過去に昔両親が離婚して母と暮らしたために母親の愛情を感じられずに育ったという映画独自の人格背景が加えられ、捜査を進めていくうちに同じ境遇のリカに共感し惹かれていく流れに。

キャスト(映画)[編集]

シーズン1ドラマ「リカ」より

スタッフ(映画)[編集]

漫画[編集]

電子書籍アプリ『コミックコンテナ』において『リカ 黒髪の沼』(りか くろかみのぬま)のタイトルでコミカライズ。作者は富士高因。また続編『リターン』もバーズコミックスより『リターン ~漆黒のゴースト リカ~』のタイトルでコミカライズ。作者は玄田げんた

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “高岡早紀、悪女ストーカーに!純愛モンスターの“餌食”は小池徹平&大谷亮平”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月30日). https://www.sanspo.com/article/20190830-B7MNMVHALNN3HFGOJMOY33NPG4/ 2019年8月30日閲覧。 
  2. ^ 高岡早紀 自称28歳の狂気のストーカー役に「一緒に恐怖体験を」”. フジテレビ (2019年8月30日). 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ “倖田來未、新曲がドラマ『リカ』の主題歌に決定”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年9月14日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000829-bark-musi 2019年9月14日閲覧。 
  4. ^ 【東海テレビ】リカ.FOD.フジテレビ
  5. ^ リカ”. あらすじ. ザテレビジョン. 2019年10月4日閲覧。
  6. ^ “高岡早紀「リカ」本間の娘の亜矢が…4.1%締め”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911280000992.html 2019年12月4日閲覧。 
  7. ^ “高岡早紀、『リカ』第2弾で“自称28歳”狂気の母親に 「演じていてとても面白かった”. クランクイン (ブロードメディア). (2021年2月18日). https://www.crank-in.net/news/86406/1 2021年2月18日閲覧。 
  8. ^ リカ〜リバース〜”. あらすじ. ザテレビジョン. 2021年3月18日閲覧。
  9. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.44
  10. ^ a b c d e f g h i "『リカ』6月映画化決定 高岡早紀と対峙するキャストに市原隼人、内田理央、佐々木希ら". Real Sound. blueprint. 24 March 2021. 2021年3月24日閲覧
  11. ^ a b c d e f g h i "高岡早紀主演、狂気のラブサイコスリラーが映画化 「リカ 自称28歳の純愛モンスター」6月18日公開". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 24 March 2021. 2021年3月24日閲覧
  12. ^ 高岡早紀、“魔性”と呼ばれすぎて「どうでもいい!」悟りの境地!? 愛娘からは恋のお悩み相談も”. デイリースポーツ (2021年6月11日). 2021年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]