形影 菊池寛と佐佐木茂索

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

形影 菊池寛と佐佐木茂索』(ぎょえい きくちかんとささきもさく)は、小説家の松本清張による著作。『文藝春秋』1982年2月号から同年5月号に連載され、1982年10月に文藝春秋から単行本が刊行された。

文藝春秋の創立・発展に携わった菊池寛佐佐木茂索の人物と作品を辿った評伝。タイトルの「形影」は、菊池寛の『半自叙伝』から取られた言葉で、文藝春秋での2人の「形影相伴う」コンビとしての関係を指している。

内容[編集]

菊池寛
  • 著者による立項が特に為されているわけではないが、本作中おもに触れられている話題を挙げる。
    • 菊池寛の学生時代(高松中学校 - 京都帝国大学
    • 菊池寛と芥川龍之介
    • 小説家としての成功
    • 『文藝春秋』創刊、初期の動向、ライバル誌との関係
    • 菊池寛の作品、芥川・志賀直哉などとの対比
    • ジャーナリスト兼出版社経営へ
    • 佐佐木茂索の作品、芥川との関係
    • 菊池寛の選挙出馬、文藝春秋広告部不正事件
    • 佐佐木茂索の文藝春秋入社、経営者への転身
    • 菊池寛と佐佐木茂索の間柄
    • その他逸話(将棋・ピンポンなど)
    • それぞれのその後

参考文献[編集]