Sports Graphic Number

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スポーツ・グラフィック ナンバー
Sports Graphic Number
愛称・略称 ナンバー、Number
ジャンル スポーツ雑誌
刊行頻度 隔週木曜日
発売国 日本の旗 日本
言語 (日本語)
定価 530円
出版社 文藝春秋
編集部名 文藝春秋ナンバー編集部
雑誌名コード 26851
刊行期間 1980年4月(第1号) -  刊行中
発行部数 171,200部(マガジンデータ2010社団法人日本雑誌協会調べ)
ウェブサイト http://number.bunshun.jp/

Sports Graphic Number(スポーツ グラフィック ナンバー)は、文藝春秋が発行している総合スポーツ雑誌。隔週木曜日発行。略称『Number』(ロゴタイプでは「Sports Graphic」の部分は小さく表記されている)。

概要[編集]

1980年4月に創刊。創刊前年の9月から誌名を公募、1980年1月1日付けで、「Sports Graphic Number1」になったと公表、江夏を起用したCMでも「ナンバーワン」として告知。1の部分は号数であり、毎号変化するとすると対外的に説明し、準備号も「Number1」というタイトルで発行した。しかし、創刊後に毎号変化する誌名は認められなかったとして、急遽雑誌名を「Number」に変更した。

アメリカのスポーツ週刊誌スポーツ・イラストレイテッド」のような観戦者向けのスポーツ全般を扱う雑誌として発刊され、記事や写真の提供を受ける提携誌でもあった。創刊号に掲載された山際淳司の『江夏の21球』のノンフィクションの手法でアスリートの内面を創造するスタイルは話題を呼び、従来のスポーツ誌と異なる『Number』のスタイルを印象づけた[1]が、特定の競技ファンを購買層とするスポーツ専門誌や、即時報道できるスポーツ新聞が強みを見せていたため、創刊以来10年は赤字続きだった。

その後、結果の速報をそれほど必要としない1990年代前半のF1ブームにより、ようやく黒字化。同時期のJリーグ設立や、サッカー日本代表の躍進などもあり、サッカーを中心としたグラフィック誌としての地位を確立。1998年には47万部にまで達したこともあったが、2007年現在は10万部台と落ち着いている。

ラグビーワールドカップ2015でのラグビー日本代表快挙を特集した臨時増刊号「桜の凱歌 エディー・ジャパンW杯戦記」(2015年10月16日発売)は、発売前の14日に当初予定の9万部からさらに1万部の増刷が決定。発売前に増刷が決定したのは創刊以来初である[2]。20日には創刊以来初となる4刷が決定し、2014年6月5日発売の854-6号「<ブラジルW杯直前特集>日本代表23人に問う。」以来となる累計発行部数20万部に達した[3]

2000年には毎日スポーツ人賞の文化賞を受賞している。

Number Do」「ナンバープラス」などの兄弟誌の発刊やインターネットによる記事配信、Numberブランドの商品を販売するなど幅広い事業展開を模索し、文藝春秋の出版物の中でもトップクラスの稼ぎ頭に成長した。

ウェブサイトではかつてはgooと共同であったが、現在は独立。本誌とは別に各種記事・コラムを配信している。

特徴[編集]

かつては月2回発行であったが、現在は隔週誌になっている。誌面構成はスポーツライターによる特集記事、インタビュー記事、対談記事、写真特集などが中心となっている。

記事は署名原稿がほとんどを占め、沢木耕太郎乙武洋匡などの著名なライターの特集記事が掲載されたり、海老沢泰久村上春樹など小説家の寄稿もあり、文芸出版も行なっている。

特集記事[編集]

毎号、特集記事を組んでおり、巻末にコラム記事等が書かれている。特集記事は、基本的にJリーグ発足以降はサッカー特集記事が最も多くを占めるようになったが、その時期で世間の話題が高いスポーツを特集しており、様々なジャンルのスポーツが特集される。

