熱い空気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熱い空気』(あついくうき)は、松本清張小説。『週刊文春1963年4月22日号から1963年7月8日号まで、『別冊黒い画集』第2話として連載され、1963年9月に短編集『事故-別冊黒い画集1』収録の一作として、文藝春秋新社(ポケット文春)より刊行された。

これまで4度テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

東京・渋谷の「協栄家政婦会」に所属する家政婦・河野信子は、他人の家庭を次々と見て回り、その家の不幸を発見するのを愉しみとしていた。外見から見てこの上ない幸せな家庭だと思っても、必ず不幸は存在している…。信子は青山に住む大学教授・稲村達也の家に派遣されたが、体裁屋で二重性格の妻・春子、出来損ない揃いの三人の子供を始めとして、その内実、家族がばらばらであることを見抜く。表面上の優しさと裏腹に陰で信子を罵倒する春子や、面と向かって信子の容貌を嘲弄する子供を前にして、信子は、稲村家を出る前に、何らかの形で仕返しをしなければならないという決心になった。アメリカ製のマッチで新聞を燃やし興じる末子を目にした信子の頭に、或る考えがひらめいた。信子の行動とともに稲村家の騒動がはじまり、堅固な大学教授の家庭が揺れる。

テレビドラマ[編集]

1966年版[編集]

関西テレビが制作し、フジテレビ系の「松本清張シリーズ」(毎週火曜日21:00 - 21:30)で1966年3月8日に放送された。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ 松本清張シリーズ
前番組 番組名 次番組
張込み
(1966.2.22)
熱い空気
(1966.3.8)
万葉翡翠
(1966.3.15)

1979年版[編集]

松本清張おんなシリーズ・熱い空気』は、TBS系の「東芝日曜劇場」(毎週日曜日21:00 - 21:55)で1979年2月4日に放送された。

キャスト
スタッフ
TBS 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張おんなシリーズ6
熱い空気
(1979.2.4)

1983年版[編集]

松本清張の熱い空気
家政婦は見た!
夫婦の秘密「焦げた」
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 22:51(111分)
放送期間 1983年7月2日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 富本壮吉
原作 松本清張『熱い空気』
脚本 柴英三郎
プロデューサー 柳田博美(大映テレビ)
塙淳一(テレビ朝日)
出演者 市原悦子
テンプレートを表示

松本清張の熱い空気 家政婦は見た!夫婦の秘密「焦げた」』は、テレビ朝日系の2時間ドラマ土曜ワイド劇場」(毎週土曜日21:00 - 22:51)で1983年7月2日に放送された。視聴率は27.7%(関東地区ビデオリサーチ社調べ)。

本ドラマが好評を博した結果、設定とサブタイトルを引き継ぐ形でドラマシリーズ『家政婦は見た!』が制作されていくことになった[1][2]

2009年にDVD化されている。

キャスト(1983年版)[編集]

協栄家政婦会
稲村家
川原家
その他

スタッフ(1983年版)[編集]

テレビ朝日 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
西村京太郎トラベルミステリー
「あずさ3号殺人事件」
松本清張の熱い空気
家政婦は見た! 夫婦の秘密「焦げた」
(1983.7.2)

2012年版[編集]

松本清張没後20年 ドラマスペシャル
熱い空気
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 23:11(131分)
放送期間 2012年12月22日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 松田秀知
原作 松本清張『熱い空気』
脚本 竹山洋
プロデューサー 五十嵐文郎(テレビ朝日)
出演者 米倉涼子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送

特記事項:
テレビ朝日開局55周年記念
テンプレートを表示

松本清張没後20年・ドラマスペシャル 熱い空気』は、テレビ朝日系で2012年12月22日の土曜日21:00 - 23:11[3]に放送された。視聴率は18.6%(関東地区ビデオリサーチ社調べ)。

テレビ朝日開局55周年記念番組第一弾「松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル」の第二夜として放送された。

当初、同年12月16日の日曜日21:00より放送予定であったが、同年11月16日衆議院が解散したことに伴う第46回衆議院議員総選挙の投開票日の当日となり、当該時間帯に『選挙STATION2012』を放送することに伴う放送日時変更の措置がとられた[4][5]

監督は永らく主演の米倉とタッグを組んで映画やドラマを作っている松田秀知が起用されている。信子と稲村家の結末は、原作と異なる本ドラマオリジナルの展開となっている。

2014年3月2日に、本ドラマの設定を引き継ぐ形で『家政婦は見た!』が放送された。

キャスト(2012年版)[編集]

協栄家政婦会
  • 河野信子〈32〉(協栄家政婦会所属の派遣家政婦) - 米倉涼子
  • 平田牧子(協栄家政婦会の会長) - 東ちづる
  • 加藤シズ(信子の家政婦仲間) - 岩本多代
  • 小林ヒロミ(信子の家政婦仲間) - 伊藤麻実子
稲村家
  • 稲村春子〈45〉(田園調布に居を構える稲村家の妻) - 余貴美子
  • 稲村達也〈48〉(春子の夫。東都大学病院の内科部長) - 段田安則
  • 稲村繁子〈70〉(達也の母) - 野際陽子
  • 稲村正一(稲村家の長男) - 藤井太樹
  • 稲村明次(稲村家の次男) - 大八木凱斗
  • 稲村健三郎(稲村家の三男) - 竹邉彰泰
細川家
その他
  • 本田純夫(医学雑誌の編集者) - 東幹久
  • 渡辺真佐子(医学雑誌の編集スタッフ) - 原幹恵
  • 畑中(熱海中央署の刑事) - 中西良太
  • 山下(熱海中央署の刑事) - 浜田学
  • 山田クリーニングの御用聞き - ノッチ
  • 一条藤磨(小説家) - 笹野高史
  • 看護師 - 土谷春陽
  • 医学生 - 石田直也
  • 井上久男、中山京子、幹戸ソビア、園英子、松島紫代、川鶴晃裕、土谷春陽、鎌森良平、石田直也、吉村拓真、友田安伊子、大石彩未、田村将之、林聖也

スタッフ(2012年版)[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ まず大映テレビサイドがドラマ『熱い空気』のシリーズ化を清張サイドに持ちかけ、次いでテレビ朝日サイドが、脚本家やプロデューサーが実際のストーリーを考え、清張は内容監修に関わる、という形で再提案したが、清張は「好評だからといって柳の下の二匹目のドジョウを狙うつもりはない」として、以降の関与を断っている。林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版)43-44頁参照。
  2. ^ 「家政婦」の歴史 - 2008年7月11日時点のアーカイブ
  3. ^ テレビ宮崎は12月24日の月曜日21:03
  4. ^ テレビ朝日:選挙特番で米倉主演の特別ドラマ放送日変更 まんたんウェブ 2012年11月27日更新
  5. ^ 選挙STATION 番組公式 Webページ 2012年11月27日更新

外部リンク[編集]