佐佐木茂索

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐佐木 茂索(ささき もさく、1894年明治27年)11月11日 - 1966年昭和41年)12月1日)は日本の小説家編集者。文芸春秋新社元社長。

略歴[編集]

京都府出身。実家は代々種油製造業だったが父親の代に没落して人手に渡り[1]京都府第一中学校中退。朝鮮仁川にいた叔父の元に身を寄せたが、1918年内地へ戻り、『子宝』の記者、新潮社、中央美術社、時事新報社などで働き、1919年に『新小説』に「おじいさんとおばあさんの話」を発表し、作家デビュー[1]芥川龍之介に師事。1925年に発表した「曠日」が芥川の賞賛を受ける。1925年、芥川の媒酌で大橋房子(佐佐木ふさ)と結婚。。房子(1897-1949)は、東京市公園課の造園技師長岡安平の娘として生まれ、11歳で実姉大橋繁の養女となり、青山女学院卒業後婦人矯風会ガントレット恒子の秘書を経て作家となった女性で、断髪洋装で渡欧経験もあるモダンガールだった[2]

長編小説1編と短編小説約90編をものしたのち[1]、1930年を最後に作家として筆を折り文藝春秋の幹部として活動、1935年に菊池寛らと芥川龍之介賞直木三十五賞を創設。一時退いたが、戦後改組して発足した文藝春秋新社(現・文藝春秋)の社長として復帰、活動を再開した。

著書[編集]

  • 『春の外套』金星堂 1924
  • 『夢ほどの話』新潮社 1925
  • 『南京の皿』改造社 1928
  • 『新選佐佐木茂索集』改造社 1929
  • 『新進傑作小説全集第3巻 佐佐木茂索集』平凡社 1929
  • 『佐佐木茂索小説集』文藝春秋 1967
  • 『佐佐木茂索随筆集』文藝春秋 1967

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 佐佐木茂索研究内山照美、奈良教育大学、昭和60年度修士論文要旨
  2. ^ ささきふさ 断髪洋装のモダン派作家『時代を拓いた女たち: かながわの131人』江刺昭子, 史の会、神奈川新聞、2005

外部リンク[編集]