発刊当初の1980年代は、日本のプロ野球競馬ラグビーが特集されることが多く、1980年代後半にはF1ブームの影響もあり、F1が多く特集されるようになった。1990年代に入ると、NBAMLB等も特集されるようになり、1980年代から1990年代にかけて定期的に特集されていたプロレスに代わって、2000年代前半になると総合格闘技を中心とした格闘技特集が掲載されることが多くなったが、総合格闘技イベントPRIDEの大会停止により、2007年代以降は特集の回数が減っている。プロレスに関しては、2015年7月16日発売の882号「新日本プロレス、No.1宣言。」で14年ぶりの特集が組まれた。同号では、創刊以来初となる「インターネット投票(新日本プロレス総選挙)で表紙を決める」という試みが行われ[4]、結果1位に選ばれた棚橋弘至が表紙を飾った[5]

日本のプロ野球の記事は減少の傾向にあるが、現在も特集記事は組まれている。過去には西鉄ライオンズ阪神タイガースヤクルトスワローズ西武ライオンズ等、特定の球団の特集、長嶋茂雄中畑清マイケル・ジョーダン中田英寿野茂英雄等、特定の個人を特集することもあった。オリンピック開催時は夏冬とも通例的に特集される。

2000年代後半頃からは、「愛読書」「メンタル」「思考法」などのスポーツジャンルにとらわれない特集テーマを設定し、それに関係の深い選手をあらゆる競技からピックアップすることも多くなった。

創刊から10年あまりの時期においては、「エアロビクス」「ネコと友情物語」「ニューJRスタート」といった、現在のグラフィック誌としてのイメージとは程遠い別冊も発行された[6]

毎年年末に日本シリーズを特集している。1試合ごとに江夏豊などのOBによる詳細な分析・解説を載せていたが、編集長が変わったこともあり、2011年度を最後に1試合ごとの解説はなくなり、総括的な記事となっている。

ナンバーMVP賞[編集]

ナンバー誌の選考により「その年に最もスポーツファンを興奮させたアスリート」に贈られる。

受賞者 ジャンル 備考
1 1982年 広岡達朗 野球 西武ライオンズ初の日本一
2 1983年 青木功 ゴルフ 日本人初の米国PGAツアー優勝
3 1984年 山下泰裕 柔道 ロサンゼルスオリンピック金メダル
4 1985年 吉田義男 野球 阪神タイガース初の日本一
5 1986年 清原和博 野球 西武へ入団し、新人から大活躍
6 1987年 岡本綾子 ゴルフ 米国LPGAツアーで日本人初の賞金女王
7 1988年 千代の富士貢 相撲 53連勝の大記録
8 1989年 ラグビー日本代表 ラグビー スコットランド代表を破る
9 1990年 野茂英雄 野球 近鉄へ入団し「ドクターK」の異名で大活躍
10 1991年 中嶋悟 F1 日本人初のフルタイムF1レーサーとして活躍
11 1992年 亀山努 野球 社会現象となった阪神快進撃の立役者
12 1993年 三浦知良 サッカー Jリーグ初代MVP・W杯アジア最終予選で活躍
13 1994年 長嶋茂雄 野球 読売巨人軍を日本一に導く
14 1995年 イチロー 野球 オリックス・ブルーウェーブをパリーグ制覇に導く
15 1996年 伊達公子 テニス ウィンブルドンで4強
16 1997年 中田英寿 サッカー ワールドカップ初出場に導く
17 1998年 清水宏保 スピードスケート 長野オリンピックで金メダル
18 1999年 松坂大輔 野球 西武へ入団し、投手タイトルを総なめ
19 2000年 高橋尚子 マラソン シドニーオリンピックで金メダル
20 2001年 イチロー 野球 メジャーリーグへ移籍し活躍
21 2002年 稲本潤一 サッカー 日韓ワールドカップで活躍
22 2003年 松井秀喜 野球 メジャーリーグへ移籍し活躍
23 2004年 北島康介 水泳 アテネオリンピック金メダル
24 2005年 武豊 競馬 ディープインパクト号で無敗の三冠制覇、年間最多勝記録更新(212勝)などの活躍
25 2006年 WBC日本代表 野球 世界一に輝く
26 2007年 中村俊輔 サッカー ヨーロッパチャンピオンズリーグで活躍
27 2008年 上野由岐子 ソフトボール 北京オリンピック金メダル
28 2009年 原辰徳 野球 監督として2009WBC連覇、巨人を日本一に導く
29 2010年 本田圭佑 サッカー 2010 FIFAワールドカップヨーロッパチャンピオンズリーグで活躍
30 2011年 澤穂希 サッカー 2011 FIFA女子ワールドカップ大会MVP&得点王、日本を初優勝に導く
31 2012年 内村航平 体操 ロンドンオリンピック金メダル
32 2013年 上原浩治 野球 日本人初のリーグ優勝決定シリーズMVP受賞、ワールドシリーズの胴上げ投手
33 2014年 羽生結弦 フィギュアスケート ソチオリンピック金メダル世界選手権優勝、ISUグランプリファイナル2連覇
34 2015年 ラグビー日本代表 ラグビー ラグビーワールドカップ2015で初のW杯3勝
35 2016年 大谷翔平 野球 攻守で日本ハムファイターズを日本一に導く

