駆ける男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

駆ける男』(かけるおとこ)は、松本清張短編小説。『オール讀物』1973年1月号に掲載され、1977年9月に短編集『馬を売る女』収録の1作として、文藝春秋より刊行された。

1980年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

瀬戸内海に面した名勝地の丘に聳える「亀子ホテル」。高貴な方も宿泊した由緒あるホテルで、4階の特別室には、皇族が御宿泊になった際の調度がそのままに残されていた。また、丘の下にはホテルと同じ経営の料理屋「蓬莱閣」があり、ホテルとは急傾斜の渡り廊下で結ばれていた。

北陸地方の成金・村川雄爾は、若い後妻の英子を連れて特別室に宿泊した。雄爾は心臓が少し弱く、身体を大事にしていた。夕食を取るため、丘の下の蓬莱閣へ降りた2人。しかし食事のあと、蓬莱閣の女中頭・鎌田栄子を見た雄爾は、「あいつが、居た…」と放心したように云い、脱兎のごとく走り出した。急傾斜の渡り廊下を飛ぶように駆け上がる雄爾。「駆ける男」はそのまま心臓麻痺で死亡した。

一方、客の留守を見計らい、こっそり特別室に潜入する男があった。蒐集狂の山井善五郎は、全国各地のホテルの「高貴の間」に侵入し、ゆかりの備品を頂戴してコレクションにするのが趣味であった。桐の鍍金飾りを剝がし首尾よく目的を達した善五郎だったが、床の上に奇妙な物が転がっているのを目にする。

関連項目[編集]

テレビドラマ[編集]

松本清張の駆ける男
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:54
放送期間 1980年7月19日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 水川淳三
原作 松本清張『駆ける男』
脚本 池田雄一
プロデューサー 堀内孝三
吉津正
出演者 浜木綿子ほか

特記事項:
監修:野村芳太郎
テンプレートを表示

松本清張の駆ける男」。1980年7月19日テレビ朝日系列の「傑作推理劇場」枠にて放映。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 傑作推理劇場
前番組 番組名 次番組
-
松本清張の駆ける男
(1980.7.19)
森村誠一魔少年
(1980.7.21)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 著者による『着想ばなし』(『松本清張全集 第56巻』(1984年、文藝春秋)付属の月報に掲載)参照。