田中健五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 健五(たなか けんご、1928年6月4日 - )は、日本のジャーナリスト編集者実業家文藝春秋社長(第7代)、『諸君!』、『文藝春秋』、『週刊文春』元編集長

経歴[編集]

広島県広島市出身。 都立一中から1945年4月、海軍兵学校第77期生として入学するも敗戦により退校、旧制東京高校経て、1953年東京大学文学部独文科卒業。就職難の時代、たまたま文藝春秋新社(現文藝春秋)の試験を受け入社。「菊池寛を知らない初めての社長」と後年業界で話題となる。『文学界』編集部時代には、当時の新人作家・石原慎太郎江藤淳らと付き合い人脈を形成した。その後『大世界史』の通史を任され林健太郎学者との出会いも大きな財産となった。1963年出版部次長の後、1969年オピニオン誌『諸君!』創刊に際し初代編集長に抜擢。本田靖春柳田邦男岩川隆らのライターを育てた。また三島由紀夫の父平岡梓に回想記を書かせた。

1972年文藝春秋』編集長。学歴のない50歳半ばの若き政治家・田中角栄が何故総理大臣までなりえたか、の好奇心から立花隆児玉隆也を起用し1974年11月特別号で時の首相・田中角栄の特集「田中角栄研究-その金脈と人脈」「淋しき越山会の女王」の二本立60頁に及ぶ特集を掲載。大きな反響を呼び起こした。田中首相が外国人記者の質問に答え「記事は事実無根」と発言したのを機に、静観していた新聞田中金脈問題などの見出しで大々的な報道を行い田中内閣を退陣へと追い込んだ。

1977年週刊文春編集長、クレディビリティの高い、読み応えある雑誌への刷新を宣言。現在も続く和田誠イラストを表紙に変え、女性読者も想定した誌面構成に変更。また、上之郷利昭上前淳一郎田原総一朗ら、当時はまだ有名でなかった若手ライターを起用した[1]。 

1978年11月辞任。10月12日号の記事『大平・中曽根のスキャンダル合戦』を巡る政界圧力説、東京相互銀行からの田中への裏融資説などが噂されたが、実際は『文藝春秋』の表紙画を描いていた杉山寧を揶揄するような記事[2]が、杉山の逆鱗に触れたため。杉山の娘は三島由紀夫夫人・平岡瑤子で、以前の田中が三島の父・平岡梓に原稿を書かせた時から確執があった[3]1979年第二編集局長、1982年取締役1986年には安部譲二を世に出した。安部は田中がいなければ作家になっていなかったと述べている[4]

1988年第7代文藝春秋社長に就任。1991年創刊した月刊誌マルコポーロ』の部数低迷から、花田紀凱を編集長に起用した1995年2月号で、ホロコーストは捏造という記事を掲載。アメリカユダヤ人団体・サイモン・ウィーゼンタール・センター駐日イスラエル大使館など世界中から強い非難を浴び、同誌の廃刊と2月号の回収、花田の解任の決定と責任を取って自らも退任、会長となった(マルコポーロ事件)。

1997年取締役最高顧問となり1999年退任した。日本雑誌協会日本文学振興会などの理事長、活字文化推進会議特別顧問なども務め、現在は日本図書普及の社長などを務めている。

脚注[編集]

  1. ^ 週刊文春、2009年4月2日号、122-123頁
  2. ^ 〈告発の書『日本美術界腐敗の構造』に怯える代議士から美術記者まで〉1978年10月26日号
  3. ^ サンデー毎日、1978年11月26日号、21-23頁
  4. ^ 安部譲二 『ガツン!』 主婦の友社、1999年、225頁

外部リンク[編集]