死の棘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
死の棘
The Sting of Death
作者 島尾敏雄
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 雑誌掲載
初出 第1章「離脱」 - 『群像1960年4月号
第2章「死の棘」 - 『群像』1960年9月号
第3章「崖のふち」 - 『文學界』1960年12月号
第4章「日は日に」 - 『新潮1961年3月号
第5章「流棄」 - 『小説中央公論1963年4月号
第6章「日々の例」 - 『新潮』1963年5月号
第7章「日のちぢまり」 - 『文學界』1964年2月号
第8章「子と共に」 - 『世界』1964年9月号
第9章「過ぎ越し」 - 『新潮』1965年5月号
第10章「日を繋げて」 - 『新潮』1967年6月号
第11章「引っ越し」 - 『新潮』1972年4月号
第12章「入院まで」 - 『新潮』1976年10月号
刊行 新潮社 1977年9月30日
受賞 芸術選奨(1961年)
読売文学賞(1977年)
日本文学大賞(1978年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

死の棘』(しのとげ)は島尾敏雄の代表作。日本文学大賞読売文学賞芸術選奨受賞。夫の不倫を糾弾・尋問し神経が狂ってしまった妻を題材にした私小説で、極限状態で結ばれた夫婦が、断絶の危機に合い、絆を取り戻そうとする様を情感豊かに描く。

1960年昭和35年)から1976年(昭和51年)まで、『群像』、『文学界』、『新潮』などに短編の形で断続的に連載。1977年(昭和52年)に新潮社より全12章の長編小説として刊行された。なお、長編での第1章「離脱」、第2章「死の棘」まで(「家の中」「家の外で」「離脱」「死の棘」「治療」「ねむりなき睡眠」で編成)を収録した1961年(昭和36年)刊の講談社版、 同じく第3章「崖のふち」、第4章「日は日に」までを収録した1963年(昭和38年)刊の角川文庫版も存在する。全12章版は新潮文庫から刊行されている[1]

表題は新約聖書コリントの信徒への手紙一』第15章の第55-58節にある使徒パウロの言葉「『死よ、なんぢの勝は何処にかある。死よ、なんぢの刺は何処にかある』死の刺は罪なり。罪の力は律法なり。(後略)」に由来している[2][3]

評価・研究[編集]

1961年に第11回芸術選奨を受賞するなど多くの讃辞を受けた[3]

手塚富雄は、「(事件そのものを)全的に受けとめた作者の精神量の大きさ」に立脚する「非私小説」だと論じた[3]

三島由紀夫は、世俗の実際的解決に背く島尾敏雄の小説家として在り方や「魔的な力」を受け取る「制作の衝動」と、精細に物事を見つめ記述する冷静な目線に注目しつつ、「(主人公は)ファウストのあくなき探究心と、メフィストフェレスの冷酷な客観性とを、一身に具備しようとした存在ではないのか?」とし、「われわれはこれらの世にも怖ろしい作品群から、人間性を救ひ出したらよいのか、それとも芸術を救ひ出したらよいのか? 私小説とはこのやうな絶望的な問ひかけを誘ひ出す厄介な存在であることを、これほど明らかに証明した作品はあるまい」と論じた[4]

「死の棘」日記[編集]

文芸誌『新潮』に1999年平成11年)新年号から12月号にかけて1955年(昭和30年)1月1日 - 12月31日分が連載。2002年(平成14年)4月号に1954年(昭和29年)9月30日 - 12月31日分が掲載され、2005年(平成17年)に新潮社より刊行された。

小説『死の棘』全編および病妻記諸編に対応する時期の克明な記録。

映画[編集]

死の棘
The Sting of Death
監督 小栗康平
脚本 小栗康平
製作総指揮 奥山融
出演者 松坂慶子
岸部一徳
木内みどり
音楽 細川俊夫
撮影 安藤庄平
編集 小川信夫
製作会社 松竹
松竹第一興行
配給 松竹
公開 日本の旗 1990年4月28日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億4500万円[5]
テンプレートを表示

上記を1990年平成2年)に映画化。

受賞[編集]

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

太平洋戦争末期、特別攻撃隊として駐屯していたトシオは、島の娘ミホと恋におちた。出撃の時は訪れぬまま終戦を迎え、やがて2人は夫婦となったが、子どもが生まれて平凡な毎日を送っていた中、トシオの浮気が発覚する。


出典[編集]

  1. ^ 島尾敏雄『死の棘』|新潮社
  2. ^ 山本健吉「解説」(文庫 2003, pp. 611-620)
  3. ^ a b c 「狂気の深い淵」(アルバム 1995, pp. 56-65)
  4. ^ 三島由紀夫「魔的なものの力」(文學界 1962年12月号)。『私の遍歴時代』(講談社、1964年4月)、32巻 2003, pp. 147-149に所収
  5. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1991年平成3年)2月下旬号、キネマ旬報社、1991年、 143頁。

参考文献[編集]

  • 島尾敏雄 『死の棘』(改版) 新潮文庫、2003年2月。ISBN 978-4101164038 
  • 島尾敏雄 『死の棘』(再版) 新潮社、1984年5月。ISBN 4103101032  - 初版は1977年9月
  • 紅野謙介; 小川国夫編 『新潮日本文学アルバム 70 島尾敏雄』 新潮社、1995年9月。ISBN 978-4106206740 
  • 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集32巻 評論7』 新潮社、2003年7月。ISBN 978-4106425721 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]