文學界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文學界』(ぶんがくかい)は、日本の文芸雑誌文藝春秋が発行する月刊誌で、文學界新人賞を主催する。文藝春秋の純文学部門を担う位置付けとされており、同社の『オール讀物』が大衆小説部門を担っているのと対をなす。 この『文學界』と、『新潮』(新潮社発行)、『群像』(講談社発行)、『すばる』(集英社発行)、『文藝』(河出書房新社発行、季刊誌)は「五大文芸誌」と呼ばれ、これらに掲載された短編中編芥川賞の候補になることが多い。

歴史[編集]

1933年10月、文化公論社より創刊される。小林秀雄林房雄広津和郎らが編集同人であった。この文芸誌の主な出版方針は、芸術至上主義であった。だが1938年に、石川淳の「マルスの歌」を掲載したところ反戦意識を高めるという理由で発禁にされ、作者と編集主任の河上徹太郎も罰金を払うことになった。このとき、菊池寛が罰金を肩代わりしたのでその後、この雑誌は文藝春秋社が担うようになった。現在に至るまで文藝春秋が発行している。1944年4月、廃刊。1947年6月、文學界社から再刊。1948年12月まで継続。1949年3月より文藝春秋新社により刊行。

1951年より「同人雑誌評」を継続してきたが、2008年12月号を以て最終回を迎えた[1]慶應義塾大学出版会発行の『三田文学』が「新 同人雑誌評」として引き継いだ[2]

歴代編集長[編集]

  • 菊池武憲 1938
  • 式場俊三 1938-39
  • 川崎竹一 1939-40
  • 徳田雅彦 1940
  • 庄野誠一 1941-42
  • 鷲尾洋三 1943-
  • 上林吾郎 1949-50
  • 鈴木貢 1950-54
  • 尾関栄 1954-56
  • 中戸川宗一 1956-57
  • 上林吾郎 1957-59
  • 車谷弘 1959-60
  • 小林米紀 1960-64
  • 杉村友一 1964-67
  • 山本憲章 1967-68
  • 印南寛 1969-72
  • 西永達夫 1972-76
  • 豊田健次 1976-79
  • 松村善二郎 1979-82
  • 阿部達児 1982-84
  • 湯川豊 1984-87
  • 雨宮秀樹 1987-89
  • 湯川 1989-91
  • 重松卓 1991-94
  • 寺田英視 1994-96
  • 庄野音比古 1996-99
  • 細井秀雄(平山周吉)1999-2002
  • 大川繁樹 2003‐2007
  • 舩山幹雄 2007-2011
  • 田中光子 2011-2014
  • 武藤旬 2014-

脚注[編集]

  1. ^ 小山内伸「岐路に立つ「同人誌」――「文学界」での「評」打ち切りに」『朝日新聞』2008年11月11日付朝刊、第13版、第34面。
  2. ^ 三田文学|同人雑誌評

関連項目[編集]

外部リンク[編集]