その他[編集]

1998年FIFAワールドカップにより、本誌が部数を3倍の47万部に躍進し、広告収入が1号で1億円を超える成功を見せたことをきっかけに、2000年代前半にサッカーを中心にスポーツ全般を取り扱う類似のスポーツグラフ誌が数多く創刊された。代表的なものに『Sportiva』(集英社)、『ゼッケン』(サンケイスポーツ)、『Sports Yeah!』(角川書店・サンケイスポーツ)、『バーサス』(光文社)などが挙げられるが、販売面で苦戦を強いられ、いずれも定期刊行物としては休刊となった。Numberも部数を減らしており、2000年代後半はスポーツ総合誌自体が冬の時代と言われている。

また本誌の知名度の高さを背景に、スポーツ誌以外のジャンルでも本誌の誌名をもじった雑誌・書籍が多数発行されていることも特筆すべきである。代表的なものとしては『しろうとグラフィック Namper』(サン出版)、『Jumper PLUS』(白夜書房、CG作品『スキージャンプ・ペア』の公認誌)などがある。同じスポーツ誌でも『KAKUTOUGI GRAFFIC UPPER』(白夜書房)という格闘技専門ムックがかつて存在した。

2010年11月、「見るスポーツ」から「するスポーツ」を特集する「Number Do」を創刊。

テレビ朝日で放送されているスポーツ番組GET SPORTS』は開始当初、本誌の「テレビ版」を目指して制作されていた。[7]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村手久枝「一人が帰った日、一人が逝った… 「江夏の21球」から一五年 「Number」初代編集長・岡崎満義」『メディアを動かす顔 新聞から見た雑誌人』東京新聞出版局、1996年。
  2. ^ ラグビー人気ここでも…「Number」特集号が3刷りで累計15万部スポニチアネックス、2015年10月19日 17:48。
  3. ^ 『Number』ラグビー増刊号、史上初の4刷り サッカーW杯特集に匹敵の累計20万部沖縄タイムス+プラス、2015年10月20日 16:56。
  4. ^ 創刊35年で初!「Number」表紙を読者投票で決めるスポーツ報知、2015年5月28日 6:00。
  5. ^ Number編集部「Number Ex 新日本プロレス総選挙の結果発表!! 初代1位に輝いたのは……あの逸材。」、Number Web、2015年7月16日 10:30。
  6. ^ ただしこれらは本誌とは事実上無関係で、単発企画としてのいわゆるムックを出版する際にその流通を円滑化させるため、便宜的に本誌の別冊という体裁にしたものである。
  7. ^ 大下容子 過去の担当番組
  8. ^ [1]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]