朝が来る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝が来る
著者 辻村深月
発行日 2015年6月15日
発行元 文藝春秋
ジャンル ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 352
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-390273-9
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

朝が来る』(あさがくる)は、辻村深月による日本ミステリ小説である。

2016年テレビドラマ化された[1]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

栗原 佐都子
41歳。専業主婦。
栗原 清和
41歳。建築会社勤務。
栗原 朝斗
幼稚園の年長組。生母は片倉ひかり。
片倉 ひかり
中学生の時朝斗を出産。特別養子に出す。

テレビドラマ[編集]

朝が来る
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜 23:40 - 翌0:35(55分)
放送期間 2016年6月5日 - 7月31日[2](8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東海テレビ
演出 古澤健
金子与志一
原作 辻村深月
『朝が来る』
脚本 高橋麻紀
プロデューサー 松本圭右
渋谷未来
井上季子
出演者 安田成美
川島海荷
田中直樹
佐津川愛美
滝沢沙織
小野塚勇人
黒川智花
石田えり
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
エンディング ZAZ「もし私が忘れるようなことがあったら」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は前夜のバレーボール中継のため35分繰り下げ(0:15 - 1:10)。
第3回は前夜の『第8回AKB48総選挙SP』に伴う特別編成のため30分繰り下げ(0:10 - 1:05)。
最終回は前夜の『土曜プレミアム』が20分後拡大のため、20分繰り下げ(0:00 - 0:55)。
以上のように、初回、第3回と最終回は日曜日になってからの放送となった。
7月23日は『FNS27時間テレビフェスティバル!』のため休止。
テンプレートを表示

2016年6月5日から7月31日まで毎週土曜日23:40 - 翌0:35[2]に、東海テレビの制作・フジテレビ系の『オトナの土ドラ』枠で放送された。安田成美2000年の『リミット もしも、わが子が…』以来16年ぶりの連続ドラマ主演作となる[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[3] 演出
第1話 6月05日 不穏な電話 古澤健
第2話 6月11日 女の正体
第3話 6月19日 実母を襲う深い闇 金子与志一
第4話 6月25日 悪魔の誘惑
第5話 7月02日 あの日の真実 古澤健
第6話 7月09日 すれ違う心と新たな絆 金子与志一
第7話 7月16日 本当に求めていたもの
最終話 7月31日 そして、朝が来る 古澤健
東海テレビ制作・フジテレビ オトナの土ドラ
前番組 番組名 次番組
火の粉
(2016年4月2日 - 5月28日)
朝が来る
(2016年6月5日 - 7月31日[2]
ノンママ白書
(2016年8月13日 - 9月24日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「血がつながっていなくても母と子になれるんです」”. 週刊文春web. 2016年6月25日閲覧。
  2. ^ a b c 特記事項にあるとおり、初回・第3回・最終回は日曜日になってからの放送となっている。
  3. ^ “フジテレビオンデマンド エピソードリスト”. フジテレビ. http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4828/4828910001/ 

外部リンク[編集]